きみの声をとどけたいの作品情報・感想・評価

きみの声をとどけたい2017年製作の映画)

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み…

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み、出来心からDJの真似 事をする。すると、偶然にも放送されたコトバは 思いもかけない人に届いていた―。

「きみの声をとどけたい」に投稿された感想・評価

丁寧に作ってあって王道なのに、どうなるか読めるのにしっかり泣ける素晴らしい作品でした。なぎさの言霊の力が、まっすぐな想いがみんなに届いて、そして声をとどける。だれの声を届けたかったのか、ぜひ劇場で。打ち上げ花火とかよりこっちを宣伝してあげてほしい…

きみの声をとどけたい」を皆様に届けたい
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/06/123000
学生時代放送部だったぼくにこの内容はたまらん。。

アバンタイトルに歌モノが流れてるのが一瞬気になったけど、アニメとはそういうものだと思い直す。ガンガン擁護するぜ〜

枠に対してキャラが多すぎるのは仕方ない。
こういうベタベタなのがいいのよ〜!!
まず冒頭のタイトルコールというかオープニングというか
その出し方が圧倒的に変だった
回想の入れ方とかそこへの歌曲の入れ方だとか、いや冒頭からこの演出はちょっとノレない…

と思いつつさらに主人公の性格もアホの子っぽく言霊が見えるという設定かつそれを周囲に話している姿があまりに不思議ちゃんで
…この主人公に感情移入をさせようと本気で思っているんだほうか?大丈夫か?
と不安なスタートをかっ飛ばすのだけど


メインキャラの2人目が出てきてから
この2人目の子に視点を移した気持ちでその後の物語をみていると
なんだかそれぞれのキャラも自然と出来上がっているし
起こる出来事もベタではあるけど
なんとなく身に覚えのあるような青春友情な物語をこなしていくし

最後のシーンにしてもベタベタで
しかも不思議ちゃん設定と思っていたが実は…なところを見た瞬間
あ、これ小難しく考えず素直な気持ちでみればすごい好きになれる映画だ

というか、子どもでも理解と感動ができるようにつくられたアニメ映画だと気づき


最終的にはなんだか嬉しいさわやかな気持ちとわずかな郷愁にかられる気持ちの良さがあった


というか単純に
歌が好きでした

このレビューはネタバレを含みます

メッセージ性が強くストレートな表現で後味スッキリ。
恋愛がなくてバンザイ。
音楽要素バンザイ。
私の考えた言霊とは、感受性と器用に伝えられるかに懸かっているのでは?と思う。
とりあえず、ありがとうandいただきます、から始めよう。
進行については退屈にならず観られると思います。
samup

samupの感想・評価

3.1
善意のみで作られたみたいな映画。
あまりに悪意がなさすぎると、いくらなんでも薄っぺらすぎると思う。
子どもが見るぶんにはいいけど。

作画は可愛いんだけど、なんか薄すぎる。

序盤に漂う不安、ヤバいこれはかもしれん、、言霊、、?

しかし、基地的な魅力にそそられ始める。
一軒家が欲しい、カフェを開いてみたい、みたいな欲求も原点はこんなような自分達だけの空間が欲しいだけなんだよね。

そしてそのまま後半へ、、

うーむ、こんなに泣かされるとは!!
鼻水垂れすぎて処理大変だったわ!
アツいなお前ら!

友人と意見が割れましたが、僕はゆうちゃん押しです。

この後、この感動が一気に冷める事となるとは僕らは知る由も無いのでした。
もえー

もえーの感想・評価

4.0
渚の声がかわいい
歌がいい
わたべ

わたべの感想・評価

3.5
ほとんど話題にならなかった作品のような気がするしもうけっこう公開終わっちゃってるけれど……

青木俊直さんがキャラクターデザインをしているようで、今のアニメの流行から外れたルックになっている。
一見して珍しいという印象を受けるけれど、新鮮というよりはどちらかというと懐かしい素朴さがある。
主人公である なぎさの声を担当した声優(片平美那)は新人とのことで意図的なのかは不明だけれど「アニメ声優的演技」に収まっておらず、もしかしたら耳に馴染みにくいと思う人もいるかもしれない。

ミニFMとコトダマをめぐるお話自体も、刺激よりは安らぎ、複雑よりシンプル、冒険より日々の生活を優先といった感じで、登場人物たちは彼女たちなりに切実だったり深刻だったり葛藤を抱えているのだけれど、あくまでローカルな(ほとんどそのままミニFMの電波の届く)範囲に留まる。
主人公なぎさの「みんな仲良く」といった想いと重なって、観客からするとなんというか平和で安心感がある。
絵も話もメッセージ的にも下品さとは無縁で、(作品内外の)人の良さが充満していて落ちもそれを裏切らないんだけど、けっこうヤボったいなーというのもまた本音であって、状況や物事をいちいち言葉で説明しすぎてたり天気やら情景やらに心象を預けすぎたりしてたりもして色々と直接的すぎるキライもある。

ともかく色んな悪い言葉や表現がそこら中で目につく今の時代、コトダマを大事にしたいよね、というのはたいへんもっともだと思います。
ad

adの感想・評価

3.8
ほんわかしますね、こういう作品は
もう少し湘南とコラボしてガッツリ宣伝してもよかったのでは
ろみ

ろみの感想・評価

3.0
私も時々ラジオを聞くので、こんなラジオ番組があったらいいなあ~と思う。アニメですがアニメとは感じない映画です。それほど違和感なく見ることができる素敵な映画。
>|