シルバーチップス

SYNCHRONIZERのシルバーチップスのレビュー・感想・評価

SYNCHRONIZER(2015年製作の映画)
4.5
演出の力だけで持たせる映画。そもそも役者の力など信じていないのだろうか?前作「イヌミチ」もそうだったけど。よくよく考えれば、「接吻」だって感情を見せない主人公の話だったし、この感情を極力見せないというのが、作家性の現れなのだろう。

冒頭のネズミとシンクロさせてからの迷路演出で面白いと思わせて、そういうのがずっと続く。まるでクローネンバーグな展開で、そういうのが好きな方にはお薦め出来る。いい意味で本当に気持ち悪い…。中盤からラストにかけては、照明も凝らして倍々に畳み掛ける。

にしても、主人公の兄貴の演技は相当ひどい。あと、ヒロインがアレの後にタメ口になるのと、お洒落になっていく様はお見事。