散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 149ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

今回はブラックユーモアな映画でした。
ドッペルゲンガー寄り。

お馴染みの曇天、照明暗くなる、車内シーン、ダッサいCGもご健在。

すっげぇ笑えた、テーマもテーマで「なるほどな、テーマからシチュエーション構成したな」って映画です。

「人類にも裏切られるじゃん」この言葉に尽きるが愛は万物の中でも最強。
そんな映画。

良かったです。
恐らく原作は、面白いだろうね。
映画は、悪くはないんだけど
眠たくなる時が、ある。
映像の問題かな?
 多分今年劇場で初めて見る新作邦画。SFだけれどもジャンル分けすることができない奇妙な映画だった。
 黒沢清監督はいつもどこか言葉を信用していない気がするが今回はまさにその言葉ひいては概念がひとつのキーになっている。地球を侵略する宇宙人は地球人の身体を乗っ取り次々と概念を頂戴している。その副作用として、宇宙人に奪われた概念は地球人からは消滅してしまうというヘンテコなストーリーになっている。ここで面白いのは概念を奪われるとなんだか不幸になってしまいそうな気がするが、割といい方向に進むパターンもあるということだ。異化効果っていうのかな、固定された価値観を揺さぶる台詞回しが面白い。
 後半にどんどん話が収束していくのだが、オチが割と雑・・・というか「まあ、そうなるよね」って感じだったのが残念。
cxxmpx

cxxmpxの感想・評価

3.0
人物の背景で風で揺れる葉っぱが不穏な雰囲気を醸し出していたりして、前半からこれはどうなるんだろう?と期待しながら観ていたがオチが愛というところが少しガッカリした(自分の好みでは無かった)。

主人公二人がショッピングモールみたいなところで逃げるシーンの音楽が「宇宙戦争」みたいだった(トム・クルーズが最初にトライポッドから逃げるシーン、監督は宇宙戦争好きだったはず)。
Stephen30

Stephen30の感想・評価

3.8
黒沢清監督すきだから全然いいんだけど、ん??って所はある。それでも妙に納得して観られる監督の手腕

感情的な長澤まさみさんと無感情な松田龍平さんの温度差、コメディに見えてしまうけどリアル。良いお芝居しますねぇ

宇宙人に乗っ取られた人の怪演が見事。誰とは言えないけど凄い歩き方するなぁ
猫の雫

猫の雫の感想・評価

3.8
全ての感情の源流は、愛

色んなことを考えさせられました。

しかし、SF要素いる?笑
kyoko

kyokoの感想・評価

3.6
もっと不気味な感じかと思ったら、意外とコミカルで、たまにクスクスっとなる。
キャスティングも良かった。
飄々とした松田龍平、ふざけてるんだかマジメなんだか分からない長谷川博己はもちろん、東出昌大は最近ハマり役続きだ。
そしてあの映画音楽w

全編通して出てくる【概念】
「家族」「所有」「自分・他人」「仕事」「自由」……あとなんだっけ?
これって人によってかなり変わってくると思うのだけど、そんなバラついた統計で大丈夫なの、宇宙人。
私も観ながら自分なりに説明あるいはイメージを試みるがこれがほんとに難しい。
そして「愛」
これを概念として伝えるなんて絶対無理だわ、と思っているところに終盤の夫婦のやりとり。これはぐっときた。

ただ、いよいよ侵略ってところは角川春樹かよ⁈っていう感じ。あのチープさはわざとなのかなあ。
数日行方不明だった夫。
保護された時にはまるで別人。
挙句自分は宇宙人だと言い出す始末。

という、外見は人間でも中身は宇宙人に侵略されるストーリー。海外では「ノイズ」、「インベージョン」等俊逸な侵略映画で馴染みのあるネタだが、邦画では珍しい。

松田龍平は流石。何を考えているのかわからない、ぬぼ〜っとして素っ頓狂な事を言い出す夫(宇宙人)がハマリ役。
夫の浮気が発覚した直後の妻の難しい感情を長澤まさみが好演。長澤まさみなら怒られてもいい!胸をどんどん叩いて髪の毛わしゃわしゃされても怒られたい!

松田龍平他2名の宇宙人達はいわば斥候の役割で、人類の「概念」(家族、所有、仕事等のイメージ)を奪っていく。概念を奪われた人類はその事が何だったのかがわからなくなり、奪われたものが多い程廃人の様に人格障害を起こす。

暴力的ではないが、かなり致命的で独創的なこの侵略行為が映画として非常に効果的で、恐ろしくもシュールで奇天烈なこの映画独自の世界観の構築に一役買っている。

ストーリーもキャストもいい映画なのだが、若干不満が残る。元々は舞台が原作との事なので、映画ならではの演出がもっと出来たのでは?と首を傾げざるを得ない。

スーパー戦隊とか、仮面ライダー等の特撮番組で、地球侵略を企む悪の組織が、何故いつも決まって日本の一つの街しか襲撃しないのか、と子ども心に疑問に思った事はありませんか?僕はめちゃめちゃあります。
「地球侵略!」「世界征服!」言ってる事はデカイのに、やってる事はちっさ!!

それと同じ事がこの映画にも言えます。
人類の危機なのに、映し出されるのは静岡の街の混乱、出動するのは静岡県警。

ハリウッドのSFモノだったら、大抵ニュース画面でちらちらと世界各国の侵略の様子を写すもの。それがお約束。
舞台原作をせっかく映画にしたのなら、日本の他の地域、世界中の混乱の様子を多少見せるべきでは?地上に降り立った宇宙人が3人だけだったとしたら(どうやら設定としてはこっちぽい)、何故静岡のこの街を選んだのかがわからない。そのあたりもう少し何とかならなかったんだろうか。

そしてラストが残念。
ちゃちなCGを挟み込んでしまった事、侵略の最終段階も夫婦しか映し出されていない事が災いして、侵略のリアリティが感じられない。概念を奪う様なスマートな宇宙人なのだから、侵略の仕上げはもっと別の見せ方が良かったかも。

ラストに至るまでは、なかなか面白く観れていただけに残念。
のこ

のこの感想・評価

2.0
脚本がダメ、映像もダメ!
退屈で、全く面白くなかった!

あれだけの役者を揃えながら
よく我慢して、出演したなあと!

後味悪く、フリーパスだから観たけど~時間の無駄だった!
tea

teaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ちゃんと考えてますか、想像してますか

って事な気がしてます。
長谷川さん、絶対観てる僕たちに言ってたし。


愛、とか、概念、とかの話もあるかもだし、
サスペンス、ホラー、コメディ、ラブとかのジャンルがいっぱいとかも書かれているけど、

宇宙人に置き換えただけな気がする。




スクラップヘブンのオダギリジョーを思い出した