覆面系ノイズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.2

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿された感想・評価

劇場に♩響けぇ〜〜🎶
とても、歌がいい
設定が高校生だが
普通の音楽作品でもいいのでは?

あやみちゃん、真野ちゃんがかわいい
そして、ゆずとももギターセッション
イケメンのツーショットには
キャ〜〜ね
本当の自分は誰のおかげ?
焦ったさはいつの時代も一緒か?
次回は
『SILENT BLACK KITTY』に
期待する。
小関裕太が見たくて土曜の朝にキラキラ映画を8時半から見た。
中条あやみの歌声がすごくいいし曲もよかった。

登場人物が誰1人高校生に見えないとか、全員の行動が理解不能で不気味だけど、きっと漫画が原作で、色々あるんだろけど はしょりまくったんだろうと脳内補正した。
YUGA

YUGAの感想・評価

3.3
超絶かわいい中条あやみをもってしてもここまでか、、という感じでした。
幼少期の回想シーンはぎこちなさすぎて観ていて恥ずかしくなるぐらい面白くなかったです。
ただ中条あやみはかわいかったのと、歌は良かったです。
aki

akiの感想・評価

3.9
原作未読

中条あやみが可愛い。
歌も良くて響いてた。

ストーリーに関しては特に感想なし。よくある話と言っては悪いが、少女漫画感は拭えない。

ただ、ストーリーにのせた歌詞という意味では凄くよく出来ていたと思う。

やはり、中条あやみの可愛さと歌を聞く映画だった。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
少女漫画の実写化の中だったらなかなかだったと思う。

私は原作もアニメも全て見ているがやっぱり原作一番だと思ってしまう私の良くない所(笑)

ここはもっと!こう!!気持ちがこもるところ!!ユズの気持ちがァ!ァァアア!!ってなってしまったのは心にしまっておこう。

とにかく原作じゃもっと細かにかかれてる所を実写化に求めてしまっている現状。

2次元は2次元でいて欲しい本音(笑)

ただ漫画アニメ実写化ラッシュの中じゃあなかなかに良かった作品だったと思う!

恋愛漫画だけどただただ青春に音楽にひたむき走る高校生の話って感じ、まあ青春映画。

原作知ってなくてもちゃんと話についていけたと一緒に鑑賞した妹(原作未読)が言っていたので初見でも全然楽しめると思われる🙆

とりあえず面白いなと思ったら原作読んでください、更に更に素敵です。
2017.12.7 鑑賞

原作は読んでません。が、
マンガの世界だからこそ、すんなり受け入れられる展開ってあると思うのだが、そのまま実写化すると「?」となる事が多い。
そんな「ああ、マンガだったらいい場面だったんだろうなー」という瞬間が何度もあった。

特に、恋愛映画にも関わらず、中条あやみ演じる主人公の「好き」という感情がまったく見えなかった。
まず本当に桃の事が好きだったのか伝わってこなかったし、盲目になってしまうがゆえにニノの気持ちに気づけずにいたのなら、それに気づく場面があるからこそラストの走りがあるはずなのに、そんな場面あったっけ?・・・思い出せない。

マンガならその感情を愛くるしく描けているのかもしれないが、大人の俳優が実写で演じるとただのバカ女に思えてしまう。

途中で、これは中条さんの映画ではなく志尊くんの映画なんだなぁと思ってしまった。それくらい、主人公の感情が分からなかった。

音楽と、ファッションと、尻上がりに美しくなっていく映像は良かったと思う。
みゆ

みゆの感想・評価

3.7
2017.12.06(240)
劇場


原作者の福山リョウコは友人で、原作の連載が始まった時から並々ならぬ情熱を注いでいる姿を知っているので、今作は是非とも劇場で見たかった。

今作については原作を知っていてアニメも見ているので、映画を見た方のレビューも事前に読ませて頂いて、ある程度こういう感じなのだろうかと想像していたのだが、実際はもっとずっと良かった。

とにかく登場人物がみんなキラッキラしている。悪い人は誰も出てこないし、変にメッセージ性がある訳でも世界観を広げ過ぎる訳でもなく、バンド好きな高校生たちが、自分たちの世界の中で懸命に生きている。その感じが今の私から見ると可愛らしくて健気で、とても良いものに思えた。

中条あやみちゃんが演技をする姿を初めて見たのだが、歌も含めてあんなにニノになりきれるとは思っていなかった。歌うとき人の顔はどうしても崩れる傾向にある。どんなに美しい人でも大きな口を開いて腹の底から発声すると、そうでない時に比べて表情が歪むものだ。だが彼女は違った。歌えば歌うほど可愛らしく魅力的に。わざとらしい感じが全くなく、コミックスのニノがそのまま実写化されたようで感心した。

ポスターで見た時は違和感があった志尊淳くんも完全にユズだった。ユズは身長が低くまつ毛がバサバサという設定で、志尊くんはそれほどまつ毛が長い訳でも多い訳でもないので、そこはエクステをつけた方が良かったんじゃ?と感じたが、身長については全く気にならないほどユズらしかった。

全体的に映像がとても綺麗。鎌倉の美しい景色はもちろんだが、PVのように大胆に被写体に寄ったりする演奏シーンも、臨場感があって実写の良さが出ていた。

あとは楽曲も良かったな。映画を見る前に楽曲だけを聴いた時は、ちょっと合わないんじゃないか…と不安になったが、一本の映画の中で物語と共に順に披露されていくと、途端に魅力を増してくる。かっこよくてザワッと鳥肌が立ったくらいだ。

もちろんちょいちょい突っ込みどころはある。

原作やアニメを知らないと、時間が短い分展開が早かったり、説明不足なまま都合よく進んだりするので、え?っと戸惑ったり置いていかれてしまうことがあるかもしれない。

ニノのマスク設定も曖昧になっているし(これは中条あやみちゃんのお顔を撮りたいという大人の事情があるだろうから仕方ないのだが)、真野恵里菜ちゃん演じる深桜のヅラ感がどうしても気になってしまったり、小関裕太くん演じるモモが「そこ普通気づかないだろ」という距離から後ろ姿だけでニノやユズに気づくとか、そういう違和感は正直あった。中島亜梨沙演じるモモのマネージャー月果がニノに会いに行く場面も、経緯が省略されているので唐突過ぎるのだ。

だが絶妙なテンポで進んでいく映画を見ていると、そういったことは瑣末なことに思えて、だんだんと気にならなくなっていく。

ラストが私はとても良いと思っていて、鑑賞後はかなり満足した。原作やアニメとは違う、映画オリジナルのラストなのだが、最近の続編ありきで意味ありげに〆る作品とは違って、一本の映画としてきちんと完結していて、この形は理想的だと思えた。
少女漫画の実写化としては結構良かった

この作品の欠点はこの実写に対してじゃなくて漫画に対してのツッコミになるから心の中にしまっとこう
リク

リクの感想・評価

2.0
鎌倉いいなぁってのとヘッドホン欲しいなぁって感じでした^ ^
衣装めっちゃ可愛かった〜
口に包帯巻くのは気にくわないけど中条が着るゴスロリ最高だぁ
可愛かった
顔小さすぎて人間じゃないと思う時が多々ある
ユズにキスされて走ってから振り向いた時の可愛さがピカイチだった

ちょいちょいシュールな小関くんもかっこよかった髪型好きじゃないしハゲそうで心配だけどやっぱり背が高くて骨感かっこいい

内容はそうでもない