エイリアン4 完全版の作品情報・感想・評価

エイリアン4 完全版1997年製作の映画)

Alien: Resurrection

製作国:

上映時間:117分

3.4

あらすじ

オープニングとエンディングが劇場版とは異なる。 【上映時間】完全版117分/劇場版109分

「エイリアン4 完全版」に投稿された感想・評価

序盤★3 中盤★3 終盤★2

本作の監督があのジュネに決まった瞬間、期待は最高潮に達した。
『デリカテッセン』、『ロスト・チルドレン』で独特のダークでシニカルなSFの世界観を構築していたからだ。
吉報から数年後に劇場公開され、もちろん失望した。。。

そして今観直すと意外と面白く、
まあハードルは下げるどころか無いので(笑)、
こうやって『バカ映画』として冷静に観ればジュネらしさは端々に現れていて悪くない。

しかし後半に登場する新たなエイリアンのデザインに全く魅力がなく、
これは完全な致命傷。。。

エイリアン3同様、フィンチャーもジュネも大好きな監督なので甘めの評価です。。。

2017年269本目(再見)
もりや

もりやの感想・評価

3.5
やっぱりリプリーが一番強い
後味最悪のスプラッター映画
シガニー・ウィーバーのチートっぷりが凄い、正直他のキャストが足引っ張るだけの存在。
ケイタ

ケイタの感想・評価

4.0
3よりは好き!
1.2には敵わなかったな
Vertex

Vertexの感想・評価

3.7
https://vertex-net.stores.jp
日曜日にポップコーン食べながら観るようなファミリー映画に振り切っててサイコー
2の次に好きです
ニューボーンの最期は子供ながらに衝撃でした
ウィノナライダーがめちゃカワです
閉じられた宇宙ステーションという舞台、海賊の荒くれ者たちVSエイリアンの戦闘、アンドロイドの存在。実はこれまでエイリアンシリーズでやってきたアイディアがくり返された本作。しかしこれが「ああまたか」に終わっていない。オモシロイ!SFマインドとアクションが組み合わさった傑作です。

それは一度使ったアイディアをうまくまとめ直した、という工夫の面白さに終わっていないからです。この映画でハリウッドデビューとなったフランスの映画監督ジャン=ピエール・ジュネの才能の爆発を感じられるからと言えるでしょう。

リプリーをクローンで復活させる研究者たちの人間離れしたイメージ、強化ガラスごしいエイリアンとキスしちゃうマッドサイエンティスト、人間とエイリアンの進化型生物などなど、おぞましくも美しいシーンがこれでもかと登場してきます。

おそらく元が同じアイディアでも、監督が違えばこういう作品にはならなかったはず。そういう意味では監督の方向によって映画は変化するということがよく理解できる作品です。

エイリアンを飼い慣らそうとすることを非難するリプリーに対して、博士は答えます。

「あの時代から世の中は大きく変わったんだよ」

過去とは違う。だから自分たちは失敗しないでうまくやれると。これは現代に生きる人間が一番勘違いしやすいことのひとつです。エイリアンシリーズは、ああまた人間は失敗するのか、ということの繰り返しですが、人間という歴史を考えるとそうなるのは必然なのかもしれません。
>|