しもんぬ

最後の家族のしもんぬのレビュー・感想・評価

最後の家族(2016年製作の映画)
3.8
ポーランド映画祭@広島市映像文化ライブラリー

終焉の画家ベクシンスキーとその家族の物語。(1975年~2005年頃のポーランドでの話)

この人物について何も知らずに観たので、ラストとか「納得いかねぇ~」って感じだったんですけど、ほとんど実話なんですってね。これが伝記映画だったってこと、帰ってから気付きました。

あとあの鬱病の一人息子役を演じてた俳優、「イーダ」「幸せのありか」のダヴィド・オグロドニクだったなんて!おととしのオレ旬主演男優賞に選ばせてもらった俳優なのに、それにも気が付かなかった。一体何を観てきたんだ俺は…