散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

ryodan

ryodanの感想・評価

5.0
2017-09-29

黒澤清監督作。

異色のSF作。単なる黙示録的な破滅を迎える世界を描かず、ラブストーリーを最後の最後で持ってくる、しかもその切なさがたまらなかった。それを長澤まさみさんが見事な演技力で魅せてくれました。破綻していた夫婦間が、侵略者が訪れたことで再生されていく。人間社会が崩壊していく外側と、夫への愛の再生という内側が、外側がどんどん崩壊していく中で、内側がどんどん再生されていく、技巧的だとは分かっていても唸らなざる得ない設定をよく描き出していました。今の風潮は「出発」が大事。ちゃんとスタートを切らなければ、それは失敗。何においても。社会には「再出発」が溢れているのに。出会いにトキメク映画やドラマは腐るほどあるのにね。概念を奪う侵略者たち。奪われた人間達は、徐々に回復するものの、愛を奪われた妻は、人形の様に動かない。今度は夫が献身する。締めも素晴らしかったです。
なかなかぶっ飛んでる感じで悪くなかった。

作品に込められたものを理解するのは難しいけど、人によって感じ方が違いそう。

純粋な愛とかでは無いけど、ガイドとの関係性が徐々に作られていく過程は良かった。
ゆず

ゆずの感想・評価

3.5
完璧な雰囲気作りと粗の差がすごい!納得の平均レビュー3.5!と思った。雰囲気はめちゃくちゃ好きだったし序盤からすごい興味そそられたのになんか色々もったいない!という感じ…。結局この映画はどこジャンルに当てはまるんだろう。でも面白い設定のおかげで退屈させられることはなかったです。惜しいが多い映画だった。個人的に東出昌大牧師役は最高でした。
kiisa

kiisaの感想・評価

3.0
真面目に鑑賞したらつっこみどころが多いと思うが、全体的に不思議でふんわりしたストーリーなのでふんわり見る分には楽しめた。むしろ超非現実的すぎて深く考えてみるのが難しい気がする。
たの

たのの感想・評価

3.3
ジャパニーズ地球侵略サスペンス。
枝葉の部分はすっごい面白いのに本筋は意味わからなすぎてすっごい。
概念を奪う侵略者の扱いが難しすぎて、終始半笑いで観てしまう。すごい惜しい。
ま

まの感想・評価

-
鑑賞記録。
おもしろかった。もう一回見たらまた捉え方が変わりそう。
なお

なおの感想・評価

4.1
愛について知ったからこその結末
愛を共有したからこその結末、でした
松田龍平が感情なくて良かった
東出もある意味感情なかった
こつ

こつの感想・評価

3.5
なかなかの秀作。
とってもヘンテコな哲学系SF。好き。

人間から概念を奪うという発想がいいな〜。メッセージだと、概念を植え付けていった宇宙人だけど。

宇宙人と地球人の会話がいちいち面白くてツボだった。こういうのもアリなんだなあ。
Ayana

Ayanaの感想・評価

3.7
切なすぎる、、、
>|