きみの声をとどけたいの作品情報・感想・評価

きみの声をとどけたい2017年製作の映画)

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み…

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み、出来心からDJの真似 事をする。すると、偶然にも放送されたコトバは 思いもかけない人に届いていた―。

「きみの声をとどけたい」に投稿された感想・評価

うーん。
ラジオ好きだから見に行ったけど話がキレイすぎて好きじゃなかった。
ロナー

ロナーの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

事前情報なしに前売りを買って、後で調べたら唖然。主要キャラクターの声を務めるのは今作がデビューの新人声優ユニット。このユニットありきの作品だと感じ前売りを買ったことを後悔した。
映画開始すぐに、主人公の「コトダマってあるんだよ。」のセリフにさらにがっかり。
「雨が降らないかなー…いけない!声に出したら…本当に降ってきちゃった!止んでー!」ひどい。不思議ちゃんが主人公のスピリチュアル系映画だとがっかりした。
しかし、話が進んでいくうちにどうやらそんな話ではないことに気がつく。
ラストの「Wishes Come True」の歌唱シーンで号泣。
主人公たちが奇跡を起こす物語なので、ひねくれた人には受け入れられないかもしれないが、リアリティが過剰に求められる昨今にこそ観てほしい、まっすぐな映画。
前半すごくいい!のだが、最後らへんで「けいおん!」ばりに歌い出した瞬間にすべてが台無しになった作品。
傑作になり得る可能性のあった、「94分-10分=傑作」という式が成り立つ作品。
シオン

シオンの感想・評価

4.5
- 人の声・言葉にはチカラがある -
ラジオと人の起こす奇跡を題材にした映画。

一人の少女がある事故から眠り続ける友人の母へ声を届けようとする行動から始まる。周りの友人と夢・嫉妬・人間関係などとぶつかりながらも、たくさんの人たちの想いと向き合い、やがてその想いは願いを叶える奇跡を起こす。

新人発掘オーディションで選ばれた6人をメインヒロインに抜擢、主題歌なども担当することで彼女たちと共に成長していく映画でもある。
onakapypy

onakapypyの感想・評価

4.5
歌良かった。言霊信じる。
ちろ

ちろの感想・評価

3.5
感動したけど、ちょっとありきたりの内容かな?
Aya

Ayaの感想・評価

3.2
なんでも見るよ!見たいよ!というスタンスですが、実はアニメ系はあんまりみてなかったり・・・自分でも弱点かなーと。

そんな私が見ようと思ったきっかけは予告編を見まして、ラジオDJもの?!

と思ったのさ!

そう。
私もラジオでマイク握る身としてはやっぱり気になる・・・と。

鎌倉のある古い喫茶店。閉店してかなり経つようだ。
ある日言霊、人から出る言葉の力を信じる中学生がこの店にふと立ち寄ったとき、偶然備え付けられたDJ機材を発見する。

遊び心で話してみると(そもそもミキサー知識もないのによくスイッチ入れるとこからマイクの音量調節やら諸々できたねw)それはオンエアされ、電波に乗り、ある病室へ。

そこには意識もなく寝たきりの母親と娘がラジオを聴いていた・・・。
そう。
もともとこの喫茶店はこの寝たきりの母親が自身が喫茶店をやる側やっていたミニFM。

この娘がなんでや?!と喫茶店に行くと楽しそうにはしゃぐ少女が。
事情を説明し、一緒にやろう!お母さんに届く放送にしよう!と、中学生の仲良しやダメ出してきた子、音楽が作れる子など、周りを巻き込んで放送を続ける。
そして街を巻き込んでリスナーを増やそう!と活動してゆくひと夏。

うーん色々考えたけど、やっぱり初期衝動の部分へとても共感する。

私は高校生で放送部に入って、お昼休みDJ(この頃はミキサーも自分でしてた)をしてたのですが、放送部に入った動機が野球のアナウンスの方だったんですよね。卒業してもヘルプに行っていたので、ぶっちゃけ野球がメインというか・・・。

