ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価 - 9ページ目

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

映画というよりもご本人が出演しているドキュメンタリー作品。

日頃の私達の生活がどれだけ不自然か
そして考え方も世の中に染まっているかとかいろいろと考えさせられる作品でした。

ターシャさんの絵本、とても優しい絵で好きです。
tori

toriの感想・評価

3.5
サラサラ〜っと描いてるようで子供や動物の動きや創りを捉えてて、繊細な絵で、すごい。
たくさんの鮮やかな花と緑に彩られて、ターシャテューダーさんの言葉と愛犬コーギーの鼻息が優しく耳に心地よい。

植物はだいたい枯らしてしまうわたしだけれど、、あんな風に生きられたら幸せで素敵だなと思う。あんなに元気なおばあちゃん。
『好きなことをして生きる』。
仕事も生活もすべて好きなものに囲まれて生きるのはここでは簡単じゃあないけれど、自分が好きなものを見極める豊かな目を、いつまでも忘れずにもっていたいななんて、思う。

人生は小さな選択の積み重ね。それらがこつこつと、毎日を色鮮やかにしてゆく。
美しいが商業主義的な臭いが強く、親戚達も大勢出てきて、あまり心に響かなかった。

庭中心で、絵の描き方などはあまりでてこないですが
絵本の中をコーギーの絵が動き回る演出はかわいすぎた。
動物はそんなに好きじゃないけどターシャにくっついて庭を走り回るコーギーはだいぶ可愛かった
ターシャの心がきちんと子供、孫に受け継がれているところが本当に素晴らしい
ゆったりした映画でちょっと寝た
とび

とびの感想・評価

3.4
「夢を叶えるにはとにかく動くこと」
「私はずっと幸せだったわ」
「ガーデニングに必要なのは、辛抱よ」
ターシャ・テューダーの生活に取材した10年間の集大成。どの映像も美しい。今91歳よ、と語るターシャはその1年後には没してしまうのだが、「今がいちばん幸せ」と語るターシャの姿は瑞々しく、まるで少女のようだった。
美しい絵本は絵本のような生活から生まれるんだなぁ。
欲が不満を膨らます。持っているものに感謝し満足せよ。
はい、その通り。
fuku

fukuの感想・評価

3.7
信念を持って生活すること!
私が子どもに伝えられることってなんだろうと考えさせられました。
ガーデンは綺麗だけど虫もいっぱいいるんだろうなぁと考える私はまだまだ未熟者です。
hachi

hachiの感想・評価

4.2
スローライフを体現する生き字引のようやな彼女のライフスタイルを描いたドキュメンタリー。

ガーデニングの達人で絵本作家でもある彼女の生活と昔の農家をイメージした家屋と丹精込めて手入れされた庭は、まるで時空を越えて彼女の絵本の世界に紛れ込んだような世界観。

「人生フルーツ」が好きなひとにはたまらない作品なはず。
すう

すうの感想・評価

3.3
何年か前のNHKと映像が被ってる。
TVで観たときはそう思わなかったけど、映画館で観るには少し音楽が陳腐に感じられた。
ところどころで挟まれるアニメーションも醒める。
NHKで観たとき、庭や家自体をもっと映してほしいと思ってたけど、同じ映像ということでやっぱり少し物足りない。花や動物、ターシャ・テューダー自身に注目して撮っている映像だと思う。

若いターシャ・テューダーが捨てた生活…1920年代のアメリカの華やかな社交界のことや、その後ベトナム戦争へ入っていくアメリカの、戦争に対する嫌悪感が、ターシャ・テューダーの大切にする世界に注目が集まるくだりが、当時の映像を用いて説明されていてそこが面白かった。