SYNCHRONIZERの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 3ページ目

SYNCHRONIZER2015年製作の映画)

SYNCHRONIZER

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、…

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、母・春子(美谷和枝)の認知症を治せるかもしれない、と希望を抱いていた。だが萌はその研究成果が思わぬ結果をもたらすことに気づき、高志を止めようとするが……。大切な人のために倫理を超えた実験に没頭する男。そんな男を盲目的に愛する女。そして息子の愛を一身に受ける母。3つの愛は、やがて人々を狂気へと誘い、暴走する。果たして彼らの愛が行き着く先には、何が待ち受けているのか?

「SYNCHRONIZER」に投稿された感想・評価

biya

biyaの感想・評価

3.5
説明されないと分からない器具が沢山あるのもあるが、心情とかほとんど口で説明されてしまってて残念。陰影だとか水面とか網越しとかワンショットワンショットの作りは良かった。あなたをもっと知りたくてシンクロナイザーを掘り深めてほしかった。
佐藤

佐藤の感想・評価

4.4
最高。脳波の波の動きが最後の腕の動きに重なる。介護ベットの使い方、たまらん。
脳波をシンクロさせる実験がエスカレートしてあらぬ方向へ、、。

SFっぼい話ですが実験機器などかなりチープ。後半は日本家屋が舞台となりSFっぽさはない。
徐々に不気味になっていくけど大きくホラーへは振れず、異様な愛の話とも言え不思議な感触。ちょっと中途半端ではある。チープな装置や舞台、たどたどしい演技など、どこかレトロな怪奇映画のようだと感じました。

万田監督は「接吻」が面白かったので、トーク付きの初日に鑑賞しましたが、今作は予算の関係か、脚本がいつものように奥さんとの共作ではなく、学生?との共作だからか、なんだか全体的に弱い。
ツッコミどころが満載なのはいいとしても、トークで監督が「途中で辻褄合わせとかどうでもよくなって、、」と言ってるのはどうなのか。一応商業映画なんだし、、。とは言え、手作り感溢れる映画でそれなりに楽しくは観ました。

今回はゴールデンウィーク中ということもあり京都まで遠征して初の立誠シネマプロジェクトへ行きました。この劇場は昔の小学校の校舎の中にあるユニークな劇場で、映画館というより、学校の文化祭で映画を観る感じでした。万田監督トークではたっぷり1時間もあり、映画の裏話も聞けて満足な時間を過ごせました。
morph

morphの感想・評価

3.0
ヘンな設定でヘンに展開する話は好物。自然じゃない演技(あえて?)に加えて実験装置もチープなのでリアリティは全然ないんだけど、後半にかけてのうねりが気持ち良くて雰囲気に呑まれた。

主人公と母親の関係が要点になってくるけど、マザーコンプレックスはそこまで強調されておらず、科学力に依ったエゴと、脳波のシンクロで得る快楽があっての暴走だった印象。あまり「心の繋がりとは」と説く内容だと思わず、フラットに楽しみたいタイプの映画だった。
第七藝術劇場にて鑑賞
面白かった。でも、役者、特に脇を固める人達の演技が酷過ぎて。演出も品質は低いように思えるし。純然たる商業映画というポジでもないので、そこは仕方がないところなのかもしれません。学生映画とそう大差はないと言えば身も蓋もないかもしれませんが、それが事実かどうかはこの映画自身が証明してますしね。でも、パンフレット買うくらいは気に入ってますよ。
人と人が完全に分かり合えることは出来るのか?

多分3年ぶりくらいに完全連休(と言っても2日だけですけど)取れたので、とりあえず映画(笑)
って、連休じゃなくても映画観てるんやけどね(笑)

動物と人間の脳波を同期する実験をしていて、脳細胞が活性化する事に気付いた男が、認知症の母親と自分を被験者にして脳波の同期をする、って話し。
最初はSFサスペンス的な展開に、ラブストーリー絡めてきて、まぁ良くあるB級SFかと思って観ていた。
途中、いきなりヒロインが主人公の家に行って、
「私処女なんです!」
って、付き合うキッカケとしては強引過ぎやろ(笑)
その後しばらくは昼はメインの研究、夜は秘密の脳波の実験、そして時間があれば彼女とエッチ…、って覚えたてのガキかよ!(笑)
しかし脳細胞の活性化には思わぬ副作用が!
と、ここからはホラー展開に!(笑)
ラストは予想通りだったけど、その過程はそこそこ楽しめたのでこの評価で。

上映後、監督のトークショーがあって参加した。
クローネンバーグ監督の『ザ・フライ』にインスパイアされた事や、シナリオに無かった演出をした話し、果ては予算の関係でロケ場所を決めた話しなどを聞く事が出来たけど、次観る映画の時間の関係で途中退場。
残念!
ゆく

ゆくの感想・評価

4.4
監督はクローネンバーグの名前をだしているが、個人的に感じたのはカーペンター。演出の力で見せてくる。
SP

SPの感想・評価

-
往年のサイコスリラー洋画みたいだった。
日本でこれをやる人がいるんだ!という衝撃

この気持ち悪さ、わたしは嫌いじゃない。
maya

mayaの感想・評価

3.5
宮本なつが画面に映りこんでくる瞬間が良い。抜けの暗闇とかからニョロっとくる。
シリアルを食べる万田祐介の咀嚼音も良い。
『花つみ日記』を観終わり、そのままユーロスペースに直行、万田邦敏監督『シンクロナイザー』。
「あんたのおかげで、もとのからだに戻れたよ。ありがとう」かあちゃん、それ、もとのからだに戻りすぎだろ!笑った。