散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

n

nの感想・評価

4.0
愛は決して滅びない。
キャスト陣の演技が文句なしに素晴らしかった。
むつみ

むつみの感想・評価

3.8
淡々と侵略していく侵略者が面白い
概念を奪うって設定もよかった

松田龍平がタイプ
ただ、もう一回は見ないかなあ

このレビューはネタバレを含みます

黒沢監督の清のスターマン



脚本(他1名)監督黒沢清。



日本の今や世界の「クロサワ」になりつつあるホラー界の黒沢清監督。

初期ポルノに見せかけながらもゴダールから怪物映画から学生運動までくくるはじめのエポック「ドレミファ娘の血が騒ぐ」

オリジナルビデオ期には、沢山のアクションノワールを哀川翔と撮りあげた「復讐」シリーズや「ヤクザタクシー」等々。

ホラーを撮り、バディ映画「勝手にしやがれ」シリーズ(1作目のみ鑑賞)

伊丹十三とコラボして永久追放マボロシとなったハウスホラー、今や見るの困難。劇場鑑賞した「スィートホーム」

あまりにもびっくりして2度見にいったサイコホラーのエポック「CURE」パンフ、DVD所持。

そのパソコンから世界侵略はソロリとやってくるミドル級傑作で海外リメイク済「回路」

家族物にしてみたけど、どっから切っても冷たい黒沢清「トウキョウソナタ」

役所は木にこだわる、長年積年企画「カリスマ」

夫婦はいつしか幻を求め旅に出る「岸部の旅」

たぐり寄せて見てきた大好きな映画監督、黒沢清監督だ。

そんな清監督の新作、予告鑑賞したとき、なんか黒沢清映画の集大成満載を感じる。

触れる、侵略、イライラ、愛不毛、意味不会話、、、。

原作、芝居上映あり、だが、カンヌ参加!とのこと。

やーこれは気になるということで、2017年9月で1番気になる作品でした。
夕方のかい、イオンシネマ南鑑賞した。




いやあ、爆笑しながらも。完全予算倍増。

まさしく一言
「キヨシ黒沢のスターマンじゃないっすかー!」

これまでの黒沢清集大成世界のよう。「スターマン」は、ジョンカーペンターの優しい人型宇宙人ラブ、ジェフブリッジス宇宙マン物語の傑作だ。

本作もキヨシクロサワのスターマン仕様だす。

原作の概念をイカしつつ、しだいに迫り来る有象無象をかわしつつ、
世紀末が来たー、
終了間近
カウントダウン歩く人
うちらどうする?

という終末感ただよう物語。
勿論ぎりぎりチープなCGでうめつくされつつドラマは、黒澤清節満載!

もうとにかく私はあの女の子が胸に来たなあ。爆笑もしたし、もの凄く小気味よい動きかつすばやい暴力。必見だ!なんかね気持ちよかったね。恒松祐里さん!

ほんと軽々しく殺傷!
だから爆笑!
だから気持ちよしすら感ずる何かを思わせてくれた!
「ターミネーター2」のリンダハミルトンか彼女かってくらい。不気味かつ生意気!笑ったし!

清節たる存在感は、まさしく本作の龍平君だ。宇宙人だよ、探すよ、行くよと清節たる

不穏で
迷惑で
常識外れな
おかしな人間が出現。
これが清イズム。
「CURE」の萩原まさと
「岸部の旅」の浅野忠信
「クリーピー」の香川照之
に当たる方だ。
観客を煙にまき
いやあな思いや
珍しい光景や
いらつきや
なにをしてんだよ!おまえは!役割
意味不明言動なげる方々だ。龍平くんにしか、できないよねえ。これね。見た後いろいろかんがえるけどね。つまぶーだったら、佐藤隆太だったらとかね、いやいやなんかねあわないかもみたいな。だから良かった。飄々淡々と演じていた。
必見。

