まさなつ

アウトレイジ 最終章のまさなつのレビュー・感想・評価

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)
3.4
前二作も観たけれど、ボヤッとしか覚えていない。

韓国の容赦ないバイオレンス映画を観過ぎたせいか、いやに静かなバイオレンス映画?だと感じました。

普段、善人を演じる役者さんたちが、ここぞとばかりな悪人をいさにも楽しそうに演じるのが、このシリーズの魅力の一つですが、今回は、病みあがりもあるのかちょっと元気がない。迫力がない。

特に塩見三省さん、痛々しい。
西田敏行さんも病みあがりなんですね。
大杉漣さんまで出てるとは!

それでも皆さん流石は大ベテラン。そんな状況の中でも最後まで演じ切ってます。

二つの組の対立と抗争をメインに、たけしが外からかき回す、、っていうのはこれまでと同じ。

前二作程の勢いはなく、その点では物足りないですが、実録モノとは違ってちょっと緩めで笑えるとこもあり、安心して観られます。