散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

まいか

まいかの感想・評価

3.9
最後までしっかりストーリー展開があって面白かった‼
俳優さんたちの中身宇宙人感がすごい。

概念を奪うという発想。
奪うとどうなるのかにとても興味が持てた。
P銀

P銀の感想・評価

3.0
「散歩する侵略者なんだよ!」ってオメエのパートナーは散歩してねぇだろ桜井!

「SF?それはなんですか?イメージしてみて。それいただき」ってSFという概念が奪われてしまったSF映画。

「概念を奪う」という能力は面白いし、人間社会を考察する知性体という部分は寄生獣を彷彿とさせるが、SF的なやりくりがチープでずっこけた。
宇宙から攻めてこないで「異次元からの侵入」とかにしてくれた方が浸れたのになぁ。

あのウィルスってのは結局何だったのだろうか。
概念を奪う宇宙人てゆうぶっ飛んだ設定でギャグ映画かと思ってたけど、どんどん侵略が殺戮的になってきて雰囲気が変わった。言葉を覚えて成長していくのがAIの進歩にも被って見えて妙に危機感を感じた。
SATO

SATOの感想・評価

1.0
近くのショッピングモールで撮影していたのでみましたが、全く意味がわかりません。
KH

KHの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

概念という概念は最初から知っている

見終わった後黒澤清っぽかったわぁと言っとけば通に見てくれそうなストーリー。もはやシャマラニストやハルキストみたいにキヨシストという造語が作られそうな話。

予兆で宇宙人顔を活かして活躍した東出君が友情出演していたところは胸アツでしたが、それ以外は予兆のほうが面白かったかな。
人類側はもうちょっと重装備で来るとかしようね。まぁそれ以前に人間にうつったことで耐久力0になった宇宙人なんだからいくらでもやりようあると思うけどこの映画で描きたかったのはそんなことじゃないと思うからまぁいいか、、
でも崇高なことを訴えたかったにしてもアンジャッシュの大島をだした時点で本編のほうが前日談より安っぽくなってしまったのは惜しい。
あと正直オチがくだらないと思い冷めた。なんかここまでやっといて今更そんなベタベタなオチかと。

というか調べたらもう"キヨシスト"って言葉あるんだね。。ドン引き( ゚Д゚)
ym

ymの感想・評価

3.6
言葉 vs 概念。
映画「メッセージ」に通じるものが。

必ず最後に愛は勝つ〜♪
め

めの感想・評価

4.8
みているうちに気付いたら侵略者側を擁護したくなっていて、人間の嫌な人間らしさを人間なのに感じてしまっていた。愛に関するラスト10分ぐらいは言葉にできない程美しかったし悲しくも感じた。最高!
まる

まるの感想・評価

3.5
前から気になっていたものの中々見られず、やっと見ることができた。
色々考えさせられる映画。
面白かった。
面白い点はたくさんあったが、印象に残ったのは前田敦子のあまりに自然な演技と見事な豹変っぷり。

あと長谷川博己の誰にも届いていない演説場面。
シンゴジラでの立派な演説場面と対比するとより笑える。
>|