バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍の作品情報・感想・評価

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍2015年製作の映画)

The Battalion/Batalon

上映日:2017年07月18日

製作国:

上映時間:123分

3.3

あらすじ

第一次世界大戦中の1917年。ドイツ軍による毒ガスや塹壕戦により、壊滅的な状況に追い込まれたロシア軍。その中で国家の最終兵器として女性だけの秘密部隊が結成された―志願したのは貴族、学生、労働者など様々な身分の女性たちであった。彼女たちは、凄まじい訓練を耐え抜き、すぐさま戦場の第一線に送られる。戦意を喪失した男たちに反して、勇敢にドイツ軍に立ち向かっていく女性部隊だったが、戦いが激化していく中でひ…

第一次世界大戦中の1917年。ドイツ軍による毒ガスや塹壕戦により、壊滅的な状況に追い込まれたロシア軍。その中で国家の最終兵器として女性だけの秘密部隊が結成された―志願したのは貴族、学生、労働者など様々な身分の女性たちであった。彼女たちは、凄まじい訓練を耐え抜き、すぐさま戦場の第一線に送られる。戦意を喪失した男たちに反して、勇敢にドイツ軍に立ち向かっていく女性部隊だったが、戦いが激化していく中でひとり、またひとりと命を落としていく・・・。

「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.6
新宿シネマカリテの「カリコレ2017」での鑑賞3本目。第1次世界大戦時の1917年、ドイツ軍の毒ガス攻撃や塹壕戦によって壊滅の危機に追い込まれたロシア軍は、最後の手段として女性だけの秘密部隊を結成するという実話に基づく物語。

ロシアの女性部隊についてググるとウィキで「マリア・ボチカリョーワ」という女性がヒットする。第一次大戦中、ロシア軍に入隊した彼女は戦場で実績をあげ、ロシアで初となる婦人部隊の創設に任じられた。この映画の主役も彼女だろう。

映画を観る限り、婦人部隊への期待は実戦での活躍というよりも、長引く戦争にヤル気を失っていたロシア軍の士気を高めることのように見える。

だから、戦力と見られていない感じだけれど、訓練での頑張りが認められ前線に派兵されると、祖国のために捨て身で戦う彼女達に心を揺さぶられないわけにいかない、みたいな。

カリコレで本作の前に観た、第2次世界大戦中、ナチスドイツの戦車部隊にわずか28人で立ち向かった旧ソ連兵の“物語” 『パトリオット・ウォー』はロシア国民の自尊心を満足させることが主題だったように思う。

一方、本作は日本人の自分からみてもドラマ的に面白く観れる要素が多い。それは隊長と隊員の絆や隊員同士の友情、そして恋であったりする。

素人が集まって、隊長のもと順調に成長していくけれど壁にぶつかる。それを皆で乗り越え、念願の前線配備を勝ち取る…。青春スポコンドラマみたい。

でも、戦場に行けることを喜ぶ姿には複雑な気分。戦場ではヤル気のない男達を尻目に、まさに孤軍奮闘。そんな中、一人、また一人と仲間を失っていくのは他の戦争映画でも良くあるけれど、その仲間との関係が美しく描かれていただけに、切ない気持ちになってくる。

婦人部隊はやがて力尽きドイツ軍に追い込まれるけれど、このまま壊滅させてしまったら男の存在意義は何なのよ、みたいな感じに。

ということで、面白いことは面白いのだけれど、戦争が題材なだけに、やっぱり後味はあまりよくないかな。

●物語(50%×3.5):1.75
・戦争がベースだと、どうしてもね。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・女性も全員丸刈り。訓練、戦闘シーンもまずまずの迫力。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・可もなく不可もなくかな。
過去鑑賞
レビューし忘れてた

放題ダサダサだけど内容はちゃんとしてる

士気の下がった男たちがくそすぎた…
まぁそりゃあ戦いたくないけど…


女たちが戦ってるのにそんなこともつゆ知らずコート着て丸まって寝てる大佐…


とにかく男性陣がクソに描かれてました
あの旦那も…チビだし隊長勝てそうなのに…


実話っていうのがすごいなぁ
女の人はどうしても力では勝てず…
心が痛い映画でした
戦場に行くまでが長く感じた。
戦場に出てからは、中々よい。
あと、登場人物が分かりにくい。
ロシア戦史に一瞬の煌めきを放つ婦人決死隊の孤軍奮闘を描く快作💡

Что вам нравится в россии😌?Когда я пью саке✨Водка💕

1917年ドイツからの侵攻にロシア軍の男性兵士は戦意喪失。なぜならドイツがもたらしてくれる「自由」に憧れて「酒とソーセージ」にメロメロだから💦
そこで首脳陣はガッツの有る女性を戦場に送るよう婦人決死隊の志願者を募る。

