Saki

ターシャ・テューダー 静かな水の物語のSakiのレビュー・感想・評価

3.5
こういう自給自足に近い形の生活に憧れる反面、私には無理だと思ってしまうことも多々あった。
例えば彼女の彼女らしい作品を描き続ける「徹底ぶり」や、人見知り故の「他人に左右されない強さ」など。

絵に描いたような暮らしは、本当に素敵だと思ったのですが、「人生フルーツ」に比べたら非現実的すぎるような、世界観が徹底的すぎるようなところに少々違和感を覚えながらの鑑賞となりました。
国が違えば文化も違うから、というのもあると思います。

違和感ポイントの例としては、映画に映ってるターシャの息子やその奥さん、孫たちも、ターシャの世界観に合う服装をしていたけど、それは映画仕様であり、ほんとは都会でスマホ片手にデニムとTシャツでは⁉︎なんて考えたりしたのです。

あと、ロウソク作りしているところとかは電気を極力使わない生活なのかな、と"暮らしっぷり"を感じられたのだけど、日々の食事はどうしてるのだろうか、というのもわりかし疑問でした。
そんな意味で、比較的似ている「人生フルーツ」を思い浮かべながら比較しながらの鑑賞となりましたが、人生フルーツよりもハマることはなかったのでした。
とはいえ、改めて自分の暮らし方や働き方を見つめる良い時間となったのでした。