夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

chicoco

chicocoの感想・評価

-
観ました。京都の地名をたずねて歩きたい。「黒髪の乙女」の思い出の絵本も読みたい。
でおん

でおんの感想・評価

3.5
四畳半のみ既読で鑑賞。
知ってる人が出てきはするけど、まあ最初から不思議世界。
え、そしてミュージカル??
原作はまた色々と違うらしいけど。
しかし森見さんワールドはやはり凄い。
とりあえず声出して笑った。
そして映画の監督も凄い。
自分には作れない映画やと思いました。(え、結論それ?とレビューする自分が情けない)
moe

moeの感想・評価

3.5
大人も楽しめるアニメ。
登場人物みんなキャラが濃くて、次から次へと色々起きる不思議な物語。
舞台が京都なのがとってもよかったと思う。
タイトルにもあるけど、夜にみるのがいい!
逆に小説が読みたくなった
主人公がゴッチに似てるんはあえて?(笑)
面白かった
ほの

ほのの感想・評価

-
色づかいや動き、表現が大きくて可愛い!
京都の夜の、東京や大阪とはまた違う、賑やかだけどしとやかなネオン!
Mo

Moの感想・評価

3.9
若くても老いていても
時間は同じように進むはずなのに
秒針の動きが明らかに違ってた

ひとりぼっちのようで
みんな繋がっている
それを風邪を通して知る

たくさんある本も作者と作品で
いろんな本と繋がっていて

身の回りで起こる偶然も
じつは誰かによって
作られているものなのかも
、なんて思いました

妙な雰囲気、世界観は
クレヨンしんちゃんみたいだと
思いました
妙だけど、きらいじゃない。
Junkei

Junkeiの感想・評価

3.2
アニメの表現がぶっ飛んでいて楽しい。
が、ストーリーにのれず、途中から置いてけぼりにされた感じ。

“カナメ”作戦で、愛しの「黒髪の乙女」に偶然を装って近づこうとする「先輩」。
京都の木屋町で飲むことから始まる出会いとすれ違い。純粋な青春恋物語だけど、ドキドキがない。
破天荒過ぎる黒髪の乙女。めちゃくちゃに転がる場面。凝縮された一夜の出来事。異世界の京都でわけがわからない。
いったい原作はどうなってるんだ?

京都で酒を覚えたので、木屋町で何度も飲んだし、下鴨神社の古本市も行った。大学生のころが少し懐かしい。
ちろ

ちろの感想・評価

3.2
学生時代、小説を読んで面白過ぎて感動した記憶から懐かしくなって鑑賞。
うーん、あの時の感動は無かったかな😅
物語全体の不思議な雰囲気を表現しようと、独特な絵柄と色遣いは面白いなと思ったけど、ちょっと意味が分からなかったり、自分の思ってた感じとかけ離れ過ぎてたりで、原作知らない人の方が楽しめるかなって。
個人的には小説で自分で不思議な世界を構築してる方が面白かったな。
hinahi

hinahiの感想・評価

4.4
人を待つ身はつらいもの
待たれてあるはなおつらし
されど待たれも待ちもせず
ひとりある身はなんとせう!

なんとも素敵な長い夜、どんどん歩く黒髪の乙女。京都の夜に出会う愉快な人達。
先輩の"ナカメ作戦"はいつまでも見ていたい。
みや

みやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

京都に暮らす冴えない大学生『先輩』が、想いを寄せる後輩『黒髪の乙女』を追って夜の先斗町を歩き回り、様々な騒動に巻き込まれていく青春恋愛コメディ。
森見登美彦の同名小説が原作。読了済。

分からない人が観たら、さっぱり分からない映画なんだろうなあ。
分かって観ていても分からない。
でも、その分からないのが面白い、分からないのに面白いから不思議。
声優も豪華だった。

黒髪の乙女が可愛すぎる。
花澤香菜ちゃんの声と演技は勿論、ちょっとした言葉遣いや動きが可愛い。
バーで一人、お洒落なカクテルを飲む女子大学生というのはかっこいい。
お酒が強いのも羨ましいし、社交性が高いのも羨ましい。
女子からも男子からも愛されるタイプ。
年下だけれど、こんな子に今からでもなりたい。
先輩も情けなかったり運の無さだったり、いろいろ残念なところは多いけれど、好きな子のためにここまでガムシャラに頑張れるのは、心の底から凄いと思う。

人には勧めにくいけれど面白かった。
>|