散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

3.5
チープな感じはあるけれどラストの方がとてもよかった
面白い!!!普遍的で一貫してはっきりしているテーマがとても好きだった!

と言うか、見たタイミングが良かったんだと思う。映画を見て、構成とか演出とかカット割りとか…もちろん大切なんだけどでもやっぱりちゃんと、影響されたいなァと思うその映画に。
"ただ見るだけじゃ映画は勿体無い、折角なら影響されよう。何かその映画で人生変えられてみよう"最近そんな気持ちが強くて…だからタイミングの大切さを学んだ。

愛を奪った後の松田さんが動きにくくなるシーンがとてもすき
カザワ

カザワの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

期待が大きすぎたのかも。松田龍平がだんだんヒトっぽくなっていくところ、長澤まさみのヒステリー演技はとても好きだった。
残念だったのは、途中で落ちが読めてしまって興ざめしたことと、無理矢理タイトルを台詞にしてるところ。
これまでの黒沢映画の色々な要素が詰まっているけど、集大成って感じでもなく、なんだか異色の映画だった。

出てくる男女が、不自然なくらいスタイルがよい役者ばかりなのは、狙いなのかしら?
松田龍平は、黒沢清の描く「空っぽ」感を体現する役者だな、と思った。
ayumu

ayumuの感想・評価

3.7
概念を奪う宇宙人によって侵略されるという設定のSFとして、リアリティを求めてはいないと感じられるポイントも少なからずあったけれども、奪われ侵略し続けられた先に残ったもの、気付いたものが温かい。
長谷川博己も松田龍平も前田敦子も長澤まさみもそのほか俳優陣の出すカラーがすごく良かった。
マミコ

マミコの感想・評価

4.0
良かったです。
個人的に長澤まさみに感情移入し過ぎて何度も泣いてしまった。

長谷川博己は上手いよね〜!!
そして良い龍平だった。
この龍平かなり最高…!
やっぱり大好き!!

ホテルのシーンがすごく良かった。
長澤まさみ良かったなぁ。
洒落た

洒落たの感想・評価

3.7
じわる名作!
ストーリー設定も奇想天外で緻密だし、配役も凄い

最後の隕石(?)のシーン、なんであんなになっちゃったかな〜あからさまに変
キャストに予算使いすぎちゃった感
なんでラストのラストでしかもあんな短いセリフなのにこの人!ってなった

そこだけ残念だったけど、後はこれまでにない感じのシュールな作品でした
原作、「太陽」の方だったんですね!そりゃ凄いわ!!!
あのマジでちょっと最高すぎやしません。
好みの問題だけどメッセージより断然好き。
冒頭からヒッチコックっぽいし(具体的にはマーニー)、誰がどう見ても飛行機のシーンは北北西だけど、そんなん関係なく、くそ面白く、映画好きだけじゃなく、誰が見ても楽しめる。
個人的には夕日のシーンが忘れない。
そういや黒沢清ってキスシーンないなって思ってだけれど、苦手なのかな、その代わり倒れこむってのが彼の重要なモチーフなような。
あとuplinkスクリーン小さいけれど雰囲気良いし、椅子が最高。
期待値がマックスに高かったけれど余裕で越してきたわ。
黒沢清はクリーピー以来2作目。
これでもかって言うぐらいの不穏な感じ、イヤ〜な感じ、静かに何かが進行している感じを上手く醸し出すのはクリーピーと同じ。クリーピーの香川照之の時もそうだけど、明らかに普通じゃない人を見るのは楽しい。
車の運転中、背景がぼやけた空みたいになって飛んでるようなフワフワした不思議なシーンもクリーピーとの共通点かな。ナニコレ?監督好きなの?

内容としては、
地球侵略の先発隊(たった3人)が地球人の頭の中から「概念」を奪って地球人を理解する。それをまとめて本部に送信すると地球が理解され侵略が始まる。概念を奪われた人は、その概念が無くなってしまう。例えば家族や所有、愛など。一見不思議な設定だがこれがなかなか面白い。シュールな会話劇がメイン。
まあ評価は分かれるだろうなぁ。私はまあまあ面白かった。

長澤まさみの普通の奥さん感がよかった。可愛い。
東出昌大は黒沢清ファミリーなの?今回もチョイ役。
小泉今日子必要かなぁ?

トレイラーで長谷川博己が隕石攻撃みたいなのを受けてるシーンを入れてるのは正解。あのシーンのおかげでイツ侵略が始まるの?とドキドキしてたけど、実際は組織からの攻撃シーンだと分かってあぁ助かったなヨカタヨカタ。‥えっ、結局攻撃されるんかーい!とハラハラ、まさに映画の醍醐味を堪能。

最後はまさに「愛は地球を救う」
そう言えば、日テレ入ってた。ネタバレになるので宣伝に使えないのがツライとこだ。
tea

teaの感想・評価

4.1
ジャパニーズSF映画はこの作品に続いて欲しい!

宇宙人が人から「概念」を奪いつつ地球人を理解しつつ侵略を進めていくのですが、静かに進む侵略はあまり無いジャンルだと思うので斬新でした。