散歩する侵略者の作品情報・感想・評価・動画配信

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

概念とは一人の人間から簡単に奪えるほど底の浅いものだろうか。
そもそも愛を知っている人間がどれほどいるといえるのだろうか。

一番宇宙人っぽかったのは東出さんでした。
sfよりメタファーが目立つ
shamcafe

shamcafeの感想・評価

2.9
まあまあ普通
hanako

hanakoの感想・評価

-
スパイの妻観る前に黒沢さん予習
たぶん初めて観たのはseventh codeだな

なんとも言えない世界観
淡々と侵略が進む中で、松田龍平と長澤まさみだけ切り取られた2人だけの世界を並行して生きているような感じもした

あんな形で愛を理解するなんて絶対無理
生きていく中で自然とわかっていくものだ
ぼん

ぼんの感想・評価

2.9
悔しいが、凡人には理解不能…
おもしろかったです。三体の感じにも似た地球外生命体のかもしだす雰囲気が妙におもしろかったです。地球を簡単に侵略できると思っているところや地球を侵略するためにまず地球人を知ろうとするところなどなど。あと割と地球を侵略するにしては舞台が郊外だったり、一般人相手だったりと、地味なアプローチなんですが、演者の妙にシリアスな芝居が緊張感を失ってしまうことなく、最後まで見させてくれたのかもしれないです。でも音楽はたまにバカっぽくなるんだよな。なんか不思議な魅力のある映画だったな。長澤まさみみたいな妻、最高ですね。俺なら浮気もしないし、必死で働く。
りり

りりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人による地球侵略の話。人々から様々な概念を吸い取って自分のものにする宇宙人の能力の設定がおもしろい。非常にシリアスな状況にあり人類存亡の危機なんだけど、全然そんな感じがしないシュールギャグのような空気感があり、これまで見たことない宇宙人侵略物語だった。

ラストの「愛の概念を奪ってくれ」ってシーンがよかった。いまそのことで頭がいっぱい、でももういらないからあげるってこれ以上ない愛の告白だよ。

しかし、淡々としすぎていて途中かなり退屈してしまった。130分は長く感じたな〜。
『スパイの妻』を観ようと思った。
黒沢清映画を見返そうと考えた。

黒沢清は大学生の頃、沢山みた。
オールナイト上映を観に行った時、冒頭にトークショーがあった。
トークショー中に腕から血が流れている人が、劇場をウロウロしていた。
凄くドキドキした。

『散歩する侵略者』全体の面白さでいうと普通。
映画としては破綻してないけど、故に全体として惹かれなかった。

ただ、すごい変なシーンがたくさんあって、そこは面白く、好き。
特に好きなシーンは、長谷川博己が台に立って演説するシーン。
謎の万国旗と、第3の壁を超えるセリフ。

あと、長谷川博己の役、最初の方では凄くガサツな人だったのに、最後の方ではゴミとかもちゃんと捨ていて、ウケる。


最後、どうせなら侵略されたほうが良かった。
そういう愛の形もあると思う。
>|