夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

FumiyuKo

FumiyuKoの感想・評価

2.5
勉強不足もありそうだが、すこし疲れてしまったような。作品の魅力もわかる気がするのでいちどもろもろおさらいしてからまたみたいような
映画に詳しい友人に勧められて鑑賞。お酒飲みながら見てたので、またちゃんと見直したい。
赤玉ワイン、たくさん飲んでたね。
SNSD3320

SNSD3320の感想・評価

4.5
たった一夜の出来事を爽快なスピードで展開するアニメーション。馬鹿っぽさのセンスも良く軽く笑い飛ばせるのが楽しい。色鮮やかで斬新な描写もあり新しさも感じられます。

しかし岡崎体育もネタにする鴨川の等間隔ってそんなに見事なもんなのかね…そのうち観光名所になったりしてw
MU

MUの感想・評価

3.0
最近のアニメっぽくない、少しレトロな感じの映像に興味を持ったが内容はインテリ文学女子の妄想系?
俗な男の自分にはあまり分からず。
ジブリやなんかの青春モノと比較していいのか分かりませんが、こちらは大衆向け度低めなのかも。
syu

syuの感想・評価

3.0
めちゃくちゃ大好きな森見登美彦小説のアニメ化…!!!
ということで期待しすぎた状態で観に行きましたが、まぁ普通でした…w
四畳半そのままでしたね…。
悪くはないんだけど、あまりに小説のまますぎたというか…想像通りすぎたというか…
せっかく映像を付けるんだから、もう少しビジュアル的にも展開的にも世界を広げたり補足できなかったかなーという感じ。

声に関しては…個人的には星野源はナシでしたね…。
流行りだからの起用…?かはわからないけど、"先輩"のイメージに合ってなかった気がします。
花澤香菜の"乙女"はピッタリでした。
でもそれ以上にピッタリだったのはロバート秋山の"パンツ総番長"。
もう完璧にパンツ総番長でした…w
Ringo

Ringoの感想・評価

-
京都!京都!
めっちゃ京都出てくる!
京都で学生生活してるから、地元より色々場所知ってるし、木屋町出たときギャー!ってなった!
cola

colaの感想・評価

4.7
原作既読。ミュージカル調のところはつい笑ってしまう。黒髪の乙女は終始かわいい。先輩本当によかったね。
アズミ

アズミの感想・評価

4.0
色の洪水。
心踊る。
iD

iDの感想・評価

4.0
原作を読んでの鑑賞。
テンポよく流れるように話が進んでいくのが爽快だった。色彩豊かに、小物に至るまでこだわって描かれた背景や、ミュージカル調の演出、簡易だけどチャーミングな人物造形など、これは映像化する意義のある良作だと思う。

ロバート秋山の声は全く気が付かなかった。エンドロールで「あ、言われてみれば!」、と。
ochiba

ochibaの感想・評価

3.8
〈 バラ色のキャンパスライフなど存在しないのだ… 。 なぜなら世の中はバラ色ではない。じつに雑多な色をしているからねぇ 〉



正直、アニメ「四畳半神話体系」の世界が好き過ぎて。

一つには、93分という尺では少し物足りない。



人によっては「映画よりもドラマの方が、キャラクターや世界観を日々長く楽しめてよい」という意見もある。

それ自体が良質な作品であり続けるのであるなら、それはもうどれだけつづいてもいいことだし、それが終わることなく続いて行くのなら、一つの理想であり、創作というものの到達点なのかもしれない。

頑張れ!尾田栄一郎先生(笑)



一番の違和感は主人公。
星野源は好きだけど、今回はだいぶん違う感じがしました。


この世界観は、きっと原作の力によるものも大きいのだろう。まだまだ楽しみたい。

早々に読んでみよう!



それにしても、湯浅作品を一度に二つも観れることの喜びに。感謝。
>|