散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 149ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

宇宙人に概念を奪われる話。

映像の質感というか色使いがなんか好き。

内容は奇天烈だけどとりあえず愛って大事なんだなあと。
僕は愛より友情派。
m

mの感想・評価

3.7

ずーっと不気味。新感覚
途中理解不明なとこもあるけど
ある意味おもしろかった!
キャストも全員よかった
人間が簡単に使う言葉の概念
宇宙人が教えにきてくれた
映画『メッセージ』的な(違うか)
ただ後遺症が確かにつらいなぁ
上田

上田の感想・評価

4.0
宇宙人の襲来とか、忍び寄る脅威とか、大衆の無関心とか、世界の終わりとかの大っきなモチーフが、ロードサイド(たぶん)のラブホテルの一室に集約されていくその安っぽいファンタジーだけで1億点ですよ。残りの三億点は長澤まさみの可愛さですよ。
瓦礫

瓦礫の感想・評価

3.6
とてもロマンチックな映画だと思った。
まず設定がおもしろい。
侵略者たちは人間から概念を奪い、それを奪われた人間はその概念を喪失してしまうという設定。

この映画の観客は侵略者たちの問いに自問自答せざるを得ない。
自分にとって、家族とは?自分とは?愛とは?

???

人間という存在のおかしさ、脆さ、そういうものが露呈していくその先にあったのは人間賛歌だった。

そういった意味でこれはとてもロマンチックな映画だ。
地球最後の日

うーむ。
全体を包む不気味な雰囲気は好きやし、飄々とした侵略者たちのどこか憎めないキャラクターや概念を抜きとる設定も面白い。

でも??が多すぎていろいろと釈然としないので、勿体無く感じた。
攻撃による侵略=人類殲滅なら概念奪う意味なくね?とか。病院のシーンでこんなに概念奪われた人おったか?とか。
その他もろもろ気になった。

役者が皆上手い人やったのが救い。
長谷川博己、松田龍平を差し置いて長澤まさみが光ってた。彼女あんなにいい女優さんやったんか!とびっくり。
・序盤のゾワゾワ感は最高。淡々と進む展開も話の落としどころもまあ良かったと思う。
・原作が舞台だからってのもあるのかもしれないけど、人間役の人たちは全体的に台詞も演技も芝居がかっていた気がする。その分淡々とした宇宙人たちが際立っていたので、そういう演出かもしれないけど。
・この長澤まさみですよ。やっぱり綺麗だ。杉村春子風の「やんなっちゃうなあ」もそうだし、演技が良かった。松田龍平は佇まいだなー。この人はこういう異質な役が本当に似合う。一瞬出てきた東出昌大はなんかかなり凄みがあったし、あとは宇宙人の高杉真宙が良かった。
・コメディ要素は要らなかったんじゃないかな~とも思ったけど、むしろああいう軽さこそ大事だったのかな。考えてみれば結構雑な部分も多いわけで、マジなSFというよりはSFの姿を借りた人間物語だったのだろう。コメディっぽさはヴォネガットに通じてる。
自分としては予想外に面白かったが、なんて感想を書けばいいのか非常に難しい映画です。

概念を奪う事で人間の事を学習していく宇宙人。概念を奪われた事でおかしくなる人間もいれば、余計なしがらみから解かれ、活き活きとして来る者もいる。侵略では無く普通の人間の話と置き換えても成立しそうだ。

女子高生に乗り移った奴が、最も短絡的で残虐で、アクティブなのが面白かった。個人的には長澤まさみの大ファンなので、ずっと彼女のバスト周辺が気になって仕方なかった。www

私には侵略は止まっても、『しんちゃん』の『学習』は、最後までずっと続いてる様に見えたのだが‥
果歩

果歩の感想・評価

3.5
怒りながらも愛故にしんちゃんをほっとけへんまさみがかわいい映画。ほんまに結局あの追いかけてくる奴ら何者やったん!!!気になりすぎて寝れん
2015年に公開された「岸辺の旅」では、行方不明だった夫がある日突然帰って来て、
「俺、もう死んでるんだ。」
だったけど、今作は、
「俺、宇宙人なんだ。」

というワケで、謎の宇宙人に身体を乗っ取られたという夫(松田龍平)と、それに翻弄される妻(長澤まさみ)のお話と、
殺人事件を取材するうちに、宇宙人と知り合い、共に行動するジャーナリスト(長谷川博己)のお話で主に構成される。

人間が考える『概念』をその思考から盗み取り侵略に利用するというメカニズムはよく分からんが、
決して恐ろしげでもなく、普通の姿でカジュアルに侵略の準備をしてゆく様と、徐々に日常が変わってゆく様は、不気味で滑稽だ。

主人公夫婦は、夫が身体を乗っ取られる前には既に夫の浮気により、信頼関係が破綻していたようだが、
以前の夫はどんな人間だったのだろうか。
...と、気になった。

奇妙なお話だが、切ない余韻を残す、自分的には好みド真ん中でした。
こいけ

こいけの感想・評価

4.1
概念…理解している物事に共通している特徴。だそうです。ググりました^ ^笑

今回の侵略者は人からこの概念を奪うという‼️なんてこった‼️笑
細かい気になるところはなさたくさんあるけどすんごい新しくて面白い‼️

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
オープニングは謎の一家惨殺事件からスタート😱
その場面とは別でストーリーがスタート、
行方不明だった夫(松田龍平)は記憶喪失なのか、ほんとに何も知らなかったような別人のようになって帰ってくる。
不仲だった妻(長澤まさみ)はその態度に戸惑いと怒りを覚える。
その場面とは別にジャーナリスト(長谷川博己)は一家惨殺事件のことについて調べ始める…
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎


概念は共通している特徴とあるが、この映画は共通の認識の薄い難しい概念を奪う。

その概念を奪われて悲しい人、嬉しい人など奪う人によって深い意味で共通していない深い深い映画💧

なのにCGが少し粗かったり、所々クスッとシュールな笑えるネタを挟んできてストーリーもわかりやすくて、いやぁ思いのほか本当に面白かった😆


他の国の人々から概念を奪うとまた違うストーリーになってそうで面白い!
ハリウッドでアナザーストーリーとか観たい‼️笑


是非世界から『戦争』という概念を奪って欲しい…💧