バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍の作品情報・感想・評価

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍2015年製作の映画)

The Battalion/Batalon

上映日:2017年07月18日

製作国:

上映時間:123分

3.4

あらすじ

第一次世界大戦中の1917年。ドイツ軍による毒ガスや塹壕戦により、壊滅的な状況に追い込まれたロシア軍。その中で国家の最終兵器として女性だけの秘密部隊が結成された―志願したのは貴族、学生、労働者など様々な身分の女性たちであった。彼女たちは、凄まじい訓練を耐え抜き、すぐさま戦場の第一線に送られる。戦意を喪失した男たちに反して、勇敢にドイツ軍に立ち向かっていく女性部隊だったが、戦いが激化していく中でひ…

第一次世界大戦中の1917年。ドイツ軍による毒ガスや塹壕戦により、壊滅的な状況に追い込まれたロシア軍。その中で国家の最終兵器として女性だけの秘密部隊が結成された―志願したのは貴族、学生、労働者など様々な身分の女性たちであった。彼女たちは、凄まじい訓練を耐え抜き、すぐさま戦場の第一線に送られる。戦意を喪失した男たちに反して、勇敢にドイツ軍に立ち向かっていく女性部隊だったが、戦いが激化していく中でひとり、またひとりと命を落としていく・・・。

「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.6
新宿シネマカリテの「カリコレ2017」での鑑賞3本目。第1次世界大戦時の1917年、ドイツ軍の毒ガス攻撃や塹壕戦によって壊滅の危機に追い込まれたロシア軍は、最後の手段として女性だけの秘密部隊を結成するという実話に基づく物語。

ロシアの女性部隊についてググるとウィキで「マリア・ボチカリョーワ」という女性がヒットする。第一次大戦中、ロシア軍に入隊した彼女は戦場で実績をあげ、ロシアで初となる婦人部隊の創設に任じられた。この映画の主役も彼女だろう。

映画を観る限り、婦人部隊への期待は実戦での活躍というよりも、長引く戦争にヤル気を失っていたロシア軍の士気を高めることのように見える。

だから、戦力と見られていない感じだけれど、訓練での頑張りが認められ前線に派兵されると、祖国のために捨て身で戦う彼女達に心を揺さぶられないわけにいかない、みたいな。

カリコレで本作の前に観た、第2次世界大戦中、ナチスドイツの戦車部隊にわずか28人で立ち向かった旧ソ連兵の“物語” 『パトリオット・ウォー』はロシア国民の自尊心を満足させることが主題だったように思う。

一方、本作は日本人の自分からみてもドラマ的に面白く観れる要素が多い。それは隊長と隊員の絆や隊員同士の友情、そして恋であったりする。

素人が集まって、隊長のもと順調に成長していくけれど壁にぶつかる。それを皆で乗り越え、念願の前線配備を勝ち取る…。青春スポコンドラマみたい。

でも、戦場に行けることを喜ぶ姿には複雑な気分。戦場ではヤル気のない男達を尻目に、まさに孤軍奮闘。そんな中、一人、また一人と仲間を失っていくのは他の戦争映画でも良くあるけれど、その仲間との関係が美しく描かれていただけに、切ない気持ちになってくる。

婦人部隊はやがて力尽きドイツ軍に追い込まれるけれど、このまま壊滅させてしまったら男の存在意義は何なのよ、みたいな感じに。

ということで、面白いことは面白いのだけれど、戦争が題材なだけに、やっぱり後味はあまりよくないかな。

●物語(50%×3.5):1.75
・戦争がベースだと、どうしてもね。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・女性も全員丸刈り。訓練、戦闘シーンもまずまずの迫力。

