散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

一

一の感想・評価

-
概念奪われた人たちがどこか解き放れたように見えるようにこの作品自体もスカッと突き抜けたラブストーリー。ずっと不機嫌そうな長澤まさみも最高に可愛い松田龍平も投げやりな長谷川博己もよかった。
Pigspearls

Pigspearlsの感想・評価

4.0
久々の黒沢清、どころか久々の邦画。

シン・ゴジラ以降ぼんやり避けてきた日本のインテリジェント映画ですが、これは黒沢清らしい美しさと闇の深さと黒沢清と思えないほどの健やかさと人間愛の両方楽しめるやつ(褒め言葉)

脚本がギリギリメジャー感を失わないわかりやすさを保ちつつ終末的世界観が練りこまれてて鳥肌。
(ある意味、スピンオフの予兆のほうが容赦なくて素直に黒沢清っぽい。)

松田龍平が昔の浅野忠信みたいだったり長谷川博己は渡部篤郎ぽかったり長澤まさみはエロ控えめなんだけどファムファタル感タップリでやっぱりこう、何か想起させる作品内で完結してないキャスティングは映画ファンにはたまらない。

学生の頃キュアやユリイカ観て蓮實重彦の評論読んでよくわかりもしないゴダール観て喧々諤々映画について語っていた旧友たちに久々に会いたくなりました。

目黒シネマにて。
しきぶ

しきぶの感想・評価

3.5
先にスピンオフの予兆を見たためか、少し物足りなく感じた。ヒステリックだけど魅力的な長澤まさみの脆さだったり、ミステリアスだけどフレンドリーな高杉真宙の軽さだったり、役者を楽しむならこっちに軍配があがる。
概念を奪う時の正体カットに対して、ラストのずっと寄り添うよと言った後の長澤まさみへの寄りのカットが斜めから撮られてる、そのズレがなんとも哀しい。
原作に当たったミサイル攻撃のくだりを長谷川博己vs航空爆撃機で消化する痛快さは素晴らしい。
あと恒松祐里のアクション。
だま

だまの感想・評価

3.5
概念を奪うっていうのがわかりそうでわからなくてちょっともやもや(笑)作品としては感動もエンタメもあって楽しかった。
KENNYBOY

KENNYBOYの感想・評価

3.1
あり得ないけど、あり得そうなほど質素に進む世界の終わり。言っちゃえば地味。しかし、奇妙なことに、この映画はエンタメとして機能している。シュールさも絶妙で意外にライトに観られる。実力派俳優たちの芝居のおかげでもあるが。オープニングはかなり格好いい。愛、か。
tetsu0615

tetsu0615の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

面白く無かったとはいわないが、手放しで絶賛出来るかはビミョー。

3人の侵略者が人の概念を奪っていくというストーリーは斬新だし、静かすぎる侵略は独特のハラハラ感を生む。

長澤松田パートはどこかライトサイド、長谷川パートはダークサイドと言ったところか。

長谷川パートは侵略者の目的ややり方等が明らかになっていくので非常にドキドキするし、侵略者と人類の戦いの部分も描かれるので迫力あるシーンも多い。
長谷川演じるジャーナリストも彼らとの奇妙な旅路の中で様々な表情を魅せる。
ゆえに、彼はどういった存在だったのかよく理解出来なかった。
ジャーナリストゆえに彼らに最後まで付いていったのか、奇妙な旅路の中での友情に似た何かなのか(最後のマシンガンのシーンとかMOZUの東にしか見えない笑)

長澤パートは要するに最終的には愛の物語である。
宇宙人と言われても性格が変わってしまっても夫を想う妻と侵略者ではあるがどこか妻への想いが出てくる夫。
最終的に妻から愛の概念を奪い、愛の儚く尊く深いものを知り、侵略を辞めるに至る夫と愛を失い抜け殻のような妻のラストシーンはどこか切なく儚い。
最終的には愛の物語として成立するストーリーだが、概念を奪われた人達がどこか奇妙になるのは分かるが、それがどういった効果として現れるのかイマイチ分からん。(分かるところもあるし、恐ろしさもわかるが。ある意味コレも狙いか?)
また最期に改善傾向にあるというのも謎であり、彼らの目的もイマイチ分からん。死にかけの時に身体を移り変えることが出来るらしいがじゃあ何年もいたのか?世界中にいたのか?それとも来たばっかり?(イマイチ常識不足なあたりとか人殺しすぎとか、最初の惨殺はなぜ?)
色々と疑問点はあるものの面白く無かった訳ではないし、物語から目を離せなくなるのはよかったのでそれなりに満足でした
黒沢清作品は『アカルイミライ』『トウキョウソナタ』あたりを最後に観ていなかった。でも、割と好きな監督である。

最初のほう、黒沢作品への印象とだいぶ違っていたので少々戸惑った。独特な難解さや、とっかかりにくさがそぎ落とされ、とても“分かりやすく”なっていたのだ。何かの罠だろうか?

今までの作品では“何だかわからないもの”が社会を侵略していて、それこそ分かりにくさが繁殖していたのだが、宇宙人という概念がついた途端、鑑賞者側が勝手に理解分類しやすくなった、ということかもしれない。(それでも、何か引っかかるのだが)

だが、ラストまで観ると、人間の意識の内奥に迫るスタンスは変わってないのだと気付いた。黒沢清入門には最適と思える。本作をきっかけに多くの人が[黒沢清]沼に侵略されてほしい。
これほんとよかった

ドゥニなんちゃら監督の『メッセージ』に匹敵する驚きと感動を貰った気がする。私見だが、和製メッセージだこれ。

余談だが「地球をリセットしたい作者の願望」を登場人物の誰かに託す日本の作品は大体好き。庵野作品(エヴァだとゼーレ&碇ゲンドウ、シンゴジラの牧悟郎)や、漫画Eden、そしてこれ。そういう作品を作る人はきっとインテリ気味で、馬鹿な人々を見下しウンザリしてるんだろう。本気でリセットさせてやろうと考えてそう。
今作の長谷川博己は、ジャーナリスト=社会の観察者としてその視点を冒頭からめいいっぱい披露してくれた。

そしてそういう作品は大体、作者の本心に隠れていた「それでも人間を愛したい」的な願望によって運命が変わる。そこが好きだ

https://youtu.be/qww3E-MgVsE
「信じられないかもしれないけど、一度考えてみてください!!!」

人間から「概念」を奪ってるんだ。

金魚から始まる不穏な音と空気、まるで人格が変わってしまった旦那、、どんどんと世界に引き込まれてしまった。

「愛は世界を救う」なんてセリフありふれているけれど、こんな形で表されるとは思っても見なかった。

鳴海の愛、侵略する宇宙人、無関心な人、惑わされる人、、「''愛''を知らないままなんて人類の重大な部分を誤解してる」

SF作品というジャンルに入れていいのかわからないけれど、私の知っているSF作品の中で1番好きだ。見終わった後もラストのしんちゃんの言葉がずっと残っている。

ふらふらと散歩をしながら侵略して行く宇宙人。ショッピングモールで桜井が叫ぶシーンはせつなかった。

舞台が元の作品と知り舞台を見て見たくなった。
〈巨匠たちの現在地〉
18:30開映(20:50開映『アウトレイジ 最終章』併鑑)