きみの声をとどけたいの作品情報・感想・評価

きみの声をとどけたい2017年製作の映画)

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み…

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み、出来心からDJの真似 事をする。すると、偶然にも放送されたコトバは 思いもかけない人に届いていた―。

「きみの声をとどけたい」に投稿された感想・評価

うーん。
ラジオ好きだから見に行ったけど話がキレイすぎて好きじゃなかった。
夏の映画を夏に観るのが良いんです
【高2の夏】
友達から借りたのでとりあえず2回鑑賞。
この映画の良いところは、各キャラクターの背景を具体的に描き過ぎないことだと思った。彼女らの背景を観てる人に想像させるようなセリフや仕草が散りばめられている。
これは1回目の鑑賞では気づかなかったが2回目を観たときに新たに気づくことが多かった。
「なぎさ」は親が一度離婚して父親が再婚しているから新しい母親のことを名前で呼んでいるのかな?とか。実際は知らないけども。「ゆう」は何かあった時いつもあそこにいるんだろうなぁとか、「かえで」は夕とは対照的にあまり裕福な家庭ではなさそう。
「おとは」の地元の人じゃない感とか、「あやめ」の放送への異常なこだわりと多分乙葉のことが恋愛的な意味で好きなんだろうなとかどういう経緯でその場にいるんだろうと色々考えてしまう。
でもキャラクター紹介に時間使いすぎて後半のストーリーの急ぎ足感が否めない。脚本がもう少し良かったら傑作になり得た作品だと思う。
主人公は基本的にウザいけど「かえで」のキャラは良かった。お決まりの第三者ビンタも良かった。
1回目は泣かなかったが2回目のラストシーン不覚にも泣いてしまった。エンディングはめちゃ好きとまではいかないもののまあ王道で良かった。
ふとしたきっかけからラジオを始める物語。優しい話だったが、集まった人のそれだけで仲間に入ったのか...や、それでいいのか...というところはあった。
悪くはないが細かいところが気になるかも。言霊の設定はなくてもいいような...
ラジオや、最後につなげるためではあると思うけれども...
いまだ

いまだの感想・評価

3.4
素敵な映画だった。
青春のキラキラした感じが懐かしかった。
鎌倉に行きたい。

2018夏休み9本目
ラジオを通して女子高生達のひと夏を描いた作品。王道の展開なので、ストーリーは読めてしまいました。でも、このストレートさがいいんです。「ど真中直球」の青春物といった感じで。きらきらしてます。シンプルなので、安心して観ていられます。ただ、もう少し時間があってもよかったかも。登場人物達の心の動きをより描いてほしかったので。夏の湘南と涼しげな喫茶店がとてもいい感じ。心地よい夏を感じました。可愛らしいタッチも好きです。爽やかな気持ちになれる作品でした。
劇中歌が良く、優しさに溢れた物語だった。
物語の根幹としての言霊が機能しているようないないような微妙な感覚だったのがなんともいえないところ。
ただふと気になってみた物語としては最高の爽快感を味わえる青春モノでした
にわか

にわかの感想・評価

4.0
言葉には言霊が宿っている

ラジオを通じて奇跡を起こすお話。
まったくのノーマークでレンタルしたら想像以上に良かった。
江ノ島とかその辺が舞台なのもなんだかいいね。
お話は王道だけど、だからこそ安心して見ることができるし、ラジオがお話の軸になってるのも珍しくていいんじゃないでしょうか。
何の気なしに観ましたが、良かったです。。
気軽な気持ちで感動したい時に観たくなる作品でした。
高校生の青春感動ストーリーですね(^-^)
>|