べーやん

ターシャ・テューダー 静かな水の物語のべーやんのレビュー・感想・評価

-
花の季節は1面色とりどりのガーデンが現れて、冬は静かな銀景色になるような環境で生きるターシャ。犬も花たちも、とっても幸せそう。ターシャの心の柔らかさは絵に現れていて、色使いも、タッチも優しさが溢れています。
「ずっと幸せだった。人生は短いから不幸でいる暇なんてない。」という言葉からも、幸せは自分の生き方次第で作り上げるんだなぁと思わせてくれるし、古い生活を大事にしつつ、丁寧に生きている様子はとても癒されました。こんなお家や生活憧れるなと思いながら、いまのわたしにはぴったりの作品でした。ターシャミュージアム、行ってみようと思います。