natsumi

ターシャ・テューダー 静かな水の物語のnatsumiのレビュー・感想・評価

4.2
小さい頃から大好きだった、欧米の絵本の世界がそのまま映し出されており。
油絵セットひとつ買って浮き立っている自分にとって、ターシャが絵本を描く環境はどこを切り取っても贅沢すぎて、終始そわそわしてしまう作品だった。

よく「今からでも遅くない。やればいいじゃん」みたいな発言ってあるけれど、強く憧れるものの、自分の人生の延長線上に描きづらいことってあると思っており。
例えば私がターシャのような暮らしをしたいと思い、できたとしても、どこか「嘘っぽさ」が残ってしまうと感じる。し、そのことに一瞬だけ絶望する。

ただ、すべての出版社に断られても諦めずに描きつづけ、ひとり出版したいという編集者に出会えているところとか。自分でも(努力をすれば)できると思えるような、惹かれる行動、考え方、感じ方もいっぱい散りばめられていて。そうやってエッセンスを吸収し、自分らしい創作活動・仕事・生き方に繋げていくのが、いちばんよいよね、と思う。🙂