夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

FumiyuKo

FumiyuKoの感想・評価

2.5
勉強不足もありそうだが、すこし疲れてしまったような。作品の魅力もわかる気がするのでいちどもろもろおさらいしてからまたみたいような
子

子の感想・評価

4.0
四畳半神話大系の小説を読むかアニメを見てから観たらいいかなと個人的には思います。さらに楽しめるはず。
アニメーションが独特で綺麗。
エンドロールで流れるアジカンが最高。
あんなふうに底なしに酒飲めたらきっと人生楽しいだろうな〜。
森見登美彦さんは大好きで、四畳半や有頂天家族のテレビアニメも大好き。
この映画も、見ていてどの場面もウキウキして、色に溢れてて、ちゃらんぽらんなのに温かくって、なんどもチラチラ見たくなる!
花澤さんは、どんな役も本当に似合うなー!
京都行きたくなるし、お酒飲みたくなるし、詭弁で盛り上がりたくなる!
初めて、原作→映画の順番で。
小説もオモチロかったけど映画もよかった。不思議な世界観。小説先に読んだ方がオモチロさ倍。
御都合主義、おともだちパンチ、ロマンチックエンジン、すべてオモチロい。
よしむ

よしむの感想・評価

3.5
先輩に同調してしまう悲しい大学生なのだよ!
森見登美彦の世界はアニメーションでないと再現は難しいのだろうなあと思いながら見ていた
恥ずかしながら原作は読んでいないが、森見登美彦のあの異世界へ引きずり込んでくる感じがこの作品でも出ていて、あぁ彼の作品を読んでると映画を観ながら感じられた
ロマンチックエンジンなどかわいい言葉もおそらく原作そのままなのだろうなと
本だけでは創造できない京都の町並みや風景を映像として見られたのはありがたかった
iii

iiiの感想・評価

-
ごちゃごちゃした要素を簡潔なグラフィックに落とし込み淡々と流れていく。
乙女ほどの豪傑さを持ち合わせた女性に憧れを持つ女性は多い気がする。乙女を目指すも中途半端なヒトは胸糞が悪いが。
樋口や局長みたいな立ち回りは新鮮味に欠けるけど結構好きなキャラクター。
サブカル好きにウケそう。なんだか不思議で長い夜のおはなし。たしかに、そういう感覚って学生の頃にあった気がする。
>|