夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

ふーが

ふーがの感想・評価

4.0
こういう原作小説ありの映画って結構雑に端折ってイマイチ映画だけではわからない、とかあるんだけどこれは寧ろ時系列と言うか、「何が起きていたのか」が視覚的にわかりやすくなってた。勿論、花澤香菜、星野源、アジカンといったファクターそれぞれ魅力的。
coro

coroの感想・評価

3.7
みんな誰かの愛しい人

振り向いてはくれない運命の人を皆が追いかけて一晩でいくつもの季節を巡る、エッシャーのだまし絵のような摩訶不思議な夜の物語。
日常を描いているのに非日常的な独特な世界観と神々の逆鱗にでも触れそうな個性溢れる登場人物たち。それらのどこにも属することのない黒髪の乙女が魅力的で、彼女に恋する先輩の凡庸さが可愛いくて、ご縁の糸で結ばれてますようにとつい応援してしまう。
作者の本を愛する気持ちが伝わってくる大和言葉が幻想的で美しく、綺麗は言葉から始まるだなと思わせてくれる素敵な作品。

ビネッテ・シュレッダーのラ・タ・タ・タムが物語のメインの書というのも嬉しい。
あ

あの感想・評価

-
きべんだ!
ステキなアニメーション
1900

1900の感想・評価

4.3
美しい。
ペルソナの形成、伏線、ワードチョイス、情報量。
アニメーションのなせる技を見せつけられた。全てが華麗であり。あっという間に終わってしまった。

群集劇のような構図を取り人と人があらゆる形で繋がっていく。
その中心でメタファーとなるのが風邪、李白、乙女であった。
様々な摩訶不思議な事件や、その周りに存在した人物たちが風邪のお見舞いにより可視化され、最後に先輩と乙女の純粋無垢な恋愛に帰結する。
終始美しくエネルギーに溢れる良作だった。
ぴ

ぴの感想・評価

3.8
絵とセリフの言い回しが好き。
四畳半のキャラも出てきて楽しめた。
あんなふうに楽しくお酒をゴクゴク飲みたい人生だった。
畳み掛けるような怒涛のストーリーと独特の世界観、監督らしいシュールな絵柄と演出、そしてそれが最後スッキリまとまる爽快感が堪らんかった。

原作ちゃんと読んだことなくて、設定くらいしか知らなかったけど、自分の6年間過ごしてきた町がアニメになってるの見ちゃうと流石にグッと来るな。
卒業前に見直したら泣くかも。笑
さとう

さとうの感想・評価

3.4
よかった
酒豪の散歩
>|