SYNCHRONIZERの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 5ページ目

SYNCHRONIZER2015年製作の映画)

SYNCHRONIZER

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、…

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、母・春子(美谷和枝)の認知症を治せるかもしれない、と希望を抱いていた。だが萌はその研究成果が思わぬ結果をもたらすことに気づき、高志を止めようとするが……。大切な人のために倫理を超えた実験に没頭する男。そんな男を盲目的に愛する女。そして息子の愛を一身に受ける母。3つの愛は、やがて人々を狂気へと誘い、暴走する。果たして彼らの愛が行き着く先には、何が待ち受けているのか?

「SYNCHRONIZER」に投稿された感想・評価

adam

adamの感想・評価

-
観た後に話したくなる映画だけれど観る前は何も話せないのでとにかく観て欲しい。
一見クローネンバーグとリンチってな感じのホラーに感じるが、主人公の家の本などからは、ある意味現在の進歩に伴う恐怖を感じる。
演技も徐々に良くなっていって後半は非常に魅せられた。
良くも悪くも、『世にも奇妙な物語』風でした。ラストの実験室のルックと、シメのセリフの解説っぽさなんか世にも度高すぎます。
『アンラブド』『イヌミチ』みたいな鮮烈なショットもなく、お話的にハネる展開もなく、ただ平板な印象のまま終わってしまいました。せっかく「他人同士が脳を同期する」という、ブッとんだ設定を取り入れているのだから、もっともっと驚きのある展開と描写を観せてほしかった。ポンポン進んでいってある程度は面白いのですが、あくまで『世にも〜』レベルの想像力を超えてくれません。クローネンバーグでは全然ないです。あの手のフェチらありません。増村っぽさも良くわかりませんでした。愛憎劇としても、割とサラッとしてます。

ーーーーーー
公開初日ということで、鑑賞前に監督・俳優陣による舞台挨拶があったのだけど、これが完全にマイナス。出てくるだけでネタバレになってしまう女優二人を登壇させる宣伝担当者の意図が分からない。その女優さんたちは質問を受ける度「ネタバレになるから何も話せない」と窮していたけど……アナタたちがそんなリアクションをすればするほどネタバレになるんだよ!

そのせいでこの映画最大のシビれるポイントだと思われる、ある登場人物の「変化」(変態?)をこれ見よがしなティルトアップで見せつけるショットにあまりグッと来る事が出来ずショック!筋も予想出来ちゃってなんだなあと言う感じだったけど、何よりこの監督入魂と思われるキメショットにノレなかったのが悔しい。

件の挨拶が鑑賞前だったのは、監督・キャストの方々の時間の都合かなと思っていたら、なんと終映後も皆さんロビーにいらっしゃる!ならばハナから映画が終わった後にトークをすればいいではないか……だいぶ損した気分。