海老

夜は短し歩けよ乙女の海老のレビュー・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)
3.3
湯浅監督に森見登美彦さん原作。
この組み合わせといったら、四畳半神話体系を好きだった人は思わず反応せずにはおれんのではないでしょうか。

僕は期待値ぶち上げで訪れてしまったんですが、それが良くなかったか、届くことはありませんでした。

森見登美彦さんといえば、荒唐無稽な世界観を、マシンガンのような言葉の過重積載で散りばめながらも、表現のリフレインやテンポの良い言い回しで魅せる方だと思っています。めちゃくちゃなのに最後は全ての事象が収束していくのも圧巻なんです。
四畳半神話体系はまさにそれを具現化したかのようなアニメで、やかましいほどセリフ量が多いのに、それを心地よく感じる演出が特徴でした。早口で捲し立てているのに耳障りでもなくクリアーに聞こえる声優さんの力があってこそ。ベクトルは違いますがリーガルハイの堺雅人さんを想像すると近いかもしれません。

それを踏まえて今作。
なんだか荒唐無稽さだけが残ったような感があり、映画の尺に収めるには無理があったのかな…と残念な気持ちに。これ、原作を知らない人には唐突すぎるシーンの連続だったんじゃないでしょうか。詭弁ダンスあたりからずっと。ミュージカルのくだりは観てて恥ずかしくもなってしまった。

何より、星野源さんは嫌いじゃないんですが、この作品を具現化するには役者不足だったんではないかなと思います。もう一度言いますがリーガルハイの主演が代わったと想像してもらえれば。

それから、キャラの造形が四畳半の使い回しなのも気になりました。モブとして出演させるくらいは面白いんですが、主要なキャラに充てがうのは、ちょっと違和感が。
※古本の神様のことです。樋口師匠はもともと同一人物設定。

もとの素材が良く、成功実績もあって期待していただけに、もうちょっと!と言いたくなる内容でした。
もし次があれば、また必ず観ます。