うめ

ユリゴコロのうめのレビュー・感想・評価

ユリゴコロ(2017年製作の映画)
3.9
気がついた時には
私の中に
住んでいた
「ユリゴコロ」
それは
決して支えてなんかくれなくて
ただ
私を呑み込んでいくだけだった

それなのに
信じられなかった
そこから温もりが産まれるなんて
もう
私は
私であって
私じゃない
何があっても
絶対にまもるの
私の
「ユリゴコロ」を



愛と狂気の交わりを描く
そんな作品には
やはり
優れた女優の力は不可欠だと思う


自分自身に倦み暗い水に潜む
吉高由里子

穏やかな水面の底に見える何か
木村多江

何度も浮かんでは沈む苦しみ
佐津川愛美

清らかな流れに隠れる淀み
清野菜名

それぞれに素晴らしかった

苦しみ葛藤する
松山ケンイチ
やはり苦悩させたら上手い

比べて
頑張りは認めつつ
松坂桃李は…
う〜ん
熱いのはいいが、一本調子に見えてしまう。
もう少し演技にメリハリがあったら良かった気がします。


ハードなシーンだけではない。
心を揺さぶられる作品。
「ユリゴコロ」
言葉の響きが余韻を残します。