散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ面白かった。
「どう撮るか」部分の安定の黒清感もいいけど「何を撮るか」部分もすごくよくて、ミステリーだけで終わらないアクション的緩急がすごくよかった。クリーピー超えた。
人間の成長の過程を再確認するような話の筋と同居するSF感のバランス!
万人におすすめはしないけど、映画に求める全部が入ってるし、不条理さとか、オチのなさみたいなことも含めて、その要素要素のセッティングが自分にとってはすごく腰に来るようにセットされているようないい塩梅だった。
あと、郊外の風景が自分が親しんできた風景とすごく似ているような既視感と言うか、原風景的な感覚が強かったのでそれもよかった。
黒沢清の作品によくあると思うんだけど、看板などの特に地名や店名などの文字情報が画面に入らないように丁寧にコントロールされていてニュートラルな世界観を出してるのもさすがと言う感じがした。

恒松祐里ちゃんのアクションがかっこよくてかっこよくて。
侵略者たちの表情もよかったな。
長谷川博己もあんま好きじゃなかったんだけど好きになったな。

5点はやりすぎのような気もするけど、でも今はそんな気分なんだよな。公開時に観てわいわい騒ぎたかったなと反省。
TICTAC

TICTACの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり愛が世界を救うんだ(笑)
長澤まさみが人類を救った

トラック横転してるのバックに、女の子が笑いながらスキップする冒頭 感動した
初めて劇場で黒沢清監督の作品観れた 感動

予兆も観たいな〜

キャスト陣はおなじみの方が多くて嬉しい
DON

DONの感想・評価

-
これは『リアル 完全なる首長竜の日』でも感じたのだが、SFというジャンルは黒沢清にとって鬼門だと思う。

人間から概念を採取する宇宙人という設定。「所有」という概念を失った者は争いごとの無益を説き、「仕事」の概念を失った者は子どものように遊び呆ける。いわんや「愛情」を失えば、だ。

それらの皮肉や滑稽さは、宇宙人=SFという設定が人間という存在を逆照射するための道具立てであり方法論であることを浮き彫りにする。つまり、総じて説教くさいのだ。

黒沢清という映画作家=原理主義者は、映画の原理である虚実皮膜、幽霊や人知を超えているかに見える“曖昧な”存在者(時にそれは猟奇殺人鬼でもある)を曖昧なまま描くことはできても、虚実の境界線を明確に引くことはできない。宇宙人らしい存在は描けても、宇宙人そのものは描けない。描こうとすると、途端に白々しくなるか、娯楽性の名の下に首長竜を登場させてお茶を濁してしまう。

『アカルイミライ』の地底に浮遊しているクラゲの大群はあくまでクラゲの大群であり、それ以上のものではない。そこに暗喩や意味を読み取るのは観る側に託されている。

だから、本作で最も感心したのは、長谷川博己が宇宙人に憑依されたのか、されていないのか、曖昧なままに決死の覚悟を持って、敵対する地球の侵略者たちへ交信の波動を送る場面だった。自らの信念にのみしたがい、行動する者。それこそが黒沢が信奉しているアメリカ映画(例えばアルドリッチやペキンパー)の登場人物であり、活劇といえるのだから。
ななな

なななの感想・評価

4.5
ミステリー要素とほっこりする要素がどちらもあって好きだった!二度観た!
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.4
黒澤監督の作品は苦手意識があるが、これはおもしろかった。宇宙人が概念を奪うって、なかなかのテーマ。
長澤まさみの終始怒ってる感じの役いいなぁ。そして高杉真宙や恒松祐里の魅力に気づいた。
概念って、愛って、言葉について考えた作品。

このレビューはネタバレを含みます

黒沢清作品!って感じが私はしました。
あのハッピーエンドでもバットエントとも言えない感じが後を引く(?)作品
好きなんですよねぇ~

概念を抜かれた人たちが膝から崩れ落ち涙を流すシーンは統一性があって良かったと思いました。
あと、松田龍平さんの地球に歩きなれてないグニャグニャ歩く感じが松田龍平さんに合ってて良かったです笑

東出昌大さんが牧師役をして愛について説いているのがめちゃめちゃしっくり来ました、東出さんが言うことによって愛の闇も見えてきた気がして良かったです!愛はでかいな、哀しいな。
キャストが豪華で凄いなーと思いましたが、個人的には児嶋さんが一番怖かったですね…目に光無く笑っている感じが…
あとは、最後にしんちゃんが発するのではなくナレーション?でラストのセリフを言ってるのがより後味ひいてました。
黒沢監督作品久々観賞。松田龍平のとぼけた感じ、長澤まさみの優しさ、とても良いです。高杉真宙、恒松祐里、笹野高史。いい芝居です! 大切な概念🤔
めぐぐ

めぐぐの感想・評価

4.4
宇宙人といいつつも、やたらめったら攻撃してくるのではなく、頭脳戦?心理戦?だったので、斬新!

オープニングシークエンスを褒めている方がいたので、注意して観ていたら少しグロテスクなものの、引き付けてくる、インパクトのあるものでした
またそこの部分だけじっくりと観たいです

前田敦子も少し出ていて、可愛かったです

長澤まさみはずーっと怒りっぱなしでしたが、怒りつつも優しさが含まれていて素敵でした
こんな愛のある怒り方できるの彼女だけ
素敵な奥さん役!

松田龍平はひたすらボケーっとした雰囲気を出していたにも関わらず、途中から真面目な顔をしていたことにハッとさせられました
最初と最後の表情が違うので同じ人なの?と疑ってしまうくらいでした

キャスト最高!

またじっくりと見直したい映画です、これは!
私の中で2017年に公開されたベスト映画です!
愛、がなんたるかを教えてくれる作品はやはり素晴らしいし、大好きです。
rhum

rhumの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・一応「愛は地球を救う」的な着地なのに、そこがやや投げやりな演出なのは何なの?
・仕事の概念取ったら幼児退行化しちゃいましたーっていう、観客に全力でツッコミ入れてくれと言わんばかりの展開は何なの?
・恒松祐里さんの、向かって来る奴全員を余裕でボコる身体能力の異常な高さは何なの?

もうイヤんなっちゃうな!