ロジャー・コーマン デス・レース 2050の作品情報・感想・評価

ロジャー・コーマン デス・レース 20502017年製作の映画)

ROGER CORMAN'S DEATH RACE 2050

製作国:

上映時間:93分

2.9

あらすじ

人口が増え続けている近未来。そこには恐ろしいルールの凄まじいレースがあった。そのルールとは歩行者をひき殺せばポイントになるというもの。老若男女関係なく容赦なしに歩行者を引いていくレーサー達。そんな中、人気レーサーのサイボーグフランケンシュタインだけはまわりのレーサーとはどこか違っていた。歩行者をなぎ倒しながら最悪のレースが今始まる!!

「ロジャー・コーマン デス・レース 2050」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

2.4
不滅のカルト作『デス・レース2000年』がまさかのコーマンセルフリメイクにより『デス・レース2050』として復活。90歳を越える御大が衰えることなく燃え滾らすB級ソウルをこの時代に堪能しよう!マクダウェルもトンデモ役で出演。
ぼっち

ぼっちの感想・評価

2.4
ラストが意外
ちょび

ちょびの感想・評価

2.0
オリジナルは未視聴。チープなCGと素人レベルの雑な編集がちょっと狙いすぎかなって思う。変にシリアスな展開を入れずにもっとバカな方向に突き抜けて欲しかった。
これぞ、『敬意を込めた1点』に相応しい作品!最高すぎる!!!
週末に酒を飲みながらアタマを空っぽにして観るべき作品!

オリジナル版の設定を押さえつつ、トランプ政権下の現代のアメリカ社会に対する痛烈な皮肉とブラックジョークに満ちている。
正に完璧なリメイクと言える。

登場するレーサーたちの設定も典型的な位に分かり易くてとにかく笑える。
主役のフランケンシュタインは相変わらずだが、キリスト教原理主義者を思わせる女教祖、白人を忌み嫌う黒人ディーヴァに加え、今回はAI搭載の無人カーまで登場。
パーフェクタスのキャラはオリジナル版の
マシンガン・ジョー(S.スタローン)に対するパロディなのかな?

異常なまでのテンポの良さでアメリカ横断という壮大なレースが進んでいくが、南部を通過するシーンは大爆笑!
やっぱりホワイトトラッシュどもが銃を乱射してくるのね…(笑)

結構ちゃんと終わったオリジナル版に対し、本作のエンディングは正にカオス!
ロックンロールな感じで最高だった!

これから嫌なことがあったらミネルヴァの歌を思い出そう。
♫drive drive kill kill…♫
2018/06/29 DVD
nick

nickの感想・評価

-
2018/06/28
Amazonプライム
う〜ん確かにバカ映画
荒唐無稽感のみある
デスレース2000も観てません
Same

Sameの感想・評価

2.8
ロジャーコーマン大先生ご自身による「デスレース2000年」のリブート作品!

だがなぜほぼ同じか過去作よりクオリティの低いリブート作品を作ったんでしょう笑
レトロな味や若き日のスタローンが出てるぶんだけ、オリジナルの方が味があります。
ジェイソンステイサムや、ルークゴスというイケメンハゲばかり主役に据えた見やすいリメイクシリーズもあったのに笑
あれには満足できなかったか笑


とはいえ、今作もそんな悪くなく、殺人することでポイントが加算されていく地獄のアメリカ横断レースは、参加する車をかなり絞り込んで、各キャラクターそれぞれのストーリーが深く紹介されます。
主役のフランケンシュタインよりも、なんのセンスも感じないアホな歌を歌いまくるAV女優兼シンガーのミネルヴァや、新興宗教の教祖タミー、遺伝子操作によって生み出されたパーフェクトヒューマン、パーフェクタスなどそれぞれがウィークポイントがあって人間くさい、B級感溢れるキャラ設定で魅力的。
ロジャーコーマンのコストを抑えて大量生産姿勢がよく分かるめちゃくちゃチープな映画ながら最後まで楽しく見させてくれます!

まあ、でもなんだ「デスレース2000年」見た人はあえてこちらを見なくても良いんじゃないかな笑
これを見るような物好きはどっちも見るんだろうけど笑
すごくBって感じ
たぶん制作費めっちゃ安い
これはこれで面白かった。
他のレビューにもありますが、旧作のチープ&クレイジーをひねり無く再見しただけ。😔。州名はニヤリとしましたが(笑)。
>|