散歩する侵略者の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

すわん

すわんの感想・評価

3.6
愛は地球を救う。
オープニングが一番好きだった。
概念を奪っていくので、何か特殊な侵略をしてくるのかと思いきや結局は武力行使か。概念奪う理由がよくわからない。
鳴海がとにかくかわいそう。

このレビューはネタバレを含みます

なるほど。
なんか説教くさい映画だった。いや、わかる。こんな映画を観たあとでも「ふふっ」と笑ってしまう自分がいる。現実味がないから。平和ボケしてる。

ベトナムから日本に核ミサイルが落とされるかも、というニュースを聞く。俺よりもベトナム人が日本のことを心配してる。

同じ戦争を経験している国で、彼らの方が心配している。

情けない。
みきこ

みきこの感想・評価

2.8
きっと舞台の方が想像が膨らんで面白いのではないかと思った。
映画になったことにより、後半のシーンがちゃちく感じてしまった。
舞台のセットであれば、想像でカバーできるのに、映画になってしまったことで全てが陳腐。
✈️
深いテーマのようで、案外ありふれた設定かなぁと。
AKBの女の子少しか出てないけど、涙がポロリのところ。
キュンとした。
面白かった。
ao

aoの感想・評価

3.4

最初の20分で、
もう理解に疲れて観たくなくなる
けど、そう思っているうちに結末が
気になって観続けてしまう、
そんな感じ。

「そういうこと(宇宙人の侵略)を
本気で考えるって結構難しいことだと思う。」

#2017 #44
ShoheiHano

ShoheiHanoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こういう感じの終わり方も嫌いじゃないって感じの終わり方。長澤まさみ大人になったなと感じる。侵略系映画にしては珍しく宇宙人が意外と簡単に死ぬ。
アヤオ

アヤオの感想・評価

3.8
飛行機にて。

思った展開と違くて良かった。思ったよりもずっと面白かった。
わあ

わあの感想・評価

3.8
監督らしい異様さは好きだし、後半の畳み掛けも好きなんだけど、もっと爪を研いでいてほしい。キャストが素晴らしいー児島〜〜
風刺的な要素もあれば、人の感情とは、みたいな要素もあれば、コメディ要素もあってなおかつ観やすい。すごく良かったです。だいすきです。
kenken1986

kenken1986の感想・評価

3.0
散歩する侵略者

異星人侵略物としては異色の作品
侵略の仕方がよくある直接的な方法ではないところが面白い。ただラストがねぇ…力業かいヾ(・ω・)
こういうシナリオなら映画より芝居でやった方が面白いんじゃないかなと思ったら、元々舞台で上演されていたのを映画化したんですね。
同じキャスティングで舞台版やらないかな~