散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

TAMA映画祭にて鑑賞。
シリアスな映画だと思っていたが、場面場面で笑えてしまう。

コメディとはまた違うんだけど、映画のカラーは明るくて、長澤まさみの怒りっぷりがハマってた。
すっかり変わってしまった松田龍平演じるしんちゃんに、イライラしながらもやっぱり気になってほっておくことができない。

素直で時折優しさを見せるしんちゃんに、次第になくなりかけていた愛が戻っていく。

宇宙人が人間から奪うものも、命ではなく物事の概念。
なんとも奥深い。
考えすぎてしばられてしまっている概念を宇宙人に取られることで、取られた本人は楽になる人もいる。

物事に縛られすぎずている現代で、大切なのは縛られている様々なものよりも、愛なんだ、とゆう温かいラスト。愛は宇宙人をも変えていく。

松田龍平のあの真面目なんだけどとぼけた感じが面白かった。
ハマり役だった。

長澤まさみの母性のような大きな愛。
愛を失った長澤まさみは抜け殻になった。ずっとそばにいるよ。
長澤まさみの愛全てをもらった松田龍平演じるしんちゃんの言葉。

頭でっかちにならずに、愛情をキチンと日々伝えていける人になりたいなぁと思いました。
ゆめこ

ゆめこの感想・評価

3.9
面白かったのですが予告編と映画そのものがちぐはぐだな、という感じがしました。
予告編を見るとシリアスものなのかな?という感じだったので、本編見てても笑かしてきてるところに対して笑っていいと思えなかったです。
倫理観がわりとギリギリだなと思いました。でも好きです。
どちらかしか持てない「愛」

昔からのSF映画の良くある設定では日常に潜む宇宙人というのがあります。例えば『ボディスナッチャー』『寄生獣』なんかがあります。こちらは極めて狭い範囲の中で起こった出来事を描いています。そういった意味では『ボディスナッチャー』に近いかも…

概念を奪われるって最初はよく分からないことだったけど、映画を観ているうちに人間が豹変してしまい大変な事だなーって感じた。

前田敦子とか満島真之介なんてちょっとしか出てこないけど、記憶にはかなり残る豹変ぶりだった!
宇宙人侵略というスケールの大きいテーマを、一家庭、一個人の生活に落とし込んだ作品。
「概念」を宇宙人が奪いながら地球人の事を学んでいく設定だが、失って気付く大切さだったり、失ったことで新しい何かに巡り会えたり…を感じられる作品でした。コメディ感あって、そんなにシリアスな感じにはならず面白かった。
しみ

しみの感想・評価

5.0
観終わった時に、うん、意外と好きかも。と思えた映画でした。
おすぎ

おすぎの感想・評価

3.8
ひと組の夫婦の愛のお話。

長澤まさみと前田敦子の姉妹キャスティング良いなぁ
あと長谷川博己の内側に寄った胡散臭サングラス

長澤まさみは本当にいい女優さん!
そして松田龍平が最近観れてなかったので心少し潤った
Yahiro

Yahiroの感想・評価

3.5
ヤツらを通して
ふと考えさせる瞬間もオススメ
こだか

こだかの感想・評価

3.5
龍平さんって宇宙人ぽくて、ほんとにぴったりだと思う笑
・愛について深く深く知りたくなった
・どっちかしか持てない愛はすごく辛い
※個人的バイアスが相当です。そして、「予兆〜」鑑賞後に書こうと思い遅くなりました。

黒沢清監督がSFをという事で、
軽い気持ちで鑑賞したが凄まじく打ちのめされた。

まず、2017にこの質感の邦画SFが見れることに驚き、本作は黒沢清監督感が少し薄まってるとも言われているが、確実に
現行、黒沢清監督にしか撮れない映画でもあると思った。

その時点で個人的にもうベスト。


日常の中で起こる侵略
まさにウルトラセブン 。
(古くはボディ・スナッチャー/恐怖の街(56)。)

私の趣味嗜好の原点にあるコンテンツが「ウルトラセブン 」があるという事を再度、認識させてくれた本作。

本作初見後、セブン全話(12話除く)を一気見したが、質感は完全に一致。
狙われた街(8話)やダーク・ゾーン(6話)の質感。
本作のタイトルも
散歩する惑星(32話)+侵略する死者たち(33話)
ガジェットも宇宙と交信するやつとか、そんな雰囲気。

原作者かつ劇団イキウメ代表の
前川知大さんもしっかりその文脈を経た上での原作・舞台との事で、間違いないなと。

また、セブン以外にも
カーペンター作品等々の文脈もしっかり感じられ、抜かりがない。


映画の内容としては、
松田龍平・長澤まさみ軸と
長谷川博己軸の2本で進むので、
非常に飽きずに見やすい。

万人ウケするかと言われると、
難しいところだが、
それこそ役者陣の演技が全員強力で
かなり大衆向けに落とし込まれているので、見ずに煙たがるのは損かと。

昨今の侵略SFは
ハリウッド製のビッグバジェット映画で溢れかえっている中で(別に嫌いではない)
侵略SFを日本で撮るならコレ!
という"現行の決定版"が出来てしまったなと。



個人的には、完全にクラシックになりそうです。