この頃もそりゃやってたけど、ラジオ的な意識が芽生えたのはやっぱり大学卒業して、ひょんなご縁でラジオに出ることになったこの時の方が近い気がする。

いやー彼女たちの夏休みの駄話、身内話楽しそうでしたね。
身内しかいないんだからあのブース内が盛り上がるのは当たり前なんだけどwもっと天気予報や町の商店の特売情報とか、どこどこに赤ちゃんが生まれました!ぐらい入れとも良かったかも。ペットの迷子情報とか。
そしたらコミュニティガイドラインとして機能するのでは・・・新たな可能性w

いろんなメンバーチェンジしたり、ジングル作ったり楽しそう。
しかも時間帯が15時といういい感じに気の抜けたアーバンなね。

しかし、その場所も取り壊されてしまうから終わりが近い!てか明日終わる!ってところで、大きく勝負に出るのですが・・・電気屋さんマジ神だから!!!!

意識不明のお母さんに、そして街の人たちに私たちの思い(彼女たちの伝えたい思いってなんだったんだろう・・・)

あの元々のあそこの持ち主でDJでもあり歌手でもあったお母さんに聞いて欲しい!って気持ちとリスナーを増やさないと!というのは全く別やと思う・・・。

じゃあリスナーに何を伝えたいんや?
そしてとてもミニマムな個人に向けたメッセージと、逆に開かれたメッセージを共存させるってかなり難しいと思うんだ!でも街の人、みんないい人たちだったねぇ。

最初は楽しいし、DJブース内のシーンはほんとよくできてる。
あれで今時にスマホ使って外から中継とかしないのがいいと思った。そうなるともはやラジオじゃなくていいやーんの世界だし・・・あくまでメインはあのお店。



ま、ここからは個人的な話なのですが

私は話すのが好きだからラジオDJを始めてしばらくぼんやりと、こういうの仕事になるといいなぁというつもりでやってたら・・・地獄に陥るんですよ。

一時期ラジオに全力投球していて、新人養成番組のようなメインDJを仰せつかってウキウキしていたのですが・・・

いや、絶対人によるとは思いますが?

私は向いてない、と思った。
言っていい事、良くない事、そして言いたい事、の狭間でものすごく悩んだし(災害も多い時期だったのもある)、100人聞いてたら100人に好かれるなんて無理じゃないですか??
誰も傷つけないなんてよっぽど技術がいりますよ。

それはわかってるんだけど、限りなく不快に思う人を少なくしよう、と思うとすべての単語が誰かの、何処かの気に触るんじゃないか?と思って、一時期何も話せなくなった時期がありましたねぇ・・・。

自衛本能が働いてあれもダメこれもダメ、これはどうやろう?ってやつは念のためにダメにして・・・話す事なくなるでしょ?

散々考えて出した企画はことごとくPDにボツにされるしw
だいたい、30個くらい持って言ってやっと1つ2つじゃあ取材してみる?って話になるくらい。
これも辛かった・・・。

この前段階で既に心折れまくって、で本番!みたいな感じやったので、ツラくてツラくてしょうがなかったですね。若かったしw

ニュース読んだり、昔から染み付いてる野球のアナウンスに比べたらなんて大変なんだ!と思っております。

だから今はそれほどうるさく言われないスポンサーのもとで、ほんわか映画や音楽や政治、社会のこととか言いたいこと言ってるのがちょうどいい。
そんな相方との番組も11年目に突入します(多分11年目のはず・・・)。

まだまだだね。
Akira

Akiraの感想・評価

3.3
言霊はあるんだよ!
魔法のようなものではなくて、口にしたことは心持に響いてしまうんだって考えると、納得がいきました。
わずや

わずやの感想・評価

3.5
なんかいいし、ラジオ開局ってのもいいね。そんな青春がうらやまC
鑑賞回数:1
物語:★★★☆☆ 3.5
配役:★★☆☆☆ 2.5
演出:★★★☆☆ 3.0
映像:★★★☆☆ 3.0
音楽:★★★☆☆ 3.0
再見:★★☆☆☆ 2.0

低予算感はあるけど中々面白かった
>|