ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価 - 9ページ目

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

Yoshmon

Yoshmonの感想・評価

3.6
最近では「スローライフ」という言葉が多く使われるけれど。

「晴耕雨読」。

もしくはこんな四字熟語も彼女のライフスタイルに合ってる良い表現。

そんな言葉で表現できる生き方を実践しているのがターシャ・テューダー。

本作は彼女の生活を四季の移り変わりとともに追っていくドキュメンタリー作品。

晴耕雨読とは書いたけれど彼女の場合は、

晴れたら↓
ガーデニング

雨の日は↓
料理
人形づくり
そして絵本の創作(本業)

作中では彼女の生い立ちも追いながら、彼女の日常を写している。

夫に代わって絵本作家として生計を立て、4人の子供たちを育て上げてきたターシャ。
子供たちが独立してからはコテージにて愛するコーギー犬に囲まれながら料理を楽しみ、絵本の創作に勤しみ、好きな人形を作ったり、庭に種々の美しい花を植えたり。
30年かけて作り上げられたその美しい庭は壮観。

***
彼女のライフスタイルを自分の今のライフスタイルと比較すると、面白い。

毎日混んだ電車で通勤して、
与えられた仕事に追われながら、
夜疲れて帰宅して、
翌朝また会社へ。

働いて、所得を得て、必要なものをお金で買って生活をする。

都内に住んでいると特に人とモノが溢れた環境だけれど、彼女の得ている「豊かさ」がそこにあるかは疑問を抱く。

人は周りに嫌というほどいるのに、なぜか孤独に感じる時が(特に社会人なりたての時は)あった。

欲しい服や家具を買っても買っても何故か満たされない。常に無い物ねだりをする感じ。

一方のターシャは山中のコテージで好きな人、好きな動物に囲まれながら自分のしたいことだけをして、必要なものは買うより自分で一から作る日々。

外資系にいると特に歳をとることに若干焦りを感じることがあるけれど、ターシャにとっては歳を重ねることによって幸せも比例して募っていく。

幸せの定義は人それぞれだけれど、ターシャの生き方は一つの答え。

自分の生きる環境の中から、一歩踏み出すことは勇気がいることだけれど、もっと自分の気持ちに素直になることを大切にしたい。
すn

すnの感想・評価

4.1
2017年53本目
91歳のターシャからしたら人生は短いとの事
深い…
rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

4.0
人生は短いから、不幸になってる時間はない。
農業に庭仕事に子育てに縫い物になんでも全力でやる。手を止める暇なんかない、楽しみながらやること。
楽しみながらずっとやり続けるって結構難しいなとふと思う。
息子や孫またひ孫までずっとターシャさんのしてきたことが残っていく、素敵だな。
花を育てる有名な人。程度の前知識で観賞

なんてかわいい人なんだろうと思った。描く絵もとってもかわいい。この家が自分の故郷のように感じられ、ここに帰りたいなんて思ってしまった。人によっては退屈な映画かもしれないけど、自分の性格には合っていたみたいで、観ていて良い意味で眠くなった。
ターシャの生活を覗くたびに、はぁ〜穏やかに生きようってなる
次の日には社会に揉まれている。
はぁ〜
JON

JONの感想・評価

3.8
映画と考えると映像の面では今の綺麗な絵に慣れて来てるのでもったいない感じがしてしまうのですが、ナレーションがない事でターシャが自分の家を案内しながら一緒に庭を眺めたりご飯を作ったりしてる感じがして来てとっても心が温まる作品でした。
定期的に見る事で今の自分をポジティブにさせてくれる感じの映画でした。
ターシャは生き方が芸術のように美しい人だとおもいます。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
観終わったあと…
確かに、頭の中も心の中も、話したい言葉が沢山だったはずなのに。
ターシャ、重なった時間をありがとう。
劇場で観るってやっぱり良い(^^)
松谷光絵監督の観客とターシャが1対1で向き合える映画になるようにとナレーションを入れない作品でターシャの佇まいや行動、語りが直に伝わって来た。ターシャの暮らしぶりを丁寧に紡いだ。予告のナレーションが苦手で躊躇したが観て正解。
kana

kanaの感想・評価

4.0
わたしもおばあちゃんになる頃にはこんな生き方が出来るように今できることを頑張ろうと思った。
スローライフを送るにはそれなりの知識と忍耐と財産がないとやってけないなと。
ただのんびりしたいだけの人にはこなせない生活だな〜〜と思った。
一見穏やかだけど、とても芯が強くて自分にも人に厳しいんだろうなぁと思った。

仕事で上がったり下がったりして疲れた心にジンワリと気力が染みたような気がした。
わたしもターシャのようにどんな時も楽しんでプラスになるような感性を身に付けて人生を謳歌したい!!!
mari

mariの感想・評価

-
"人生は短いから不幸になってる暇はない 楽しまなくちゃ"
ターシャが何度も口にする言葉。
便利になった世界が失った世界に生きてるターシャは92歳でも、今が1番幸せと言う。生涯に悔いのない人生を過ごせるってとても素晴らしい!!
東京とは真反対の世界。
電気が通りなんでもすぐ手に入る便利な世界になったけどそれは幸せなのだろうか。ターシャと家族の笑顔を見ているとそう考えずにはいられません。
朝起きて、外の空気、花、草、鳥、犬、太陽があることに、感謝して生きてみたい。私たちは、1番人間に寄り添うのは感情のない無機物ではないことを思い出さないといけない、なんてかっこつけてしまった