バーチャル・レボリューションの作品情報・感想・評価

「バーチャル・レボリューション」に投稿された感想・評価

VRで生きていこう!
dude

dudeの感想・評価

3.0
ブレードランナーが好きなのはよく分かるし、『レディ・プレイヤー1』に先駆けている?おそらく予算対クオリティの比率はかなり良い方ではなかろうか。ゲーム世界は置いておくとして、現実世界はブレードランナーを真似したおかげか悪くなかった。
ただ、例によって主人公のモノローグで語られるハードボイルドな物語であるため、バカ映画的な面白味には欠ける。とにかく会話シーンが長い...。クライマックスもヒステリックすぎて、ゲーム機を没収された子供が親を殺してしまう図に見えて何とも言えない気分に...。やたらとインターポールのガラが悪いのは楽しかった。
琉太

琉太の感想・評価

1.9
ブレードランナーが2049年でこちらは2047年です
ブレードランナーぽい所は幾つか有りますが足元にも及ばない残念な事に
出演者も魅力的でなく、CGもダメです
期待したぶんだけガッカリも大きかった
あれ?面白くなる要素は沢山あるのに残念。頑張ってB級ブレードランナーて感じ。ラストが意外といえば意外。
てるる

てるるの感想・評価

2.5
アサイラム系しょーもないSFかと思いきや、VFXは頑張ってて意外とちゃんとしてる。
あくまでB級映画にしては。

映画として面白いか面白くないかって言われたらたいして面白くはない。

時は2047年、人々はバーチャルな世界にどっぷり浸かっていた。
そこで起きた大量殺人。
捜査を依頼された探偵が政府とテロリストの陰謀に巻き込まれる的な話。

まぁビジュアルや世界観は完全に「ブレードランナー」を意識しまくってて、そこに「アバター」とか「SAO」をミックスした感じ。

主人公に協力するハッカーはなかなか良いキャラしてるけど、それ以外は観て数日経ったら記憶に無いレベル。

ストーリーも主人公の亡くなった奥さんだか恋人のエピソードがキモなんだろうけど、真相はたいしたことないし、主人公の最後の行動も盛り上がらない。

でも普段アサイラム作品に見慣れてると、これでも普通に思えてくるのが怖いw
壱光

壱光の感想・評価

2.3
説明が特にないままどんどん進んでいき何をしたくて今何をしてるのか終始わからないまま

世界観はブレードランナーに似てる。ブレードランナー見たことないけど
emi

emiの感想・評価

3.0
2047年の近未来では、ほとんどの人間が自分の好みの仮想世界に生きていて、現実の生活をおざなりにしているため健康状態や衛生状態が悪く40歳前に死ぬ。最低限の生活を維持するお金は政府から支給されている。そんな状態を憂慮し、人々を「自由」にするためテロリストが仮想現実へのアクセスを遮断しようとするが、果たして人々の選択は・・・この設定は面白いが
作品は戦闘シーンの多いアクション映画だ。
20180128鑑賞。ブレードランナーの続編は2049年、こちらは2047年。街並みも、空飛ぶ車両なども雰囲気が似ているけれど、内容はゲームっぽく、今ひとつ。アバターの要素も入っている。中途半端感は否めないかな。
ブレランの世界を極めて表面的に、そしてあまりにもパクリ方があからさま過ぎて訴えられるレベル(うどんも食ってる)

オンラインゲームばっかしてんじゃねえ!というメッセージかと思いきや、ゲームと現実の区別がついて尚且つ金があるなら、誰にも文句言わせねえぇという話だった

2049のスピンオフとして見よう!
gaspard

gaspardの感想・評価

2.5
ブレードランナーを目指したB級映画
大した見どころはない
>|