SYNCHRONIZERの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

SYNCHRONIZER2015年製作の映画)

SYNCHRONIZER

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、…

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、母・春子(美谷和枝)の認知症を治せるかもしれない、と希望を抱いていた。だが萌はその研究成果が思わぬ結果をもたらすことに気づき、高志を止めようとするが……。大切な人のために倫理を超えた実験に没頭する男。そんな男を盲目的に愛する女。そして息子の愛を一身に受ける母。3つの愛は、やがて人々を狂気へと誘い、暴走する。果たして彼らの愛が行き着く先には、何が待ち受けているのか?

「SYNCHRONIZER」に投稿された感想・評価

も

もの感想・評価

3.0
「万田祐介と研究所の助手(宮本なつ)がセックスした次のカットで女が急にタメ口になったの1人で笑った」というツイートしたら、宮本なつさんからいいね!を頂きました。
具体的になんと言って表すべきか分からないがこのタイプ(悪趣味系?)の映画ははじめて見た。
主人公とその母親が脳波を同期するシーンが印象的。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
スカッとする面白さだった。
会話のポイントや目的がずれてくのを繰り返すうちに映画も特定ジャンルからズルンと横滑りしてるような。
女が誘惑するときのセリフまわしマジ玄人の技って感じで凄まじい。
でもその直前男のペニーを触ってから手を洗わずお茶飲んだの医療人らしくないと思ったけど。
というか仕事柄介護まわりのディテールに突っ込みたい気持ちが起きまくったけどそのラフなとこもかえって面白さだけを追求してる感じで好印象。
milagros

milagrosの感想・評価

3.6
その人とつながっていることを数値化できたら、なんて分かりやすいんだろう。お母さんの笑った顔とか、暗闇にぬっと出てくるとことか怖かったけど、最後もう少し見たかったな。
籠

籠の感想・評価

3.9
20151224 映画美学校

縁あって初号試写で鑑賞
主役の似合いそうな白衣姿ではない異形でのいきなりの登場に驚きその後も様々な極端な想定をかいくぐり大好きな「接吻」とも違う派手さを極力排した展開に満たされる。時が経てば古臭く感じるかもしれないアカデミックな世界はクローネンバーグの一時期に近くもありで母子と女性による家族を巡るトライアングルは増村かと思ったりもした。野暮ったい顔からの変化を演じた宮本さんの打ち上げでの素顔を見ることで更にじわじわ来た。

20170211

2017年73本目 新作日本映画15本目 1,200/65,050


孤独、家族問題に狂気の科学が絡んで各種解放を目指した「ヴィデオドローム」〜「妖女伝説'88」の系譜は異形妄執な世界のその先に「接吻」同様の、もの凄さと悲しみを映し出す。主役は本人も語った一見一番普通の役柄だが、その表情や姿から作品を通して解放〜嫉妬を経た様々な変化を観ることができるのだ。
さき

さきの感想・評価

3.5
見ごたえあるし最後まで飽きずに観られるんだけど。
理系出身としては気になるところがいろいろいろ。
万田祐介のすっきり顔と肉体のアンバランス具合ってなかなかで、この映画に合ってたと思う。が、尻切れ具合のセンスは自分とは合わなかった。ちょっとまともなこと言われたらすぐにもうひとりの俗っぽいセンセに助けを求めちゃったり、世間的な愛情がないのはグー。
かなりド直球のマッド・サイエンティストもので、物語的には『フランケンシュタイン』『蝿男の恐怖』以来の発明といってもいいくらい画期的な気がするけど、エモーショナルになり切らないのは俳優陣や小道具の魅力の不足だろうか。ババアホラーとしては何の文句もない傑作だった。


演出0.8
人間0.6
構成0.9
驚き0.9
趣味0.7


演出=総合的な演出
人間=俳優および被写体の魅力
構成=脚本や画面の全体的な構成
驚き=斬新さ、意外さ
趣味=個人的な好き嫌いの印象
panda

pandaの感想・評価

4.1
終始、不穏さと官能さがある。長谷川の元実家の暗さが不快な雰囲気を醸し出している。
CTB

CTBの感想・評価

2.5
無茶苦茶過ぎてそれを面白がるしかない。いろんな既視感ある要素が出て来て想像させるが、どっちにも行かず中途半端。予算の問題なんでしょうか。最後のあれはサイコ?笑いが出そうになった。全然飽きないんだけど…。