そして本作の受けであり、怒りのイライラ美貌をふりまく長澤まさみ必見!
まさみ様もある意味キヨシイズムの頻出キャラだ。
いらいらいらいらしている人間
なやむ人だ。
「CURE」の役所さんの位置。本作の長澤様は、もう「セカチュー」の手脚の長い若い女優ではない。
立派な悩める
このクソめんどくさい侵略トやらにつきあわされるヒロインだ。ある意味観客視点。

そしてそして本作でもうさんくさい裏ライターを好演した長谷川博己だ。物語のガイドでコンダクター。
ラスト付近良かったなあ!キモ良い酔かったなあ。

黒沢組たる
キョンキョン「トウキョウソナタ」から、ある意味締め役。
東出(爆笑、出方と台詞で。出落ちに近いけど。)「クリーピー」からのある意味未知との巨人異世界キリスト風(笑)

前田敦子(マエアツさんもだんだん色気と演技が成長している気がするというレビューあったが私も納得。「セブンスコード」より)
笹野裏ダークデカ(笑)

総て必見。

なんかね
こんか贅沢で
やりたい放題で
豪華キャストな黒沢清
で、
やりつくした世界観
集大成な黒清世界


とおっても良かった!
だってね
こんな変な映画やっぱりないでしょう!いまどきね。

はいりこめないと全然面白くないと思います。

いやあラスト付近
見たことない清ワールドの到達点で良かったなあ。
「トウキョウソナタ」ともちがうし。
「岸部の旅」とも違うし、岸部よりかもだけど。おもしろかったですね。
けどラブラブなキヨシ
わずかながらもプラス思考のキヨシワールドでは、ありました。


予期せぬ旅が清総括フィルムでした。




さて
黒沢監督の清のスターマン

またの名を
清の散歩するインベーダー
リアル友達編

黒沢清ファンはマスト!

ぜひごらんください。

2017年劇場邦画ベストスリーです!だってこれはね、「クリーピー」よりらしさが出てたよなあ。黒沢イズムがね、出てたよ!だから好き!

いやあクリーピーよりわかりずらいけど断然好き!侵散の方が好き!
オープニングタイトルに花マル百点をあげる。少女と、血と、トラックと、音楽。最高。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

2.8
宇宙人ならもっと宇宙人らしくあれ!!!!もっと異常であれ!!!

突っ込みたいところありすぎて三四郎でちゃった
すみ

すみの感想・評価

3.5
概念を奪って侵略していくというのがこの作品のおもしろいところ。

愛 は人によって違うから
愛という概念を奪うのが難しくて、
キーになってたのも面白かった。

地球人として生きると決める宇宙人と
宇宙人として生きていいとなる地球人
んーむずかしい!

映画『散歩する侵略者』のスピンオフドラマ(WOWOW)が面白かったので、本編の映画を見てきた。
うん!うん!人間の実存を問う、素晴らしい地球侵略モノでした。前川知大氏の舞台の世界を上手く再構築してて、さすが海外で評価高い黒沢清監督だわ。最後は、やっぱり「愛は世界を救う」なのかよっ、って突っ込んだけどさ。
TAKEZOH

TAKEZOHの感想・評価

4.0
トランスフォームしてくる侵略者や圧倒的戦力の宇宙船を持つ彼らがなぜ地球を侵略するのか? という理由に曖昧だったりするが、この作品の侵略者たちは“概念”を奪うという映画史上最も好奇心旺盛でクールな奴らだ!?
その行為は現代に何となく生きている人間達への警告とその意味と価値を改めて示してくれているようにみえた。
原作は舞台らしいが、常につきまとう何か起こりそうな今まさに起きている不穏な空気感と乾いた映像、
他者との関係性と距離感は黒沢清作品によくみられるテーマで、エンターテイメントに寄せて過去作の毒のようなモノがマイルドにしても尚“黒沢清作品”という概念を奪うことない際立った作品だった。
HORI

HORIの感想・評価

3.8
黒沢清監督作品の中ではわかりやすく、普通に楽しめた。普通に。
舞台を観るので、その予習。

愛は地球を救う。