散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

シネマQ

シネマQの感想・評価

4.0
ドラマの軸はもちろん松田長澤夫婦だろうけど、長谷川・宇宙人コンビをもっと見てたかった
Ew

Ewの感想・評価

4.3
無邪気さと紙一重の非情さで人間を蹂躙していく高杉真宙と恒松祐里の演技がすごい。
ラストの一言でグッときた。

新しいタイプの「宇宙人」だった。

脇役にちょいちょいイケている人が。

散歩のテーマソングが耳から離れない。
「黒沢清節全開の不思議SF。」

劇団イキウメの舞台を黒沢清監督が映画化。地球人に乗り移った宇宙人3人が、人類を絶滅する為に仲間に交信しようとするお話。よくある侵略モノSFとは一線を画す、黒沢清節全開のクセがすごい作品であった。

結論から先に言うと、面白かった。だが賛否両論ありそうなデキだなとも思う。人の概念を奪うとかいう設定も突き詰めてない感じもして、結構行き当たりばったりな気もしないでもないしな。まあこの概念を奪うという設定がラストに繋がるので必要なコトなんだけど。

それでも緊張感があって面白かったのは、キャストによる力も大きい。長澤まさみを始め、無表情だけど人間味が段々と出てくる松田龍平、「シン・ゴジラ」を彷彿とさせるが確実に違う演説をする長谷川博己、宇宙人2人の若者も良かった。特にサイコパス的な女子高生が良い。あと、チョイ役ながら全く心がこもってなさそうな感じで愛を説く東出昌大がシリアスな笑いを誘った。

ラストの展開も賛否あろうが全然アリで、むしろコレしかないよなあと思ったし、全体的にコメディなのかシリアスなのか分からない雰囲気も好みだったので、自分は面白かった部類に入るなあ。タイトルもなんか響きがツボで良いわ。良作。
最後のひとことに感動した。
松田龍平が最高にはまり役。
SFとしてみたら物足りないのかもしれないけど、個人的にはすごく面白かった。
オル

オルの感想・評価

4.0
受け手次第でジャンルが変わる。

あらすじ
数日行方不明になっていた夫が別人のような性格になって帰ってきたある不仲な夫婦。一家バラバラ殺人を調べることになったジャーナリスト。

侵略者が現れ、日常と非日常が交錯していく。

散歩する侵略者というタイトルがこの映画の本質を語っている。

散歩と侵略、この対比がとてもよく機能しており、人間と侵略者、自分と他人。

全体的に対比を意識しながら観てみると面白かった。

内容はホラー、サスペンス、ラブロマンス、アクション、ノンジャンルのどれかだろうか。

以下、ネタバレ含
 


概念を奪うという侵略者。
ここでいう概念は深く突き詰めたものではないが、その人物が強くイメージしたものを盗られる。奪われた人間は奪われた概念が欠落し、異常な行動を取る。

この概念を奪う行為が一概に良くないもの。という表現をされていない。

人間は生きていく上で余分な概念をも抱えて生きていっている。

また、置かれた状況において人は変わってしまうのか、それとも…。

更には侵略者は人の姿、記憶を引き継いでその本人に成り済ます事ができる。

見た目、記憶は本人のままだがまるで別人。これほど怖いことはない。

そして、愛とは。

とても怖い映画であると共に優しい。
なんとも不思議で不可解な内容。
maho

mahoの感想・評価

3.4
設定といい演出といい妙にアニメっぽいというか大雑把で説明的?くどいような感じ
長澤まさみのキャラもあんまり好きになれず…
「愛」が最後までよくわからずぽかんとしてしまった 愛の奴隷になってしまった宇宙人は悲惨かもしれない

宇宙人の高杉真宙と松田龍平はとても良かったです。2人は一度も人間のときの姿は描写されなくて、それが想像できるようなできないような…。
警察が無能すぎるのとか桜井がどうしたいのかとかモヤモヤする部分は多かったが高杉真宙と松田龍平のミステリアスな魅力でねじ伏せられていた感じ。舞台なら面白くみれたのかも。
Yuko

Yukoの感想・評価

4.0
感動した。この社会の歪みがどこから来るのか、一見荒唐無稽な設定を通して、宇宙人が奪った概念のどれもが、文化的で健康な生活を営むための権利に深く関わっていることが示される。愛こそが争いを止めうることも。
邦画SFとしてはかなり良作。
邦画特有の、日常的な落ち着いた雰囲気を使いながら、確実な侵略が行われていく。
「概念」というフレーズは度々出てくるが、実に概念的で言葉的な作品だった。宇宙人とは何か、自分とは何か、愛とは何か。

ただ、エピローグはいらないと思った。最後の科白は重要だろうけど、エピローグはマジでいらない。
これは傑作!冒頭からラストまでどう展開するのかドキドキして観られました。
長澤まさみの普通の奥さん役が、とても魅力的で飽きさせません。
SF映画としての完成度も高いと思います。