ソラアユム

アナベル 死霊人形の誕生のソラアユムのレビュー・感想・評価

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)
3.6
"Find me"〜ボロ人形のワタシが有名になるまで〜


死霊館シリーズのスピンオフ作品第2弾。
死霊人形アナベルが誕生するまでを描くオカルトホラー。

アナベル人形のエンジンがかかり始める中盤からの大暴走は面白かったです。
ただ、一本の映画として評価すると決して良いとは言えない出来でした。

というのも、アナベル人形の誕生譚を謳っておきながら中盤まで特にその件について全く触れないどころか、事の発端のエピソードをある人物の回想でサラッと済ましちゃうんですよ。
私的にはそこの部分を描いてこその『死霊人形の誕生』じゃないかと思うんですけどね。
全ての始まりになっているあの冒頭の出来事から物語を始めて、あの夫婦が何をしてそうなったのかという所をメインに据えた方がいいんじゃないでしょうか。

死霊館シリーズは実話であるという所を前面に押し出したフランチャイズで、そこに大きな魅力があった筈なんですが。
このシリーズは死霊がはっきりと姿を現わす時は大抵"実は悪夢でした"と処理されたり、人間と死霊の対決も割と筋が通っていてリアリティの側面もうまくかわしている。
今作はその魅力が大きく後退していて、ちょっと死霊館シリーズの作品と言えるのか怪しい部分も多々見られる。

現実にはあり得ないことが矢継ぎ早に起こっているのに怖がりながらもバンバン禁忌の扉を開けまくる少女達の強心臓っぷりに辟易しながらも、やはり死霊館シリーズは侮れないなと思う素晴らしいホラー演出力は健在。
車椅子×シスターのシーンはかなり厭な(素晴らしい)撮り方をしてました。

アナベル人形シリーズはこれでひとまず終了ですかね。流石にこの人形自体の怖さは希薄になってきていますので。
次回作あたりで死霊館ユニバースも一区切りつけて頂きたい。