夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

やっぱりおもしろい作品です!原作読み直したくなりました!

先輩に共感をもってしまう自分に笑ってしまうのと、乙女が素敵すぎる笑
み

みの感想・評価

2.8
アニメあんまり見ないので、おしゃ絵か、と思ったけど、結果おしゃ絵でよかったと思います

話がすっとんきょうなのは、小説読んで知ってましたから、大丈夫です
乙女の声がかわいかった、合っていてひじょうにgoodだったと思います

でも、なんか、うーん、物足りなかったなあ、十分おしゃかわポップだったけど

エンディングのアジアンカンフージェネレーションはオッ!となりました、大正解です、ありがとう
おかた

おかたの感想・評価

5.0
森見登美彦先生×湯浅監督そしてアジカン
中村先生
そのタッグが四畳半神話大系以来大好きなので
今回もとても楽しみにしていました。
原作では同じ日ではないのですが
映画ではすべて1夜のこととして描かれています。
湯浅監督の手によって森見登美彦先生の
作品がアニメ映像向けに面白く作られて
いきます。

京都の町並みの描き方はすぐにでも行きたくなるほど惚れ惚れします。
映像のポップな色使いと抜群の表現力
辛い時、唇こういうイメージになるよな、とか
食べ物が喉を通る時の感覚とか
そういう些細なところが大げさに楽しく
描かれているのが大好きなのです。

ひどい形に突き抜けた大学生の阿呆さが
羨ましくなるような愛おしい映画です。
たけ

たけの感想・評価

4.3
世界観がすごい……なにこれ…
atsuko112

atsuko112の感想・評価

4.5
原作を読んでないけど
たのしめる!

なんだろう、このおしゃれな感じ。


古い感じと
新しい感じが融合しているからなのか。


表現もウィットに富んでるからなのか。


最後は恋の全てが詰まってる感じでニヤニヤした。


好きな人のことが知りたいし
共有したいって感情。


みんなにオススメしたい!
rinas

rinasの感想・評価

3.1
めっちゃ星野源
2018.02.21
DVDレンタルにて観賞。

カラフルな映画。
見せ方が斬新。
そして、映画のサントラを聴きたくなった!

途中、中だるみ感は否めなかったが(笑)
恋愛御都合主義万歳!
人は決して孤独では無い。
何かで繋がっているんだ。
それは『ご縁』という名前で。

意外な声優さんや俳優さんを起用していたのにビックリ!
そして、星野源は俳優としての方が好きだなぁと思った(笑)
小説感。ファンタジー。
湯浅正明×森見登美彦×中村佑介&アジカンという相当文学的エッジの利いたタッグによる、案の定変態的なぶっとびSF文学アニメ。

美味しいお酒を飲むために夜のぽんた町を彷徨う黒髪の少女(花澤香菜)と彼女に恋してる文学系男子(星野源)が昭和テイストな純愛文学がベースのはずなんだろうけど、
オシャレでおバカな湯浅正明のせいでユーモアが振り切ってしまい、イマジネーション豊かなSFアニメに変貌を遂げているのだと思う。

知る人ぞ知る『マインドゲーム』をどこか思い出させる色調とスピード感、ポップなサイケデリック感に満ち満ちており、ずっと見てると右脳のどこか使ってない部分が動き出すような感覚に陥る。

つまり、目からウロコ、唯我独尊と言っていい作品展開に圧倒され、あっという間に見終えてしまうのだ。

優しい変態的な作品。
あらゆる王道に疲れた方は是非おススメ。
想像と違かった
けど楽しめた
>|