散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

1/3ぐらい見たところで
成美が長澤まさみと気付く

キャスティングが
素晴らしいですね

概念

至福感

概念に囚われるな
ってことか

愛は人類を救う
もう最初からだめになるってわかってた?
面白かった! チープだし、ご都合主義だし、いろいろ突っ込み所はあるけど、僕の中では、どストライクでした。
荒唐無稽だけど、長谷川さんの演技が妙に話にリアリティを感じさせた。
シン・コジラみたい??
黒澤清監督だから、後味は悪いかなと思っていたら、意外と良かったな。
長澤まさみだね❗️
しんちゃんへの愛が全てだったんだね😢
愛だよ
愛☝️
途中からレンコンをすりおろしながら見た
KO

KOの感想・評価

3.3
侵略者の能力は面白いのだけれど、設定も昔好きだった漫画を思い出し、どうしても比較してしまいました。しかし、端役も含めキャスティングは贅沢です。
ネタは面白いけど、いろんな要素がありすぎて妙に複雑な感じがする。
黒沢清作品にしては、映画的な余白が少なく話がわかりやすいぶん、説明的なのと、展開もご都合主義に感じる。

「概念を奪う」というのもセリフで説明されるので、これも、かつての表現方法とは異なる。
その分、異星人による「侵略」のおぞましさがない。
「奪うよ」って言ってから奪うのも、しっくりこない。

そもそもが「概念」というものを奪う、という概念の感覚や定義が、物語的なロジックとしてイマイチわからないところもまた、乗り切れない。
あと、概念が奪われた人間がどうなってしまうのか、もわからないというよりは、中途半端に見える。
「愛」だけが概念化できないので奪えない、と言いたいだけの設定であるためか、原作である舞台としてはアリなのかもしれないが、映画的には機能しているとは言い難い。
人物造形も、饒舌に若者言葉を話す宇宙人の人間臭さが、やはり乗れきれない。
恒松祐里演じるあきらが、無慈悲に殺戮を繰り広げてもアクションがサマになっていないのでこれまた乗り切れない。
長澤まさみが事態を把握するエピソードが弱くて乗り切れない。
など、はっきり言って映画として不細工に感じるところが多い。
「なんだよ!」って怒り出しそうなとき、ラストで完全にひっくり返された。
この舞台劇ありありな展開と、黒沢清演出と、ガッツリと交差して、映画的カタルシスが高まって最高な時間を味わえた。

ほかに良いところとしては。
部分的であるが、長澤まさみ、松田龍平の演技、前田敦子、満島真之介の演技は本作にある不穏さを表現していて素晴らしいとは思う。
あと、良いかどうかはわからないが、長谷川博己は好きです。
あと、まるで戒厳令下のように画面を横切る自衛隊とか、とりあえず2人で逃げられるところまで逃げようという展開は、これぞ黒沢清!っていう感じで楽しかった。
keketaro

keketaroの感想・評価

3.0
侵略者たちの奇妙さは、ちょっと既視感を感じてしまった。

宇宙人だからデフォルトなのはわかるが、奇妙エピソードをひっぱり過ぎである。

しかし"概念を奪う"というアイデアは非常に新鮮でした。「愛」という概念を無慈悲な宇宙人が手に入れたら、あるいは人が愛を奪われたら、、。
素敵な題材なのでこの部分にもっとフォーカスしてほしかった。
a

aの感想・評価

3.7
癖になる、概念をとるという斜めからの哲学。おもしろかった。
>|