gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 507ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

個人的にハズレのない監督マーク・ウェブ、今作は特に最高だった。

「子供にとっての幸せは何か」教育に関するテーマを投げかけつつも、ハートフルな作品に出来上がっていて素晴らしい。

子役のマッケンナ・グレイスがとにかく可愛い、ローガンのダフネ・キーンも凄かったけど、負けず劣らず天才子役っぷり。

クリス・エヴァンスとオクタヴィア・スペンサーだけには心を許してる感じが最高で、あの3人の日常だけでドラマを作って欲しいくらい。
Yuka

Yukaの感想・評価

4.2
フリーパス13本目30本目
クリスエヴァンスすき〜〜
キャプテンが子育てしてる!っていう見方になってしまう

------------

ここ最近で一番お気に入りだったからもう一回観た!
メアリーめちゃ可愛い。
展開を知っていても微笑ましく観れる良作。
天才のメアリーと片目の猫っていうのが良い。
これはいい映画!
シングルマザー、ファザーの方や、小さなお子さんがいらっしゃる人は涙腺決壊を覚悟したほうがいい。

人並み外れた数学の能力をもつ7歳のメアリー(マッケナ・グレイス)。才能か愛情か、子供にとってどちらが大切なのか考えてしまう。育ての親のフランク(クリス・エヴァンス)の愛情たっぷりの関係は素晴らしいと思いつつ、祖母の厳格な意見にも私は肩入れしてしまった。やり方が汚いだけで間違いではないはず。
愛情に包まれて生きることと、与えられた運命を全うすること。何も考えずに愛情を正義とする考えはちょっと無責任だと思う。

子役のマッケナ・グレイス。天才子役と呼ばれているそうだけど納得。これはやばい。
いじわるそうな笑い方、大人びた口ぶりからの子供らしい泣き方。これから立派な女優になっていくのだろう。手足が長い。

脇役もみな素敵。片目の猫フレッドもどーんとしてて愛らしいし、近所に住むおばさんもナイス。この人見たことあるな〜と思ったら『ドリーム』の主役の人。今の所この人出てる映画にはずれなし。
あと何気にフランクの恋人(?)ボニー先生もよかった。目立たないけどしっかりフランクを支えてくれていたし。

『(500日)のサマー』ではややポップに寄りすぎてる印象だったマーク・ウェブ監督だけど、これは本格的なヒューマンドラマだった。
私的今年一の映画、始まって15分でそう確信した。
アイアムサム然りチョコレートドーナツ然り、親子ものは泣いてしまう〜必ず引き離された後に、ドアの横に窓があって、その窓から外を見ながら泣く子供の描写あるよね笑
あとヴィンセントもそうかも!!どれも大好きな映画だ〜
法廷のシーンのことレビューしてる人多いけど、私は病院のシーンが山場だった、、、
みんな言ってるけどこの女の子すごい、幼さ無邪気さ出しながら常軌を逸した感じもでててこの子ありきの映画だったと思う。ヘルプのおばちゃんやっぱいいね!最近だとドリームだね。
saitounagi

saitounagiの感想・評価

3.9
予告観て気になっていたやつ!キャプテン・アメリカ主演!
ほっこり感動系のヒューマンドラマ。ただ感動するだけでなく、「子供にとって何が幸せなのか」とか「親は、幼い子の意思をどこまで尊重すべきなのだろうか」とか、とても考えさせられる良い映画でした。キャプテンは相変わらずかっこいいんだけど、子役がとても可愛いし、それこそ天才的な演技でした。
yukina

yukinaの感想・評価

4.0
いいお話だった
上映中は笑い声と鼻すする音がめっちゃ聞こえた
AkioSogo

AkioSogoの感想・評価

4.5
映画館で鑑賞。

ギフテッド、それは普通の人を遙かに超える特別な才能を持った
子供たちのことだそうなのですが、
メアリーは7歳にして数学者が取り組む課題を理解し回答するという
まさに特別な才能を持っています。
しかしメアリーを世話する叔父のフランク、彼は普通の生活を送らせる
事を選び、学校も普通の学校に行かせます。
それをよしとしないフランクの母エブリンが、親権を手にするために裁判に訴えます。
はたして二人の絆は、そしてギフテッドにとっての幸せとは…

