きみの声をとどけたいの作品情報・感想・評価

きみの声をとどけたい2017年製作の映画)

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み…

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み、出来心からDJの真似 事をする。すると、偶然にも放送されたコトバは 思いもかけない人に届いていた―。

「きみの声をとどけたい」に投稿された感想・評価

丁寧に作ってあって王道なのに、どうなるか読めるのにしっかり泣ける素晴らしい作品でした。なぎさの言霊の力が、まっすぐな想いがみんなに届いて、そして声をとどける。だれの声を届けたかったのか、ぜひ劇場で。打ち上げ花火とかよりこっちを宣伝してあげてほしい…

きみの声をとどけたい」を皆様に届けたい
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/06/123000
Sam

Samの感想・評価

2.5
訳あって1人で見た。
嫌な記憶、思い出したくない。
ゆーか

ゆーかの感想・評価

3.3
ゆるさがいいほんわかした作品。

夏の江ノ島あたりっていいね😊
モモコ

モモコの感想・評価

2.6
予告編が良くて泣けたので見に行ったらそうでも無かった
海

海の感想・評価

4.3
堅実な作りにプラスしてキャラクターの心理描写に深みがあり良かった。
tkt

tktの感想・評価

5.0
2017/8/25公開当初は上映館数すくなかったけど追加上映が次々決まり12/15まで113日間、約3.5ヶ月のロングラン
一旦上映は終了しましたが多数のファンからのリクエストで下北沢トリウッドで2018/1/3から再上映が決定。
海外でも韓国富川国際アニメーション映画祭に招待され韓国・中国でも上映が決定してます。
ストーリーは夏の湘南腰越を舞台にした青春王道作品。主人公の女の子達がミニFMラジオ局を通して町の人たちとの触れ合い、友達との熱血ドラマ、母と娘の絆を丁寧に描かれています。
声優は本作品のためにオーディションで選ばれた新人6人、まだ何色にも染まっていない初々しい所がこの作品の純朴な作風に合っていてとても心地良かったです。
「NOW ON AIR」というユニットで映画の中で流れる曲も歌っていて映画のサウンドトラックに収録されているクライマックスで流れる「Wishes Come True」が特に秀逸で公開当初はサントラが品切れで入手困難になる程でした。
恋愛要素は皆無で萌えアニメのサービス水着シーンも全くなく今風では無いかもしれませんが何年先に見ても色褪せない魅力があります。
映画に突拍子もない奇想天外な話や大どんでん返しとか有り得ないような非日常的な刺激を求める方には物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、日常の中にありそうな素敵な奇跡に素直に感動したい方にお勧めの作品です。
enri

enriの感想・評価

3.1
話が程よくまとまっていて良かった
スクリーン5
15:10〜
I-14
荒野

荒野の感想・評価

4.1
まっすぐで王道のような終わり方に物凄く好感を持ったし、たぶん泣いてたと思う。
爽やかな気分にさせてくれてありがとう。湘南、江ノ島はやっぱり青春劇の舞台にふさわしい。
新人声優の皆さんが羽ばたいていくことを祈って。
>|