打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の作品情報・感想・評価

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

4.4
全然悪くないじゃん。
ぺー

ぺーの感想・評価

3.6
えっ?結構酷評だけど、普通によかったけど?まぁシャウト好きってのもありますが。

世にも奇妙な世界に迷い込んだ主人公の純愛ものの話し。
映像もキレイだったし、雰囲気も好きだった。
声優のこと言われてますけど最初は気になったけど結果的には結構うまいとおもう。
実写のほうもみたい!
ramachi

ramachiの感想・評価

2.0
時間戻る系はなぁ、、

菅田将暉の声が棒読みすぎて、全然感情移入できないし広瀬すずもただ広瀬すずで、全然合ってないしアニメは声優さんに任せるべきかと。

絵が綺麗で主題歌も良いのに、原作知らないからか、ストーリーが映画ではいまいち掴めない。もしもしつこいな
みや

みやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

そんなに皆さんの評価が良くないからどんな感じなんだろって思ってたけど個人的にそんなに酷くはなかったかな、、。

降ってきた破片ひとつひとつが繰り返した1日で、最後に学校でのりみちくんが学校に居なかったのはなづなと東京に行った未来が選ばれたって事かな。もしくは無数にある未来の中のひとつ。

もしかしたらゆうすけくんと東京に行く未来があると思うとしんどい。




のりみちくんとなづなの会話のテンポが「青の炎」の二宮とあややの会話に似てるなってちょっと思った(伝われ)。
けっこう残念系。
kasumi

kasumiの感想・評価

-
面白くないけど、絵は綺麗
r1ace

r1aceの感想・評価

3.8
世間での評判が悪いので敬遠してたけど。
実際見てみると十分に面白く、
それどころか好きな映画でしたわ。
甘酸っぱい雰囲気を楽しませてもらいました。

サクッと言うと「空気を楽しむ映画」なので
「君の名は」みたいのを想像して観たら
相当ずっこける内容とは思う。
そういう方々の期待に添える映画では無い。

懐かしき古き良き(と思い込んでる)時代に思いを馳せ、
しみじみ温かい目で楽しむ映画。
若い子ほど、楽しめないような気がする。

米津玄師の主題歌も良かったー。
2018.11.17
自宅PCにて鑑賞

広瀬すずと米津玄師に助けられた作品。

1993年のドラマ版もyoutubeで鑑賞した。(1995年の映画版はドラマにいくつかカットを追加したものであり基本的には同一作品と認識している)
ドラマ版の方は、確かに時間が過去から未来に進むだけでなく途中から分岐する2つの未来を描くという構成は面白いし、より良い分岐であってもそこに描かれる儚さや甘酸っぱさはまさに日本の青春映画という感があって良い。奥菜恵は可愛いし、「Forever friends」はまさに名曲で、劇中で2回使用されるのも納得した。しかしこのドラマ版の時点でそもそも現代にリメイクするほどの作品なのか疑問が残る。

今回ドラマ版からプロットから台詞に至るまで基本的に踏襲しており、目新しさは違う並行世界に移動できる透明の玉くらいだろうか。
新房監督の作品は「まどかマギカ」しか鑑賞していないが、彼(シャフト)のカット割のセンスや表現技法は、
・低予算(作画にかける人材と時間がない)
・異世界モノ(非日常の世界観に非常識なセンスがマッチする)
の2つの要素と相性が良いような気がしていて、今作のような大作日常映画は最も彼らの苦手とする領域だったのではないかと推測する。

公開当時「君の名は」と似たような青空綺麗系作風で、一般の人々が何となくの期待感と共に足を運ぼうとしたと察するが、普段新房作品を観ない彼らの反動もあって評価が低いのだろう。
米津玄師の新曲も素晴らしいし、広瀬すずのハスキーでエロティックな声はなずなというキャラクターに完全にマッチしていたが、もったいない結末。
ホノカ

ホノカの感想・評価

1.5
作品に入り込めない、そもそもストーリーがよくわかんないつまらない
菅田将暉とすずちゃんとしか聞こえない
でもすずちゃんの声は嫌いじゃないし、落ち着いてるから好き、なづなちゃん時々かわいい
>|