クローバーフィールド・パラドックスのネタバレレビュー・内容・結末

クローバーフィールド・パラドックス2018年製作の映画)

God Particle/The Cloverfield Paradox

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.2

あらすじ

本作の舞台はそう遠くない未来。世界中から集められた宇宙飛行士たちが、地球の深刻なエネルギー危機を解決するため、宇宙ステーションで実験を行っていました。しかしある事故により、その任務は予想外の事態に陥ります。宇宙に放り出された飛行士たちの運命は!?

「クローバーフィールド・パラドックス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

中国人1人しか出てないのに
ずっと中国語喋るのがウザい

J.Jエイブラムは設定は面白いのに
中身なくて退屈
毎回 結局オチは適当で 伏線未回収
ジャンルはなんだろう…SFパニックホラー?
ここまで荒唐無稽な設定をここまで精密に実写化出来るなんて、2001年宇宙の旅から考えると想像を絶する
全体的には後味が悪いインターステラーみたいな感じ?
王道感動路線のifモノっていうかバッドエンドバージョンも、違うカタルシスがあって楽しかった
幸福より不幸の方が面白いっていうけどそんな感じ
置いていかれがちだったり展開に納得かないところもあったけど良いところも同じくらいあった
宇宙船のなか綺麗だったし3dプリンター?とかもよかった
時間足らない感はあったけど30分引き伸ばしても冗長だしラストがこれだと疲れちゃうかもだし90分がいいのか
右腕食われちゃったひとのいうこといちいち面白くて好き
いい人死にすぎで悲しい、、
もうひとつの地球には帰んなくてよかったと思うな…どうあがいても絶望か

開けてみるまで何が入ってるかわからない。そんなドキドキをくれるシリーズの3作目。

相変わらず予想もできない展開。強烈なビジュアルが印象的。謎の前腕萌え。

いやはや。途中までは3.5くらいの評価だったんだけどラストが最高。
1個目にも似た絶望感が小気味いいラストでした。

しかしまあ、別次元に移動してしまったから色々ズレてるのはわかるけど、ミミズやら何やらが身体に入っちゃった彼が不憫でならない。

後はアダムスファミリーばりに可愛いおててにキュンとします。
1作目2作目のとにかく意表をつくことだけに力を注いだ感じは結構好きなのだが、今回はそのパターンで『エイリアン』をやるのかと思ったら『アナザープラネット』や『ランダム 存在の確率』みたいなこぢんまりした平行宇宙ものに展開しつつなかなかお話が作り込まれていてこれはこれで短編SF小説のような趣きがあっていいなあと思ってたらオチでいつもの意表をつくだけのクローバーフィールドシリーズになっちゃって台無し!
シリーズファンなら観ておいて損はないかな。一つでもシリーズを観ている人なら観てもいいと思う。
クローバーフィールドシリーズの解答みたいな感じ。
一作目の怪獣出現の原因がなんなのか、自分は宇宙人かなんかの侵略かと思ってたので次元のねじれで現れた設定は意外。

割と評価が割れててつまらないとか意味わからないとかのコメントも見たけど、宇宙でのサバイバルはハラハラしたし自分は好き。

壁の中から女性が現れたり、腕がひとりでに動いたり、死体からミミズとか部品が出たりと怪現象が多発するのも予想外の連発で飽きない。

ただ怪獣は結局そのまま居てホラーオチ。もし次回作があるならアレをやっつけて欲しい。
まあそしたらただの怪獣映画だけど…
SFと言えば宇宙とかエイリアンとかに重点置かれるけど、このシリーズは別のことに重点置くところが楽しませてくれて見飽きない。最初の作品はビデオカメラ視点で見飽きない、個人的に酔ってしまうほど´д` ; 前作なんて変態おじさんだし笑 今回は世にも奇妙な的な先が読めない展開

直接続編じゃなく間接的に繋げてるところも一作一作楽しめる理由かもしれない◎
1作目が大変気に入り2作目を飛ばして3作目を鑑賞
序盤の設定から謎。スリラーな演出は〇。最後の地球は1作目の所?
モンスターは異次元から来たってこと?
2作目を見たところで謎は深まる。
1作目を超える興奮はないなー
読み切り映画感覚で見ればこれはこれでいいけど
>|