• Filmarksトップ
  • ターシャ・テューダー 静かな水の物語の感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:105分
    監督
    松谷光絵
    キャスト
    ターシャ・テューダー
    セス・テューダー
    ウィンズロー・テューダー
    エイミー・テューダー
    あらすじ
    米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

    「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

    スローライフを体現する生き字引のようやな彼女のライフスタイルを描いたドキュメンタリー。

    ガーデニングの達人で絵本作家でもある彼女の生活と昔の農家をイメージした家屋と丹精込めて手入れされた庭は、まるで時空を越えて彼女の絵本の世界に紛れ込んだような世界観。

    「人生フルーツ」が好きなひとにはたまらない作品なはず。
    ひとりの人の暮らしとは思えない濃密さ
    何年か前のNHKと映像が被ってる。
    TVで観たときはそう思わなかったけど、映画館で観るには少し音楽が陳腐に感じられた。
    ところどころで挟まれるアニメーションも醒める。
    NHKで観たとき、庭や家自体をもっと映してほしいと思ってたけど、同じ映像ということでやっぱり少し物足りない。花や動物、ターシャ・テューダー自身に注目して撮っている映像だと思う。

    若いターシャ・テューダーが捨てた生活…1920年代のアメリカの華やかな社交界のことや、その後ベトナム戦争へ入っていくアメリカの、戦争に対する嫌悪感が、ターシャ・テューダーの大切にする世界に注目が集まるくだりが、当時の映像を用いて説明されていてそこが面白かった。
    人生は短いんだら今ある瞬間を楽しみなさい

    90歳のおばあちゃんが言うなら人生短いんでしょう。

    絵本作家のターシャの小言をずっと聞いているよう。
    その言葉一つ一つが些細なことなのだけれど愛があって見終わった頃には心が洗われてたなぁ。

    自分の生活の中にももっと感じれることがあるのだろうな〜
    映画館にいながら、森林浴をしている気分になれる作品。
    「人生は短いから、不幸になっている暇はない」は名言だと思った。

    植物に対して興味がないし文明が大好きなので、ターシャのように自然に寄り添って静かに暮らすことへ憧れはあまりないけど、子供の頃から好きなものが変わらず、それへの興味や行動力を失わないのはすごい生き方だと思った。
    アメリカでモダンなファッションが流行っても「せっかく女性に生まれたんだからエレガントな装いをしたい」と自分でワンピースやボンネットを作り、10代の頃に牛が飼いたくてお小遣いを貯めて、社交界より家事や農業に夢中だった、そんな生き方を貫き子供や孫に伝承していくパワーがすごい。自分ならすぐ飽きそう。

    ないものねだりをして不満を抱いて自分から不幸になっている、まずは自分の周りを見つめて、今あるものに感謝をして生きる…というような言葉も良かった。わかってはいるはずなのに忘れがち。

    コーギーがめちゃめちゃ可愛いので出てくる度ときめいた。
    満点!!!!!!!!
    パワフル!!!
    え!? また観たいし、手元において置きたい
    金と時間があれば、好きなことはできるけど。って捻くれて見ちゃいけないんだよね。
    素敵すぎる こうなりたいって思う人物像そのもの

    人生は短いから不幸でいる暇はない☝︎
    絵本作家・ターシャ・テューダーさんのドキュメンタリー映画

    お花でいっぱいのお庭
    かわいらしいコーギー
    ターシャさんの言葉
    出てくる人も出てくるものも
    まるで絵本の中にいるような感じだった。
    丁寧に生きる。
    息をするように自然を愛する。

    信念の人の生き方。

    芯の強さは美しさになるのだと思った。

    マイビューティフルガーデンと二本同じ日に観て自然に思いを馳せた日でした。