夜は短し歩けよ乙女のネタバレレビュー・内容・結末

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿されたネタバレ・内容・結末

先輩が片想いの人に好かれたくてナカメ作戦をたくさんやって、

「奇遇ですね」
「たまだだよ」
を繰り返していって、

最後にはそのセリフが逆転するとこが素敵だった。
作画やキャラクターデザイン、編集がかわいい。一冊の小説を1.5時間に収めるということで、テンポも良く、原作では完全に分かれているエピソード同士がゆるやかに繋がって、一夜にして起こった出来事となっているのがびっくりした。ひょっとして原作でもそうだったのか!?

ただ、やはり森見登美彦作品の魅力である、独特の文体・言い回しによって創られる世界観を100%アニメで再現するのは難しいと感じた。原作は先輩と黒髪の乙女の二人が語り手となって話が進んでいくのだが、アニメでは時間などの都合上どうしても台詞を削って重要な台詞だけを抽出しなければならない。台詞が少なくなった結果、原作では二人の言葉で紡がれた世界観を映像で補っていく必要があるのだが、そうすると作品全体としての味が変わってくる。個人的には、原作の方が好みの味。なぜなら偏屈王のエピソードは原作の方が好きだし、アニメ版の先輩をお見舞いするときの演出がちょっとわかりづらかったから。
原作未読。映像キレイ。ナカメ作戦。話は詰め込みすぎ。無理がある。原作読んだらまた違う印象もつかもしれない。
よくわからん。ギャグも合わなかった。
パワフル恋物語♬︎♡ 刹那的孤独から他人の温もりを求めるなど言語道断!←それはマジでそう。終盤の先輩の夢の中(?)の論争が好き。フル回転してるときの脳内っていつもこんなんな気がする……
原作の、パンツ総番長たちの頭の上に屋上からだるまが降って頭の上で跳ねるシーンに泣くほど感動したんですが、そこが映画版では全部変わっていた…(T_T)
個人的に残念だったのでその分を引いて3.5点です!
ストーリーは面白いが、原作小説と比べて想像する余地がなくなってしまっているのが残念。
大学1年の時に初めてみたときはさっぱりわからなかった、相変わらず教養はないけど4年になってもう一度みたら少しだけ思うところがあった。
みんなが風邪をひくところまでみてみて
おいしいお酒で酔い潰れたくなる!
先斗町で飲み歩くシーンが好き。
京都の学生いいなぁ、羨ましい。
李白のように時が過ぎるのが速くなるのは共感。
ビールジョッキをテーブルに置いたらビールだけがジョッキから飛び出てくるの好き。

スピーディーでヘンテコ。深く読みがいありそう。日本のいい感じのアニメにありがちだけど、全体的に言葉が高尚な感じがした。
小説読んでないとおもんないかも!
絵がとにかく綺麗だし、アニメーション特有のおちゃめさが良かった
小説で想像してた景色のまんまだった
映画の進行上、改変されてたとこがあって悲しかった
ほんで、樋口さんがふざけた普通の人間として描かれていたのが残念
もっと浮世離れした妖艶な感じがよかった
樋口さん想像してた顔と全然違っておもしろかった
主題歌もいいし、京都の街もいい
>|