夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

yoco

yocoの感想・評価

2.0
(原作未読です。)
イマイチでした。
微妙だなぁと思いながら、でも何かあるんじゃないかと僅かながら感じてなんだかんだ最後まで観ました。
湯浅さんのアニメーションと演出に、いつか爆発してくれるんじゃないかという期待があったのかもしれないです。
結果爆発はありませんでした。
黒髪の乙女がお酒をゴクゴク飲むシーンと古本市場で本は全て繋がっているというお話が好きです。
人との繋がりを忘れそうになった時に見たい映画。これを見た後は周りの人に少しだけ優しくできるようになると思います。

人と人との間にある縁を大切にしながら毎日を過ごしたい!

そんな幸せを身近に感じられたらいいけど、独り身の自分には悟りのような主人公の自問自答にギクリとする箇所もちらほら。
片思い発症中だと途端に考えさせられる映画になるかも。

でも逆に一種の踏ん切りづけにも一役買いそうでもあります。本来映画はそういう前向きな気持ちになれるものであって欲しい…個人的にはかなり後味良好!

特徴の塊みたいな人たちと一緒に超現実的なイベントが繰り広げられる夢のような世界を渡り歩く、森見登美彦ワールド全開の作品。90分弱でよくぞこれまで詰め込んだ!という娯楽作品だと思います。
かずき

かずきの感想・評価

2.7
正直思ってたものと違いちょっと残念だった
音々

音々の感想・評価

3.4
全ての縁や人は実は繋がってたり、

想いは伝わるし、その努力は報われる。

見ててくれる人は居るし、それは、お金も人の縁も

それが最終的に伝わりつつ、面白おかしく、不思議な独特の世界観で描かれてるから、また面白い!
すごく好き。
長い夜の不思議なお話。
色使いも曲も主題歌もいいと思う。
AP

APの感想・評価

2.8
いや、めちゃくちゃ"アメリ"やん。
乙女の持つ感性が酷似。

"グランド・ブダペスト・ホテル"かな?とも思ったけどやっぱり"アメリ"がしっくりくる。

だから雰囲気を感じ取り、世界に入り込み、楽しむ映画。好みがめちゃくちゃはっきりするタイプの映画。

序盤とにかく夜を楽しみたいと酒を飲みまくる乙女、そして色々な人と交流、この辺りめちゃくちゃ良い。とても楽しそう。

大人の嗜みに憧れるのめちゃくちゃ共感。なんなら20歳のとき似たようなことしたわ。

偽電気ブラン一度飲んでみたい。というか電気ブランというものすら初めて名前を聞いたレベルなのでまずはそれから。

ここまで心地良かったので中盤以降あれよあれよと好まぬ展開だったので残念。

終わり方はかなり好き。
先輩にはスケベな気持ちを抑えて頑張ってほしい😐

星野源はナヨナヨしたキャラ上手いよなぁ。
最近覚えた花澤香菜さんは今後ますます色々な作品で聞いてみたくなった。
徐

徐の感想・評価

3.3
最初は話のテンポというか雰囲気についていけなかったけど、進むにつれていつのまにか引き込まれていった。話が上手い具合に広げられ、収束していくので筆者が賢いんだなぁと思った。
>|