散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

1/3ぐらい見たところで
成美が長澤まさみと気付く

キャスティングが
素晴らしいですね

概念

至福感

概念に囚われるな
ってことか

愛は人類を救う
Redick4

Redick4の感想・評価

4.3
黒沢清らしさがつまった傑作。ただ、この映画のテーマになっているコミュニティーケーションの齟齬というのは日本語的コミュニティケーションであり人類が侵略されるというのはあくまで地球全体に影響することなので元の舞台版がもつ抽象性を欠いてしまうんではないだろうか。

フレアの感じはスーパーeight
しま

しまの感想・評価

3.0
記録用
ゆきさ

ゆきさの感想・評価

3.5
概念を奪う宇宙人というアイデアなかなかよい。切ないけど悪くなかった。あくまで黒沢清作品の割には、という意味で。

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人が人間の持っている概念をどんどん奪っていくという設定がとても面白かった。
他の脚本家の名前を出すのは如何なものかと思うが、私の大好きな野島伸司最近の作品の設定にでてきそうな感じでとてもワクワクした。

概念を奪われた人々は何故か皆今まで縛られていたものから解き放たれたようで楽しそうにしていて見ていて不思議でした。

私的には松田龍平の常に平然としている役がとてもツボで最高。おじゃる丸の宇宙人の星野一家に見えて仕方なかった(笑)

最終的に長澤まさみがどうせ最後だから愛という概念をあげる!とあげた結果
これこそ「愛は地球を救う」という感動的な展開になった所でうるっときた。

めっちゃいい!!最高!!!とまではいかないんだけど、個人的に数日余韻に浸ってしまう映画。また見ようかな.....!
なつを

なつをの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

思ってたのと違った。
松田龍平すこ
ふみ

ふみの感想・評価

4.0
長澤まさみってこんな演技力あるんだあんな表情できない。今まで好きじゃなかったけど大好きになりました。
鮫島

鮫島の感想・評価

3.5
私の 住んでいる
町は 散歩しないで
いただきたい
c

cの感想・評価

2.8
これまでの黒沢清映画、そのあらゆる要素が詰め込まれていて更なる新た味も感じられたけれど、なにかがピンとこず。
自分の心にかちんと当てはまらないもどかしさがあった。

思念を奪われた人間の瞳からはらはら涙が落ちるのが、不穏でありながらも、喪ってしまうことへの不可抗力、無力さが言葉無しに感じられ、無性に胸を打たれた。
やぁこ

やぁこの感想・評価

2.0
不思議な
これが黒沢清ってことなの?

もう宇宙人の侵略は乗り物にのって
攻撃しながらじゃないのか
>|