夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

荒唐無稽の異世界絵本
見せつけられるは頭の中と幸せの中

最初に言っておこう!!
森見登美彦が好きである!「太陽の塔 四畳半神話体系 有頂天家族 恋文の技術 ペンギンハイウェイ きつねのはなし etc」
勿論この「夜は短し歩けよ乙女」は読んだ。結果原作はエンタメ的に一番好きな作品となった!!!

なので期待度ましまし。原作と映画の違いなどはうるさく言うまい。むしろかなり忠実に作られていた。時間すべてを使いきり表現されたこの世界。でもそんなに良くなかった。

目まぐるしく変化する極才色の世界。
凄く綺麗だった。
のだけれども新鮮さを感じなかった。
これが個人的に残念なところ。
敢えて「四畳半」と地続きの世界を描いているため仕方がないが、既視感を拭えなかった。
妄想の表現とか。

「ここをもっと楽しみたい!!」
と思っている内に次のシーンへ行ってしまう、いと口惜し。

このコロコロと変化するというこの作品の魅力を、「あぁまだ待って」と思ってしまったのが大きいなあ。

温度差と現実感と道徳と阿呆をごっちゃまぜにして、あれよあれよと進む愉快な夜。
豪華な世界を次々に見せつけられて、もっとわくわくしたかったなあ。

結局映画を見る前に原作読んだのが行けなかったのかな。そりゃ新鮮さはないよね笑

兎にも角にも、樋口師匠が出てくればニヤニヤするし、古本市の神を見るとやっぱり笑うし、緋鯉を抱えて闊歩するシーンとか大分好きだわ。
結局笑顔になれる作品。

満足感などは大分人によって違いそう。
心理的な移り変わりを楽しんだ「四畳半」に対し、これは「この世界観 空想世界を楽しんで!」といったところ。

阿呆ワールドへようこそ!阿呆こそ世を楽しむ秘訣なり!
まとまりのない文章になったなあ、これは阿呆ではなくアホですわ笑
はね

はねの感想・評価

3.0
んーーーー世界観とか、絵のタッチとか癒されて可愛くて好きだけど、、、、
ストーリーがイマイチ飲み込めなくて🤔
本を読んだら理解できるかな????
このフワフワした感じ文学的で好き
TVで放送してたの観たよ♡

劇場で観たきり、二回目だけどやっぱり不思議な世界観だよね、これ~🐽💨星野源の声優がキャラクターに合ってたわ(笑)😆😆😆キベン踊り踊りたいな💃💃💃😁😁😁
99

99の感想・評価

-
生を肯定してる主人公が素敵
bb

bbの感想・評価

4.0
ある魅力的な乙女と、乙女を想う男の1年のような1夜のロードムービー。
本読んでみて、??ってなったけど話知りたいって人は見て損ないはず!
自分はそうだった

話が抽象的すぎるので(原作による?)、リラックスした状態の柔らかい頭で見たら結構楽しめた
一夜の間に先輩と乙女に起こったことをありのままに感じるのが大事な作品だと思う

一番の感想は星野源すごい、でした(笑)
村

村の感想・評価

3.3
四畳半神話体系を一気見から鑑賞。京都の街がポップで踊り出すようで素敵。ロバート秋山出てるの全然気づかなかった、すごい。
cheese

cheeseの感想・評価

3.2
評価の付け方がよく分かんない作品。
星野源の声ってすぐ分かる作品。
>|