散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ面白かった。
「どう撮るか」部分の安定の黒清感もいいけど「何を撮るか」部分もすごくよくて、ミステリーだけで終わらないアクション的緩急がすごくよかった。クリーピー超えた。
人間の成長の過程を再確認するような話の筋と同居するSF感のバランス!
万人におすすめはしないけど、映画に求める全部が入ってるし、不条理さとか、オチのなさみたいなことも含めて、その要素要素のセッティングが自分にとってはすごく腰に来るようにセットされているようないい塩梅だった。
あと、郊外の風景が自分が親しんできた風景とすごく似ているような既視感と言うか、原風景的な感覚が強かったのでそれもよかった。
黒沢清の作品によくあると思うんだけど、看板などの特に地名や店名などの文字情報が画面に入らないように丁寧にコントロールされていてニュートラルな世界観を出してるのもさすがと言う感じがした。

恒松祐里ちゃんのアクションがかっこよくてかっこよくて。
侵略者たちの表情もよかったな。
長谷川博己もあんま好きじゃなかったんだけど好きになったな。

5点はやりすぎのような気もするけど、でも今はそんな気分なんだよな。公開時に観てわいわい騒ぎたかったなと反省。
SATO

SATOの感想・評価

1.0
近くのショッピングモールで撮影していたのでみましたが、全く意味がわかりません。
KH

KHの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

概念という概念は最初から知っている

見終わった後黒澤清っぽかったわぁと言っとけば通に見てくれそうなストーリー。もはやシャマラニストやハルキストみたいにキヨシストという造語が作られそうな話。

予兆で宇宙人顔を活かして活躍した東出君が友情出演していたところは胸アツでしたが、それ以外は予兆のほうが面白かったかな。
人類側はもうちょっと重装備で来るとかしようね。まぁそれ以前に人間にうつったことで耐久力0になった宇宙人なんだからいくらでもやりようあると思うけどこの映画で描きたかったのはそんなことじゃないと思うからまぁいいか、、
でも崇高なことを訴えたかったにしてもアンジャッシュの大島をだした時点で本編のほうが前日談より安っぽくなってしまったのは惜しい。
あと正直オチがくだらないと思い冷めた。なんかここまでやっといて今更そんなベタベタなオチかと。

というか調べたらもう"キヨシスト"って言葉あるんだね。。ドン引き( ゚Д゚)
ym

ymの感想・評価

3.6
言葉 vs 概念。
映画「メッセージ」に通じるものが。

必ず最後に愛は勝つ〜♪
め

めの感想・評価

4.8
みているうちに気付いたら侵略者側を擁護したくなっていて、人間の嫌な人間らしさを人間なのに感じてしまっていた。愛に関するラスト10分ぐらいは言葉にできない程美しかったし悲しくも感じた。最高!
まる

まるの感想・評価

3.5
前から気になっていたものの中々見られず、やっと見ることができた。
色々考えさせられる映画。
面白かった。
面白い点はたくさんあったが、印象に残ったのは前田敦子のあまりに自然な演技と見事な豹変っぷり。

あと長谷川博己の誰にも届いていない演説場面。
シンゴジラでの立派な演説場面と対比するとより笑える。
jonajona

jonajonaの感想・評価

4.0
最近アツイ劇団イキウメの映画化。

昨日までの隣の人と、見かけは何も
変わらない…しかし概念を奪う侵略者。

とても奇抜な設定ながら描かれる内容は妙なリアリティがある。

主人公夫婦の夫は侵略者になり、妻は戸惑いながらも彼を暮らすなか、不仲だった以前までの彼より、不器用ながら彼女を理解しようとする彼を愛するようになる。
世界の崩壊とともに愛の物語に収束していくラストは見事だ。本当に美しい。

ところで侵略者が巻き起こす事象は反知性主義が蔓延した世界のメタファーだと思う。なにかの認識が抜けたままの人間が、それに気付かず人を先導する。
長谷川博己が民衆に演説を打つシーンでは、背景に世界の国旗がみえる。
侵略者について批判する彼の言葉は、監督の現在の世界に対する言葉なのだろう。
「愛はあなたの内側にあります」

「え、ないですよ」


このやり取りに吹いてしまった。

面白くて、好きな感じ。
ぶっとんだ題材と、ラブロマンスとそぐわない音楽。
3日で侵略って言ってたけど、意外に物理攻撃に弱いのね。

まさみさんは、こういう普通の主婦の方が色気を感じる。
>|