散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

jon

jonの感想・評価

3.5
「概念」とは一体…鑑賞中「概念」のゲシュタルト崩壊が起きた。

序盤のタイトルバックには一気に物語の非日常へと引き込まれる。登場する宇宙人たちもそれぞれ個性があって魅力的。
終盤の安っぽいCGには少し笑ったかな。
ぱぴこ

ぱぴこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

深い内容だった。「愛」をテーマにした作品です。人間って「愛」をなくしたら何が残るんだろ……。音楽が個人的に好きでした。でもなんか終わった後モヤモヤが残ってしまった。長谷川博己は結局どの立場なんだ??
ずし

ずしの感想・評価

3.8
風が吹けば、何か不穏な事態が起こりそうになるのは、クリーピーもそうでしたね。
今の時代、概念を取り払ってリセットする事が必要なのかも知れませんね。
愛は何者より強し!!
『現代的必然性』

人類が抱きしめてほしいもの。

この星の命の脈動が絶えぬよう。

忘却のかなたへと。

防ぐべきもの。
katy

katyの感想・評価

2.3

「地味な地球侵略」 完成度40%ぐらい。

最初にインパクトを持ってきた割にそっからが只管に地味。ほんとーに地味。
そしてツッコミ所満載。 シリアスな映画にツッコミはいらない。 マジで興醒めする。 脚本がめちゃくちゃ。
だから監督?脚本?に関しては★1です。妥協せずもっと頑張れよ

アイディアの斬新さとか、普段意識してないけど奪われたら困る概念に焦点を当ててる点はよかった!!! 結末も個人的には好き。
KIKO

KIKOの感想・評価

2.3
予告見て面白そうだと思って観に行ったのにかなり期待外れ。予告に要点と結末つけて編集したらそれで充分な映画。むしろその方が良さそう。侵略場面ががっかりさせられすぎる。
ひたすら松田龍平を愛でたい
昔観た「ゼイリブ」の方が怖かった気がする。
金魚からはじまる、タイトルクレジットが出るまでのところとか百点満点じゃないっスカ。
なんていとおしくなる愛の映画なんだ。サイコー