散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ面白かった。
「どう撮るか」部分の安定の黒清感もいいけど「何を撮るか」部分もすごくよくて、ミステリーだけで終わらないアクション的緩急がすごくよかった。クリーピー超えた。
人間の成長の過程を再確認するような話の筋と同居するSF感のバランス!
万人におすすめはしないけど、映画に求める全部が入ってるし、不条理さとか、オチのなさみたいなことも含めて、その要素要素のセッティングが自分にとってはすごく腰に来るようにセットされているようないい塩梅だった。
あと、郊外の風景が自分が親しんできた風景とすごく似ているような既視感と言うか、原風景的な感覚が強かったのでそれもよかった。
黒沢清の作品によくあると思うんだけど、看板などの特に地名や店名などの文字情報が画面に入らないように丁寧にコントロールされていてニュートラルな世界観を出してるのもさすがと言う感じがした。

恒松祐里ちゃんのアクションがかっこよくてかっこよくて。
侵略者たちの表情もよかったな。
長谷川博己もあんま好きじゃなかったんだけど好きになったな。

5点はやりすぎのような気もするけど、でも今はそんな気分なんだよな。公開時に観てわいわい騒ぎたかったなと反省。
ss

ssの感想・評価

3.6
奇妙な人類と宇宙人の愛がなんとも言えない。

「人類もなかなかやるだろ?」深い。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
クレヨンしんちゃん劇場版の、ロボとーちゃんだなぁ・・・と言うのが最初の感想。
ホラー映画でもモンスターパニック映画でもなく、夫婦の再生の物語として捉えた方がいいかなと思いました。cureにも近いような、感覚的な方のクロサワ映画。

ヨタって歩く長谷川博己の演技すごいうまいと思った。
Aya

Ayaの感想・評価

2.9
宇宙人が人間の概念を奪いながら地球侵略しようとするおはなし
これはコメディだと思う
世界観や会話は面白かったが、矛盾が多く説明不足でリアリティに欠ける
分かりきったことを大衆に大声で叫ぶシーンは最高にださくてギャグすぎるw
aya

ayaの感想・評価

2.5
うーん。
Koh

Kohの感想・評価

3.0
松田龍平萌え
長澤まさみがとても良い。「あーあ、嫌になっちゃうなぁ」が妙に耳に残る
マスジ

マスジの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

「自分と他人」の概念を奪ったところなど、シーンとしては好きなところもあったが、侵略者3人が出会ってから、もっとハラハラさせてほしかった。

奪ってきた概念や、選んだガイドによって、侵略者の性格や凶暴性が変化するのかな。
松田龍平すきやから、見たけどなんとも不思議なタッチの映画でした。
最後は愛って事なのかな(・3・)
長澤まさみは今日も美しかった。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.6
これから120分、
あなたの目は
あなたの体を離れて、
この不思議な時間の
中に入っていくのです。
(声:石坂浩二)

「ウルトラQ 散歩する侵略者」

もとい!

「散歩する侵略者」

ウルトラセブンの「散歩する惑星」と「姿なき侵略者」の複合した題名を持つウルトラQタッチのSF作品。どこか懐かしいと言うか、低予算でアイデアで勝負する邦画、円谷の匂い立つ特撮映画ですね。

この題名を見てイメージして、長澤まさみを見たくて拝見しましたので特にブレもなく…なるほどと。楽しめました。

この手の作品、まぁウルトラQ(ウルトラマンがいない侵略や冒険SFと思って下さい(笑))的な作風はそのシュール且つ不気味な雰囲気や落ち、ラストどう収束するのか、その皮肉具合が着目点になるのですが…、まぁウルトラQのラストや星新一のショートショートの範囲内と言うか、つまり想定の範囲内でした(^^)。それはそれでウルトラQファンの私には、充分面白いのですが(^^)

オープニングからもうウルトラQのテーマが脳内に流れていて、勝手に盛り上げていましたので(笑)いっそ、使っても良かった気はしますね(^^) 敢えてガラダマでも降ってくれば…、またはスカイツリーにケムールでも(笑) 

どうしてもシュールな世界観にならざる得ない訳です。普通の人が宇宙人で概念を奪う、且つ人類を学習してから侵略する手前と言う、日常の中の非日常の様な世界ですからね。 

それ故…宇宙人とガイドと呼ばれる関係で登場する主役たちは立ち位置と演技力が大事。彼らが世界観をセリフと演技で構築しなければならないからです。

その点は及第点は行ってますし、楽しめた要因でした。先ずは敵方の主役、宇宙人チーム。松田龍平は似合いの役ですね。この方、お父さんからもらった才能はサイコパスや何をするかわからない無表情なんです。この兄弟はわかりやすくて半分づつ良い部分をもらってる(笑)空っぽの演技はお手の物でしょう。そして高杉真宙。いつ本性を見せるか期待させる爽やかな悪のイケメン(笑) 仮面ライダーガイムで見せた演技の延長線上にある役でこれまた似合いの役。頑張って欲しいなぁ。ガイムから彼がブレイクしそうですし(^^) そして恒松祐里さん、アクションできる方なんですね。初見ですが、拗らせた感じも良くて中々です。

で…ヒロイン兼対比される普通の人役は我らが長澤まさみ様…。こういう役ははまり役と言うか、得意ですよね。イライラした女性をやらせたら今一番ですわ。うちの嫁に匹敵します(笑) 女性や母性を感じさせないといけない役ですから、スタイルも、それなりでないと(笑) 素敵です。あの普通の可愛さが(笑)

そして語り部兼狂言回しである、長谷川博己。この方もシンゴジラ以来、合いますね〜。語り部として有能な方ですよ。安定していて。ただこの方のキャラの掘り下げが足りないのかな、行動論理がイマイチ…。

この作品は舞台からですか。そうなると尚更役者さんが重要になりますよね。その点は頑張ってくれていて、冒頭のウルトラQのナレーションですが、不思議な世界に連れて行ってくれています。中々SF作品が邦画の低予算故に作れなくなった時代に作成されるのはありがたい話かなとも思いますからね。
>|