夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

やっぱりおもしろい作品です!原作読み直したくなりました!

先輩に共感をもってしまう自分に笑ってしまうのと、乙女が素敵すぎる笑
絵と色遣い、不思議な世界観が気に入った
Rina

Rinaの感想・評価

2.7
よくわからなかったけど、
大人の恋愛。
きりん

きりんの感想・評価

2.0
本も途中でやめちゃって、映画も途中で寝た😦相性が合わないのかもしれない、、、どこぞのバーとコラボしてた電気ブランは美味しゅうございました🍷
h

hの感想・評価

3.6
結構おもしろくない?
メグ

メグの感想・評価

2.5
描の色使いが猟奇的な夜は短しの世界観を出しててよかったけど、、

アニメーション映画というよりは深夜アニメぽい、?深夜アニメ詳しくないけど、笑
原作は読んでてわくわくしたけど、映画は全然話入ってこなかった
いわゆるサブカル?ってやつなのかな、、サブカルってなんなのか、良さもよくわからないからこういう印象だったのかも笑
Yasu

Yasuの感想・評価

4.5
面白いことをする事に躊躇が無い
全てのキャラクターが頑固なまでの個性を持っていて面白い

やっぱり森見作品はおもちろい
湯浅監督の作画の崩し方も面白い
はけ

はけの感想・評価

3.8
導入の酒がどれも本当に美味しそうで、バーや飲み屋や街の背景も素晴らしく、自分も飲み歩きたいと思ってしまった。

この人の絵は他の角度からみるとこういう感じだったのね。
一枚絵とは全然印象が違い新鮮だった。
アニメーションでなければできない表現で常に画面が楽しく、それぞれの分野にわたる蘊蓄も興味を引くものが多く、作品世界に没入する気持ちが盛り上がった。

主人公はどんな場面にも適応でき、一晩の繋がりが先輩の気持ちもサポートするという、ご都合主義なお話。
本気で殴ると自分が簡単に骨折するおともだちパンチは割と理にかなってるなと思った。
もろ

もろの感想・評価

3.7
私の京都のイメージ完全に森見登美彦で作られてる、読み返したい.....。
荒野を歩けもさいこう。

そこにお酒がある限り!
>|