散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

散歩する侵略者〜この題名だけで見たいなって思った🤗
ただ、この作品の評価は賛否両論〜ハマる人にはハマるが、ダメな人にはB級感を超えない感じで期待はずれに🎬

宇宙人の侵略者👽(なぜ、日本だけやし3人だけなん❓)
「奪うよ」って言って概念を奪わう。すると、その概念がなくなる。
ある人は仕事の概念を奪われた〜子供のようになってはしゃぎまくると言ったような感じで次々と概念を奪っていく❗️

最後は本格的に空から侵略が始まり、凄い火の玉ようなレーザー光線のような爆弾のようなもので攻撃があるが、何故か松田龍平(宇宙人)と長澤まさみの夫婦は生き延びる❓
そこには「愛」の力があったから🌹

長澤まさみの妻役が健気でいい🎉
高杉真宙がキレキレで味あります👀
恒松祐里は最強の女子高生👍
長谷川博己は相変わらず萬平さんです😬

で、俺的には最後まで見れるけど可もなく不可もなしです🌱
世に奇妙な物語レベル
Beavis88

Beavis88の感想・評価

2.3
PV面白そうなんよね
ネタ的には昭和に散々こすられたSFモノなので大丈夫?ヤレるのか?と、不安多々
さて....

全くヤレてない
黒沢監督なんだからホラー系に仕上げたかったんすよね?
誰のバックグラウンドも語られないので没入も出来ないし、ノペッとしててつまらない
【概念】なんてモノを対象にするのでね
文章なら良いものを、映像でヤルので説明的なセリフ回しが更に間延びしてツマラナイ
侵略者役全員の宇宙人へのなりきりが下手くそで...いや、監督の求めた宇宙人像がダメなのか?イメージが定まらない
何なの?
いきなりクライマックス的な時間の経過とかさ、行間読ませ過ぎ
ただの中年と今時の若者が闊歩するロードムービーのまがい物
🎬クリーピーから人間味を差し引くのが目論見ならば成功です
つまり
『コレが今風なんですけど‼️』
とか言われると
あ、うん
としか言えない
LiaoHe

LiaoHeの感想・評価

3.8
lovely favorite atmosphere, but the ending is just not good enough
なんやろ?この感じ。タイトルといい内容といい。。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.9

表す言葉はたくさんあるけど、根本の概念って何?とか、この概念がなかったら人ってどうなるの?とか、日常では考えようともしないことに思いを巡らせるきっかけになる映画。
本当に必要な概念にだけ目を向けられたらいいのに、雑念が重なって、よく見えなくなってることが多いなあ。

何がその人をその人たらしめるのか?という命題もあって。哲学。

例えばみかんをもらってありがとうっていう些細なことも、いろんな感情の根本は愛だと映画では結論づけていて、印象的だった。

そして、松田龍平も長谷川博己も、生まれたての子鹿みたいな歩き方が上手すぎる。
愛は勝つ?

才能の無駄遣い
>|