夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

かなり駆け足でした。

四畳半神話大系のファンですが、やはり時間的な制約が大きいのでしょう。
詭弁論部、偏屈王…笑
ロバート秋山さんも声良いですね!あゝ京都。
ほたる

ほたるの感想・評価

5.0
孤独でなければ風邪を引いてもいいやと思えた。
「先輩」の考え、分かる分かる…
黒髪の乙女、酒強すぎ。乙女〜〜〜!!!
最初から最後までずっと笑えたのに、それと並んでずっと胸が締め付けられた。
登場人物全員愛おしい。。。

飲み比べしたい!!古本市行きたい!!なんでもありな学園祭楽しそう!!京都大好き!!卵酒飲みたい!!
最後のシーン素敵

それにしてもお酒が飲みたくなる
どれもこれも芳醇で美味しそうに見えた
でぇす

でぇすの感想・評価

4.0
こんな風にお酒が飲みたい
minayo

minayoの感想・評価

3.3
テンポが良くて楽しいけど、四畳半ほどの充実感を求めるともの寂しいかも
そーだ

そーだの感想・評価

3.0
原作に忠実なアニメ化。
アハハ、こりゃ、小説読むより楽でいいやw

森見登美彦って、この映画でも分かるとおり女子に人気で、
何冊か読んだけど、いいオッサンの自分には全く合わない。

ので、もう読むことはないだろうけど、
この映画は、アニメの塩梅もいい感じで好感が持てる。
花澤香菜すばらしい。

でも後半、学園祭の場面が終わったあとの部分は、
もうだんだん飽きてきて眠くなった。
まぁ、その程度。
黒髪の乙女の名前が明かされない、ってとこね
原画展行きてえ〜〜
奥手でこじらせているけど、とても一途な男子学生の恋愛を描いた話。

展開も物事の表現も突拍子がなく、とんでもなくカオスだけれど、そこがまた楽しめるポイントでした。

残り30分辺りからは、恋するっていいなと羨ましく思い、胸が締め付けられました。

あれだけカオスな展開が1時間ほど続いた後なのに、ラスト30分を見終えてからはとても清々しい気持ちになりました。
matsu

matsuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった〜!
なかなか詰め込みすぎな感じもしなくはないけど、紀子を新妻聖子を演ってるのは関心したし、学園祭事務局長がよすぎた……

アニメーションの表現とか配色も独特で、四畳半とかも観たくなった

馴染みの景色もいっぱいでてきてワクワクした、ムーンウォーク行って呑みたいな〜
>|