散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

切身

切身の感想・評価

3.3
キャストが豪華なわりに番宣?なくてあんまり知られてないのでは…?!もったいない。
邦画、最近これ系の内容多い気がする。
長澤まさみの可愛いところ見れた。最近肝っ玉座ってる役多いけど、女の子だものね。
HARUSUI

HARUSUIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

劇団の作品が原作の映画なのですね。
宇宙人3人(映画の中で、本人達がそう名乗っている)が侵略を目的に、人間の概念を取り込んで、最後は侵略できず、愛が勝った…という流れです。
グチャグチャベチャベチャドロドロという場面は冒頭それらしき残骸がちらっと出るだけで、この映画はあくまでも、概念を相手から奪い取ることによって理解するという、おもしろい発想です。
家族、家、自由、仕事、目障りなど、ここまでは結構なかなかの単語と概念を吸収していきます。
自分もその概念の正解を知りたいぐらいです。
思考を奪われた人間は、その奪われた概念だけ欠如します。
そんな人間が、沢山病院に流れこんできますが、いつの間にそんなに吸収したのでしょうか?そもそも3人のうち誰が…?
若い人間に入った2人の宇宙人は、目的にまっしぐら。侵略、侵略と念押しのようにガイドの記者に刷り込みます。
一方、最終目的よりも、人間の生活や言葉・思考に興味を持った大人に寄生した宇宙人。離婚ぎりぎりのところだった妻と少しずつ、距離を縮めます。
この3人の違いや、侵略までの時間がゆっくり、じっくり描かれています。
難を言うのであれば、ガイド役2名の宇宙人の受け入れが何ともスムーズで、そこに時間を割く必要はないと考えてのことでしょう。
高校生に寄生した宇宙人の最期、あっけないです。あれだけ侵略にこだわって、邪魔する人間を殺害してきたのに「もういいや」って〜!
いくら、任務は果たしたからって、侵略見届けないでいいの??です。

何より一番、それはあまりにも、ありきたりではないでしょうかと思ったのは、大人に寄生した宇宙人の、最後に吸収する概念が「愛情」って…それも、妻から吸収する。その感想が「うわ、何だこれ、なんかすごい」のようなセリフ。
愛情を理解したら、そんなセリフでは済まないと思います。

最後、野戦病院のようになっている病院に入院中の妻、ボランティアで物資を運ぶ夫(宇宙人なのか、本来の夫なのか)、何故か元大物アイドルが医師役でちょい出。終了。
これって、やはり、スピンオフの映画観ないといけないパターンですか?
東出さんや小泉さんの、ちょびっと出演が気になります。
そして、厚生労働省の謎の老人と仲間達。あれは何?誰?どうしたいのでしょう?

忘れてはいけないガイド役の桜井、あれだけ色々動き回っていたけれども、何か重要な役割を果たしたのだろうか?もちろん、交信のためのスウィッチONは重要でしたが、全体的には影が薄かったです。

演者のこと。
演技、みなさん実力ありますよね。
前田さんも上手になったものだと感心です。
笹野さんの不気味な感じも、長谷川さんの振り回されっぷりも、違和感なかったです。
松田さんと長澤さんの夫婦役も、少しずつ、少しずつ歩み寄ろうとしている二人が手に取るように分かって、さすがだなと思いました。
芸人の児島さん、自分は受け入れ難いほど、ひどい演技だと感じました。
芸人さんとしては好きなので、勿体無いです。

全体的に、アイディアは面白いのですが、ペースがゆっくり過ぎて、少々退屈してしまいました。
ラスト、もう少し何とかならなかったのかな?と疑問もあるので、平均です。
Maya

Mayaの感想・評価

3.8
各キャラが立っててよかった〜!
個人的に天野くん好きww
邦題と世界観がめっちゃ合ってる。シュールなSF、邦画の良い部分が生かされてるとおもう。
洋画にこの雰囲気は出せない。
細かいツッコミ所は満載だけど、大枠の雰囲気良いなぁー
sary

saryの感想・評価

3.2
概念、言葉、愛、とは何か。
松田龍平と長澤まさみのコンビ
なかなか良い。
kumaki234

kumaki234の感想・評価

3.1
長谷川博己さんが好きで見ました。最初は不思議な世界観で面白そうだなと感じました。ストーリーの展開が早く、細かい部分が気になりましたがまぁ、いっかと思わされた作品でした。日常の話から最後はいつの間にか壮大な話になっていき、不思議な作品だなと感じました。ストーリー展開が早い作品が好きな人にはオススメです。松田龍平さんの演技も素晴らしかったと思います。

長谷川博己好きとしてはなぜここで長谷川博己さんはこのような表現をするのか分からないというシーンがいくつかありました。そういう役なのでしょうか。あまり理解できませんでした。。
独特な世界観。
途中から最後が見えていたけど、その後の長澤まさみも気になる
うにょ

うにょの感想・評価

1.5
意味分からん。飽きる。おもんない。映画が本当に好きな映画マニアならこの倫理観と怪奇現象を絡めた奥の意味を汲み取って楽しめそう。私はそこまでマニアじゃない。意味分からん。長澤まさみの演技は◎。ということで1.5。
RY

RYの感想・評価

3.6
クリーピーのときも思ったけど綺麗な映像と摩訶不思議な空模様で、日常にありえる風景が異世界に塗り替えられていくよな。色づかいに紙芝居を想起した。
原作が好き。
金魚すくい

血みどろセーラー服

若年性アルツハイマー

U・S・Army Go Out!

「目的は地球の侵略…どう?ピンときた?」

青いシャツ

「なるほど、それ貰うよ。」

概念

愛とは何か

GPS

「しんちゃん、やっぱり病気なんだって。」

感染症の症状

ガイド

「全部違って見える。」
「何にも変わらない。」

やっぱり影を使うねぇ…。
役者さんの演技もよかった。
タイトル同様に映画もおもしろくて好きなタイプです。
チュン

チュンの感想・評価

3.0

この映画たいしておもしろくない。なんか平和な侵略だなぁ。
そんなに危機なの?って言う侵略の仕方だから緊迫感がないよね。そこがこの映画っぽさなんだけど、でも長澤まさみが愛したシンちゃんは本当のシンちゃんなの?あなたの感じてる愛は本当の愛なのという疑問は残った。がその愛を知るシーンはなかなかよかった。す、すごいとなる松田龍平は面白かったしなんか感動した。そこはSEX。
でも人間のヤバイ部分の概念を見ていたら、、、と考えると恐ろしい。