要所で映る片目の猫フレッドと、最初から愛してくれたフランクを
メアリーは信頼しています。その一方で、ギフテッドといわれるほどの才能は
他を犠牲にしてでも伸ばしてやるべき、とするエブリンも、確かに
メアリーを愛していると言えるでしょう。どちらもメアリーの才能の
価値を正しく理解している一方で、才能には関係ない「普通の生活」を
どう捉えるかが思いっきり食いちがってますから、裁判で争うまでに
なったのでしょう。
結局問われるのはどのように彼女を愛すか、普通の家族でも問われる
ことにつきるのでしょうね。

子供を持つ親には余計に深く刺さる映画だと思います。
見て損はない。
yuki

yukiの感想・評価

4.5
2017年劇場鑑賞103本目。

笑って泣けて、それでいて一緒にメアリーの幸せ・育て方について考えながら観れる、とても素敵な作品だった。

非凡な才能を天から授かったメアリーの育て方。
小学生らしい普通の生活を与えるのか、才能を伸ばすために特別なプログラムを用意するのか。

本人がイヤイヤでないのなら、ずば抜けた先天的な才能をつぶしてしまうのはもったいないと思うし、小学生らしく普通に育てたい思いもわかり(姉の件をひっくるめて)、フランクの苦悩が手に取るようにわかる。

これからいろいろ学校で経験していかなきゃいけないメアリーはまだそんなことより自分の好きな数学に触れていたいと思っているのと、フランクの母でありメアリーの祖母の設定がキモだなぁと思った。正直、娘だけで自身の設定はいらなかったかなぁとも思う。映画のキャラクターとしてヴィラン的なポジションなので極端でいいけれど。

憂いを帯びたクリス・エヴァンスもとってもよかったけど、やっぱり本作はメアリーを演じたマッケンナ・グレイスちゃんにつきる。素晴らしい子でてきたよ。ほんとにギフテッドなんじゃないかと思わせる聡明さに、不機嫌な表情から等身大のかわいらしさまで素晴らしかった。「Good Morning Ms.Stevenson.」は大いに笑った。

夕日を背景にクリス・エヴァンスによじ登るのほっこりしすぎてあのシーン延々と観てたい。
トラ男

トラ男の感想・評価

4.5
こういう映画に弱い。すごく良かった。

フランクとメアリーの絆が温かかった。

イブリン、この絆を壊さないでくれよと思いつつも、イブリンの考えも分からなくはないなとも思ったり。やり方は少々強引だけど。(ダイアンのためを思った行動はやり過ぎでしたけど、、)

天才メアリーの鋭いところをつくセリフはどれも面白かった。
『気まずいよね〜』が最高でした。

それと、赤ちゃんが誕生する喜びをみんなで共有するシーンは素敵だった。

キャップの新たな一面が見れて良かったしマケナグレースのキュートさが最高でした。
※先生も可愛かった。
立川シネマシティ h studioにて鑑賞
ヘンテコな映画だった。最初は、これは素晴らしい映画になるよなって波動がビンビンと飛んできたんですが、おばあちゃん登場あたりから普通の映画に成り下がってしまったように思えました。
悪くはないんだけど、登場人物同士の関係性がうまく語られていなかったように思います。特に、主人公の姉、姪の母親と、おばあちゃんとの関係性、主人公との関係性がそんなに掘り下げられていないので、そこをキーポイントとしている映画なのに、なんか悪い意味で薄味で終わってしまったように思います。
時間の関係もあるし、どれを取捨選択していくのかは難しいところではありますが、そこがうまくまとめられなかったから普通の映画止まりになってしまったのかなと考えます。