覆面系ノイズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読です。
中条あやみちゃんはかわいいけど、アップシーンが多すぎる。意味不明なとこで突然ブチっとシーンが切り替わる。
全体的に違和感を感じる所が多かった。

主人公の喋り口調も行動も変で、キャラ設定が迷走しているというか…原作に忠実なのかよく分からないけど、すごく違和感を感じた。

あんなにモモ、モモ言ってたのにラストになって急な心変わりにはビックリ。
人ってあんなにすぐ心変わりするものなの?
中条あやみちゃんは好きだけど、この主人公はあまり好きじゃなかった。
Mii

Miiの感想・評価

3.5
ちょっと淡白に感じる部分はあったけど。
歌はすきだった。
こーゆーの観るとカラオケに行きたくなる(笑)
すぐ影響されちゃう。
音楽ってすごいなって思うし、
青春だったー(* >ω<)
こんな風に取り合われてみたい!!
『チア☆ダン』の中条あやみ目当てで鑑賞

原作は1度も読んでいません。
MAN WITH A MISSIONが監修らしいです。

自分には色々と合わなかったです…
kaname

kanameの感想・評価

2.5
幼い頃に離れ離れになった2人の大切な相手と再会する為に歌い続ける女子高生の恋と成長を描いた物語。

気が付いた時には三角関係が始まって終わってたという…色んな意味で軽くて薄い内容w

中条あやみの可愛いらしさ一つで、あらゆるマイナス面をチャラにしようとするあたりも実に清々しい!w
Kikku

Kikkuの感想・評価

2.8
登場人物の行動の理由付けが見えてこなかったり、それぞれの気持ちの急激な変化についていけなくなり、何を見てるのかよくわからなくなってしまった
てか、この高校スター排出しすぎだなぁと思う
凄いいい声~♪
伸びやかな歌声だなーって思ったら、人前で歌うことすらも苦手で、映画の為に1年間訓練を詰んだとか…。
劇中の様な努力を重ねたのかと思うと、中条あやみが好きになる。

ジャンル:ミュージック
主人公:天使の歌声を持つ高校生の女の子
心に残ったシーン:中条あやみがマスクを取った瞬間…!
彼女の顔の小ささが際立つ
心に残ったセリフ:「僕だけの声…曲が溢れて止まんない」
ストーリー★★★☆☆
音楽★★★★★
美術★★☆☆☆
ファッション★★★★☆
キャスト★★★★☆
総合点数 72点

ボーカルに学ぶ歌声の出し方
・あ~♪って出来るだけ長く声を出す
←お腹からしっかり声が出てない。声帯の閉じ方が甘いから息が漏れて声が伸びない
👇🏻
・ランニング
・腹筋
・声を出し切ったら…止める…止める…止める…吸う
みねる

みねるの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

正直,冒頭の真野恵里菜が歌ってるハイスクールという曲の映像が全編通して一番カッコよかった気が…

in No hurry to short(イノハリ)って漫画内の空想バンドと思いきや結構カッコよかったのでちょっと調べてみたところ,アニメのOPもハイスクールという曲だったんだけど,なぜか冒頭の真野恵里菜の歌ってるやつと何か違うような…?
どーいう事??

また,ライバルバンドのSILENT BLACK KITTYの演奏シーンがなかったのは残念だった

僕も経験あるけど男女混合バンドって状況によっては結構トラブル起こしやすいから嫌なんだよ

まあ…全体的には音楽よりも恋愛要素の方が強いのが少し残念だが,イノハリというバンドが意外とカッコ良かった事と,冒頭の真野恵里菜のシーンが好きだったので少し色付けてこんな評価かな
ユウト

ユウトの感想・評価

1.5
あくまで個人的感想ですが...🙍時間に余裕がなければわざわざ観なくてもいいレベルの作品でした。


『2018.56作目』
原作のファンだからという義務感だけで最後まで見ました。

曲は良かった。曲は。

こういう音楽系を映画化するならせめてプロを使って欲しかった。

そして眼帯は黒にして欲しかった。笑

早く新刊出てほしいな〜

このレビューはネタバレを含みます

原作知らないけれども、相当ひどい映画。
役者の大根演技に、心情変化のよくわからない展開。
ゆずは、終始アリスにすべてを支配されるくそ人間だったし、アリスはアリスで最後なぜゆず>ももになったか謎。

みおがかわいいだけの映画。