●映像、音、音楽(20%×3.0):0.60
・可もなく不可もなくかな。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
実際の部隊長と結構似てる、鬼教官と思いきや、最終試験で涙する所もあって、厳しいだけじゃなく愛情深い人なんだなぁと思った。そんな隊長に部下も信頼を置いてついて行く。戦う気力をなくした男たちが酷い、全員引っ叩かれればいいのに。隊長のその後の末路を調べるとかなり切ない(´;Д;`)
途中、話しが面白くなくて、くじけそうになった!
戦闘シーンは、なかなかの迫力。
戦闘中の俯瞰カメラとかなかなか見ないシーンで良かった。
決死感が随所で溢れてる。隊長のママ感たまらん。
個人的には戦闘放棄したクズ男達の言い分が正しいと思って終始見ていたし、観終わったって国のためになぞ指一本動かさんという気持ちは変わらない。
でも、あんたらの為ならいいかとなるんだろう。ここ大事なんだけど結局殺し合い参加した時点でどんな想いも理由も水泡に帰す。戦争うぜぇ
バタリオン。変な名前だけどロシア軍オナゴ部隊で最終兵器。って、なぜに女子部隊をそこまで当てにするのか、ロシア軍!オナゴゆえ、戦場で悲惨な目に遭ってしまうじゃないかッ!

クソ弱いドイツ軍男子なんて蹴散らしてやるわ!
トム

トムの感想・評価

4.0
1917年、ドイツ軍の毒ガス攻撃や塹壕戦によって壊滅の危機に追い込まれたロシア軍は、最後の手段として女性だけの秘密部隊を結成する。

集まったのは、貴族や学生、労働者など様々な身分の女性たちだった。

壮絶な訓練を耐え抜いて最前線へと送られた彼女たちは、激化していく戦いの中で勇猛果敢にドイツ軍に立ち向かうが……

なかなか良い映画でした(^^)

昭和のスポ根アニメの様な感じかな。

普通の女性が国の為にドイツ兵に立ち向かう。

最初はバラバラだったが次第に結束して一つに。

最後の展開には涙出ました。

バタリオンって題名から、ゾンビ映画かと思って録画しましたが、観てよかったです(^^)
これが実話ってのはすごいけど観せ方がイマイチ。主要メンバーの背景に焦点が当たらんので入り込めず。
<<ゾンビじゃないよ!>>


ロシア軍初めての女性のみの秘密部隊と言う実在した兵士達の話。
男性達が強制に反して女性達は志願して行くのですが、演じる女優陣の目がとても弱い。
初監督作で136分以下、重機諸々を踏まえ低予算でちゃっちゃと撮って撮影日数が短かったのかな。とは思いますが、その空白や時間の埋めと言う部分でやってきた女優とそうでない人の差が坊主だけに表情を全て見れてしまうから誤魔化しの出来ないところが非常に残念。前線に来ながらも、まだ臆病な女性と言う演技ではないんですよねえ。その個々の演技力の差がめちゃめちゃ露呈しちゃってます。
いつも綺麗な衣装や、新築の訓練場とかね!あれは女性の為に作られたもんなのかね。バックボーンを知らないので言及しきれませんが、それにしても訓練初日と検定日で足跡やら血豆が潰れながら何度も握ってきた壁なんかの泥臭さが見えたら良かったなあ。全体的に綺麗過ぎる。
ラストもネタバレしませんが、俺たちの闘いはこれからだ!なあの絵!だめやろうwww

時折当時の映像が流れるのですがその差し入れ方が何と言うかねえ。
Aをする→当時のAをしているところ。Bをする→当時のBを(以下略)ってゆう繰り返しで、監督のこれ再現したんやでどやくりそつやろ感がむかつく^ ^
当時の映像差し入れをエンドロールで無く劇中で使うのは確かロバート・アルトマンもやってたっけな。色んな監督がやっているし、悪い演出とは言わないけど使い方ってもう少しあったでしょう。
ちょっと監督もそうですが、美術さんへのいちゃもんが多い作品。
ともかく初監督作品ぽいので、あたたかい目で見てあげてください。

以上、ここまでいちゃもんしかつけなかったクソアマのレビューでした。フルメタルジャケット観てえ!
>|