8年越しの花嫁 奇跡の実話の作品情報・感想・評価

8年越しの花嫁 奇跡の実話2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

かけがえのない人を待ち続けた8年間。これは実際に起きた、奇跡のラブストーリー。 尚志と麻衣は結婚を約束した20代のカップル。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、麻衣を原因不明の病が襲う。一時 は心肺停止、長い昏睡状態で麻衣は寝たきりとなる。 そこから尚志は毎朝出勤前に病院まで通い、麻衣を看病し続けた。しかし、いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは 「もう他に…

かけがえのない人を待ち続けた8年間。これは実際に起きた、奇跡のラブストーリー。 尚志と麻衣は結婚を約束した20代のカップル。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、麻衣を原因不明の病が襲う。一時 は心肺停止、長い昏睡状態で麻衣は寝たきりとなる。 そこから尚志は毎朝出勤前に病院まで通い、麻衣を看病し続けた。しかし、いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは 「もう他にいい人を見つけたら」と言われる。それでも尚志は諦めず、麻衣の側で回復を祈り続ける。 その祈りが届いたのか、数年後、麻衣は徐々に意識を取り戻し、言葉を発するようになるが、そこへ更なる試練が―。麻衣は、記憶 障害により尚志の記憶を失っていたのだった。 その後リハビリを経てようやく外出できるようになった麻衣を、尚志は2人の思い出の場所へ連れ出すのだが、まだ麻衣は尚志のことを 思い出せない。尚志も自分が麻衣に負担をかけているのではと感じ、2人は別れてしまう。 しかしその後、麻衣は尚志が挙式予定だった日に毎年式場を予約し続けていたことを知る。尚志の深い愛情に改めて気づいた麻衣 は、彼を探し始める――。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」に投稿された感想・評価

結婚の約束を交わした後、永遠に綺麗でいてもらおうと、狂った科学者が花嫁を冷凍睡眠させる。8年後、機械の故障で目覚めた花嫁は、巨乳になっている自分を見てビックリし…

って、全然違うじゃないかーっ!そんなゲスな話じゃないし。チクショー、これは拷問か…

泣いちまったよ。我慢したけど。涙をこらえていると今度は鼻水攻撃がっ!リンパ腺は強いけど、涙腺や鼻腺は鍛えてないから地獄の苦しみが続くのですよ。

もう一度好きになったの…
ボクはずっと好きでした…

あうーっ、オイラの負けです。
土屋太鳳のバッキャロー!
佐藤健のバッキャロー!
ちはる

ちはるの感想・評価

4.3
ひっさびさに映画で泣いた
やまも

やまもの感想・評価

3.9
この愛の話が実話だというのだからすごい。
自分が病気になった時、こんなにもずっと愛してくれる人に出逢えるのだろうか?
cony

conyの感想・評価

3.8
こんな美しいお話が実際にあったのがすごい。最初から最後まで永遠に泣いてた。

私たちと家族になれる?っていう質問に、食い気味でもなく、迷うわけでもなくただ静かにはい。って返事するのがリアルで、なんか良かった。

指輪のために、さり気なく指の大きさ確認するのキュンってしたし、あんな理解があって社員を大切にしてくれる社長さんの元で働きたい(笑)#24
帰ってくるかわからない人を一途に待つ主人公に胸を打たれた!
実話ということもあり感動が倍増した!
映画作品というよりは、ドキュメンタリーとして鑑賞した気分でした💡
男として、人間として、ウェディングプランナーとして、心打たれる作品だったように感じます。
8年という月日に在る想いが、しっかりと表現されていたように感じます。
いい意味で《また観たいと思わない》作品でした🍀
何回も見返すのではなく、一回きりで記憶に刻んでこそ、この作品の味かなと個人的には想った。
公開最終日に映画館にて鑑賞。
抗NMDA受容体脳炎の実話ということで観た。冷静に分析しながら観ていたせいか、他の人が泣いてる場面でもぜんぜん泣けず😂
でも最初の飲み会の場面、帰る時ぜったい佐藤健狙ってたから声かけたんじゃないかって思えてなりませんでした笑
岡山の風景が美しい。

脇役がみな素晴らしい。

映画タイトルが終盤になって
出てくるところが秀逸。
表現悪いけど、あーゆー状態になってしまった人を演じた土屋太鳳に脱帽。
めっちゃ泣かせにくるやんって感じもなく普通にいい映画やった。
最後の佐藤健のセリフがよすぎてゾクっとした。
Sunny

Sunnyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

後半わんわん泣いた
みんなのレビューから
泣くのわかってたけど
わんわん泣いた

中盤は
あーーこれ泣けるーーって
自分で自覚ある涙が出てたけど
後半はもう鼻水も涙も止まらなかった
ハンカチ必須映画。

“幸せとは星の降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘をさせることだ”
尚志がもう会わないって告げた後に、車の中で涙を流すシーン、この歌詞の意味のまんまだったな。
大切で、何より大切で何より大事な人のそばにいる事が、その人にとって“辛い”ことだと気づいたあの辛さったら、ないよなぁ
大切な人に降りかかった雨に傘をさすことさえできない自分の無力さ、遣る瀬無さ、、、
思い出しただけでも辛くなる
>|