鬼のボチカリョーワ隊長の指揮の元、集ったのは…
ナージャ・ペドロヴナ(オペラ歌手)
フローシャ(ナージャ邸の使用人)
ベーラ(気丈なナージャの友達)
エヴドキア・コロコルチコバ(18歳の新妻)
ドウーシャ・グリニョバ(怪力のおデブちゃん)
ガリーナ・スビストノーバ(嫌味な女)
ナターシャ・タチーシェバ(高級士官の娘)
セラフィマ・プルズニコバ(ナターシャ邸の使用人)
その他300人の乙女たち。

麗しい金髪👱を未練なく切る婦人達(ロシアの女優さんの本気度100%✨ロシア美人(特にベーラ)は坊主頭になっても美人)
整列する時は4人隣の胸元を見て整列。おデブのドウーシャの巨乳で隣が見えません。

苛烈な訓練。ガリーナは兵士の権利を主張してボチカリョーワ隊長から鉄拳制裁。
「覚えてろよ!」の捨て台詞で逃げ出したガリーナ・スビストノーバ。
その一件で立場を悪くしたボチカリョーワ隊長(本作は、あくまで婦人決死隊が主役だけど、ボチカリョーワ隊長が本当の主人公だと思う)

訓練を経て前線で戦う乙女たち。
銃撃、砲弾、毒ガスに晒されてもボチカリョーワ隊長と共に前進する婦人決死隊。
援軍は戦意なく期待できない。彼女達の信念は揺るがない。ドイツ軍に侵略されてなるものか!

▼映画「ドラえもん」でジャイアンが頼もしいように、本作ではドウーシャ・グリニョバ(怪力のおデブちゃん)が良い味だしています。

史実ではボチカリョーワ隊長は1920年に銃殺刑で死去。その後1992年に名誉を回復したそうです。
ロシア映画祭り①

俺の理解力不足なんだが、名前が長かったり、皆丸坊主だったりするので、劇中、誰が誰だかわからなくなることがしばしば…。

けれども、マリア大隊長だけは違った!
男にも一歩も引かず、敢然と敵に立ち向かう姿は、勇ましさとともに、『レッド・スパロー』の時と同じようなロシア教育の恐ろしさを感じた。

そんなマリア隊長が目立ち過ぎた結果、他の女性隊員たちが、より軟弱に見えてしまった…。
実戦をしていないこともあり、戦場で泣き喚いたり、捕虜にあっけなく殺されたりするのは見ていて辛い。

代わって男たちは、飲んだくれで言い訳ばかりのクズとしか描かれておらず、こちらも胸糞。
マリア隊長の旦那には相応の罰があると思ったんだが、それもなく消化不良。

これが現実。と言われればそれまでだが、鑑賞中は心の持ちようがわからなかった。

しかし!上級士官たちが現場に赴き、紋章を捨ててまで戦いに参加しようとする様は、さながら『ロボコップ3』のあのシーンのようで胸熱だった!!
無意識に社会主義国作品や全体主義物と続いて最後の一本はロシア物。

第一次大戦時のロシア軍女性部隊の実話ベース。

先に見ていた作品群の影響で全く話が入ってこない。
帝政ロシア末期に青春映画さながらの描写は我慢ならない。

全世界的な右傾化の流れにある作品の一つとしか見れない。
ロシアでいくら拝金民主化が進もうと、北朝鮮はおろか中国同様に、まだまだ言論と表現の自由はない事を思い起こすべき。

ロシアの方には胸熱感涙の作品なんでしょうな。

〜〜


毒ガスが充満した戦場など歩兵肉弾戦は圧巻。
突然のFPS視点挿入など微笑ましい。
マト

マトの感想・評価

4.1
・前半少しスクールウォーズ的なノリ。
・戦場でガチ夫婦喧嘩。あんなに強そうなマリア隊長がアル中みたいなうだつの上がらなさそうな亭主に一方的にボコられるなんて意外だ。
・いくら兵士とはいえ女性が戦場で一人また一人と戦死していくシーンを見るのはさすがに切なくなる。
・「男なんて子供よ。イヤなことがあってもご飯を食べれば忘れるの」←はいそうです、サーセンw
・実際のマリア隊長の写真が男前でさらに強そう。
泥臭くて好きなんだけど、たまにゲームみたいな絵面になるのはいただけない。
隊長が白軍に協力した人物ということでロシア国内での風評が気になる。
おりこ

おりこの感想・評価

3.2
まあまあ。
男女の体格の差であっさり殺されていく女性が可哀想だった。男は戦意喪失してるのに敵と戦う志は素晴らしかった。
>|