gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

ねむ

ねむの感想・評価

4.5

ずっと、ふたりを観ていたくて、後半につれて、それを切に願わずにはいられなくなる

海辺で友達について話すシーン
夕日に照らされたふたつの黒いシークレットのシーン
けんかして、仲直りをするシーン
どの場面でも彼は"大人"としてではなく、ひとりの"人間"として、対等に彼女に接していて、そこがとてもすてきで凛々しかった

裁判では、いつだってそこに子供の意思というものは存在しない
それがすごく悲しい上に、腹立たしい

自殺は復讐だ
そこまでしないと届かない思いもまた、虚しく暗い

ふたりの、そしてその周りの人たちも含めて、みんながしあわせになることを、願う

あたたかい、すごくあたたかい映画だった
iory

ioryの感想・評価

3.9
子供の幸せと思っていても
実は自分勝手なことかもしれない。

自分が子供を持った時、
彼等のようにお互い素直な気持ちをぶつけ合える関係でいたい。
天才ならでは感じる居心地の悪い生活の中でも、フランクと一緒だから、笑ったり泣いたり怒ったりできるんだなー。表情がくるくる変わるメアリーがホントに可愛すぎた!
shiori

shioriの感想・評価

-
クリス・エヴァンスの辛そうな表情がなんとも言えない。胸がぐうっと掴まれた…
Hiro

Hiroの感想・評価

4.0
才能に恵まれた子は
バランス感覚も良い子が多い。
他者と自分との違いを見極め
嫉妬もせず、天狗にもならず、純粋にその人を思いやれる。

主人公はこういう子を育てることに成功した。
なのに外部からの圧力で自信をなくしてしまった。
これは何も才能のある子を持つ親だけの話じゃない。
「良い親」が何かを自分で確信することの、諸刃の剣なのだ。

それにしても、自分はgiftedな子供じゃなかったなあ、とつくづく思った。
幼稚園の頃から、人と遊ぶのが楽しくなかったし。
唯一好きだったのは物語に没頭することだけ。
バランス悪かったなあ…今でも悪いな…笑笑
素直にいい映画
子供に利益を求める大人は好きじゃないなと再確認。
子役の女の子がめちゃくちゃよかった。どうか健やかに成長してほしい。
咲

咲の感想・評価

4.5
生理前で情緒不安定やったのもあって、めちゃくちゃ大号泣した
おばちゃんにイライラしたし、フランクとメアリーとフレッドが大好きになった
たぶん偏差値26くらいの思考というか感情で観てた…
内容自体は何処かで見聞きした事があるような内容なんだけど、それを演じてるフランクことクリス・キャップ・エバンスのキャップとダブるような芯のあるキャラクターが老若男女問わず応援したくなるような魅力に溢れていた。

それとやはり愛くるしいメアリー!

メアリーを演じるマッケンナ・グレイスは今後注目してる子役のひとりで、次作に「アイ・トーニャ」や「レディ・プレイヤー・ワン」待機策に「キャプテン・マーベル」など大作揃い。

今作を観てそれもそのはずと言わしめるような、その力量に感服する。
ホントに12歳の子供とは思えない様な演技に驚愕する。

隣人役のオクタヴィア・スペンサーや先生、エブリンばーちゃんなど脇を固める共演陣も皆んな良い仕事をしてて、物語に一層の彩りを加えている。

ボク個人的には片目のフランクがお気に入り。

たかが台詞のない猫1匹と侮るなかれ!
その存在意義は観た人には分かる大きな物。

意図的に泣かせる様な演出では無く、優しく導かれる様な感動を演出できる監督のマーク・ウェブの手腕が光る一作。
hqho

hqhoの感想・評価

4.3
良い話だけど心に残るものはそんなに無い無難な感動ものかなと想像してたけどとても難しい話だった。良い感動をした。子供は子供らしく同年代の子と遊んだりゲームして自由にしてるのが良い気もするし、子供のうちから才能を潰さないようにして将来誇れるような功績を残せるようにするのも良いかもしれない。子供の頃勉強ばっかりさせられて辛かったけどそのおかげで今こんなに立派になれて親に感謝してるって人も実際いるし。でも子供時代に自由がなかった、もっと遊べばよかったと大人になってから後悔する人もいる。加えて子供の頃頭良かったけど特に何もしなくて大人になって落ちぶれる人もいる...。子供の将来を考えると親は責任重大だな。辛い。
マッケンナちゃんがとにかくキュートでしたね。Holly shit.って言った時とかフランクと寝た先生見つけたときの顔とかめっちゃ良かった。同僚の気になってる人と普通に親密になってしかも寝るあの先生ちょっとどうなんですか
たく

たくの感想・評価

3.8
天才少女の才能を伸ばすべきか普通の女の子として育てるかの葛藤から、「クレイマークレイマー」みたいな親権争いになってくんだよね。

鉄の意志を持ったお母さん(祖母)怖かったなー。ちょっと「アイ、トーニャ」のお母さん思い出したね。
>|