津軽系こけし

ターシャ・テューダー 静かな水の物語の津軽系こけしのレビュー・感想・評価

4.9
自分の人生は自分のもの。そんな大事なことも忘れてしまうほど私は弱い。


季節の移ろいの美しさとターシャを囲む色とりどりの花々。さらに風景だけでなくカップに紅茶を注ぐターシャの仕草までもがとにかく暖かくて情緒的。

映像には映されていないけれど彼女の生きてきた時代は間違いなく激動の時代であったはず、戦争、恐慌、彼女が語ったこと以外でもたくさんの苦しみを経験したはず。しかしそれにも屈しずあの生活を手に入れることができたのは本当に彼女が忍耐強く、喜びと自分らしさを諦めなかったからだと私は思う。

辛い時、苦しい時に自分を見失いそうになった時にこの映画を観て思い出そうと思う。
私は彼女の言葉を決して忘れない。