私はあなたのニグロではないの作品情報・感想・評価

私はあなたのニグロではない2016年製作の映画)

I AM NOT YOUR NEGRO

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

アメリカ黒人文学を代表する作家、ジェームズ・ボールドウィンの原作を映画化した本作。ボールドウィンの盟友であり、30代の若さで暗殺された公民権運動のリーダー、メドガー・エヴァース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング牧師の生き様を追いながら、60年代の公民権運動から現在のブラック・ライブズ・マターに至るまで、連綿と続くアメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫る。

「私はあなたのニグロではない」に投稿された感想・評価

filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】やっと公開決まりましたね。
何回か見ないと。
決してとっつきやすい作品ではない。アメリカという国の、目を背けたくなるような厳しい、血塗れの現実がこれでもかと語られる。何の説明もキャプションもナレーションもなしに次々と写し出される映像。右に左に出てくる字幕。見づらいんだけど目が離せない。いつもはトボけた味のサミュエル叔父貴の静かなナレーションが魂に突き刺さる。
キング牧師、マルコムXらが台頭し始めた頃から話は始まる。
当時のニュース映像や映画・音楽などを通して黒人たちの受けてきた酷い仕打ちや立場などをこれでもかと挙げていく90分。

何も解決に向かってないアメリカ合衆国内における黒人差別問題の現状が語るように
この作品内においても何も解決に向かわないのが見てて本当に辛いけど、どうにかしてこの問題の答えを導き出そうとするところで作品は終わる。
ナレーションで話が進むスタイル、苦手…。
本人が話す映像はやっぱり目が醒める。
小説「地下鉄道」を読んだ後ということもあり、とあるシーンにショックを受けた。他にもたくさんショッキングではあるけれど。シドニー・ポワチエの立場はそういったものだったのか、あの映画が大好きな父はどう思うんだろう、などとも思った。
エンドロールで流れるケンドリックラマーの曲に再度ハッとさせられる。
612aki

612akiの感想・評価

3.5

知識が至らない所が多すぎてあれだけど、

黒人(差別される側)の憎しみの源は怒りだ、白人(する側)の憎しみの源は恐怖だ。

すごく印象的だった言葉。
自分と違うものとして関心を持つ前に、自分の知らないものだと恐怖して無知なまま否定する事。それがきっとすごく恐ろしくて愚かな事で。
そしてそれより恐ろしいのが、その無知の中にいる事に、無意識に無関心でいる事。

#私はあなたのニグロではない #iamnotyournegro #ラウルペック #ジェームズボールドウィン #映画 #movie #数や残虐性に違いはあれど何も変わらない過去と現在に恐ろしくなる
あの人もこの人も出てきて見ごたえある映像だったけれど、映画として物足りなかった。
>|