散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

IPPO

IPPOの感想・評価

3.2
噂通りにペラい作品だった…
が、『羊の木』と並んで松田龍平の演技が良いのでまぁなんとか…という作品。
龍平以外には高杉真宙が良かった。先日観た『見えない目撃者』も良かったんだけど、この子はこの先化けていく男優であろう。

それにしてもやっぱり黒沢清だね。
キャスト豪華なのも、クセのある内容なのも良いと思うけど、観る側を満足させてくれるエンタメとしての気遣いみたいのが、足りなくて物悲しい…。女子高生エイリアンのサイコ設定は見てて不快だし演技の演出もステレオタイプ。キーマンかと思いきや違うし 苦笑。

これ、始終長澤まさみと松田龍平のエイリアン夫との奇妙な生活を描いた夫婦の物語だけなら好感持てた。
サリナ

サリナの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

散歩する侵略者ってネーミング好きだなあと思って上映していた時から気になっていた作品。

所々寄生獣を意識しているように感じたし、
何より中途半端にSF要素を入れているせいでチープさが否めない、、、。
途中で笑っちゃうくらいのCGもあった、、、。

こいつらは散歩する侵略者なんだよ!!と周りの人に叫ぶシーンがあったけど、このタイトルは言わないで良かった感が凄いあった。

散歩、という日常に非日常の侵略者。
この対比が良かったのにそっちじゃないんだよなあ、、、という演出が多かった。

光を上手く使っていたり、そのシーンだけ見れば綺麗な映像はいくつかあったし、
なんだか残念な映画だったなあ。
せがわ

せがわの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いや〜かなり好きかな…
夫婦はエモで愛だったし“アマノくん”とさくらいさんの関係性は良…だったし東出さんが神父役とか聞いてない!聞いてないよ!って暴れた
宇宙人たちが人間の体の脆さ忘れがちなのも良かった
どうせもう全部終わりなんだから帰る前に私から“愛”を奪ってよ、奪ってから帰ってよ、ていうのもう“愛”じゃん…て泣いちゃうよね…
“愛”の概念を得て「なんだこれ…」て腰抜かすの良だし長澤まさみ…えーんきれいだ…😭
ラストもね…あの一言だけで終わるの良くて泣きそうになるな…
それにしても東出さんのカソック?姿は良すぎ
あすか

あすかの感想・評価

3.0
不穏な空気感を味わえた。
見た目でわかる恐怖感より、こういうジワジワ系の恐怖感のほうが好き。
貝崎

貝崎の感想・評価

2.0
全然入り込めなかったの一言なんだけど、この単純でペラいラストもまあなんか、作り込まれてない感じでアリなのかなとか。
クリーピー同様、なんか胡散臭い作りはきっとわざとでそういう作風なんだな。役者の能力の高さと知名度による説得力あってこその映画だと思わずにいられない。
「愛は地球を救う」とこんなにも大胆にひとりよがりに恥ずかしげもなく主張できるのは、長澤まさみのエロい包容力あってこそ。宇宙人だってその気になっちゃう。素晴らしいキャスティング力。
naokit

naokitの感想・評価

3.1
まずはキャスティングが絶妙で、何か足りない不安定な人物を演じてる松田龍平は流石の安定感です。それに対しあくまで普通な人を演じてる長澤まさみも良かったです。

相変わらず黒沢清監督は、不穏な空気感出すの上手いですよね。設定は“ボディ・スナッチャー”を彷彿させる完全なSFなのに、SF感の薄い所がなんとも日本的な気がしました。

なんにせよ、どうやら宇宙に於いての概念の中でも愛は大切らしいのですよ…愛。ε-(´∀`; )
Eee

Eeeの感想・評価

2.7
ところどころ、うん?寄生獣?ってなった。設定面白いけど、長澤の演技は相変わらずいらいらする。松田龍平を宇宙人にするのは天才。たしかに宇宙人なの?って思うくらい理解不能な変な人っていっぱいいるからみんな宇宙人なのかな。私も宇宙人だけど。
松田龍平が良かった!
なー

なーの感想・評価

-
謎...シュールな愛は地球を救う
>|