夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

ShotaKato

ShotaKatoの感想・評価

3.3
小説読んでから観た。小説でも癖のある世界観を更に癖強目にさせた感じ。雰囲気と絵は好き。
俳優兼歌手兼文筆家など幅広く薄く活躍のHGが声優にも触手を伸ばしている作品。本命がどれで、どれがセフレやねんって感じですね。そろそろ、飽きられておスベりになられて欲しい。
ずっと夜なのが実にいいです。不思議な感じで夜更かししてる気分になる。
yumiiwa

yumiiwaの感想・評価

2.8
湯浅政明ファンなので鑑賞。

原作読んだことがないので、このアニメ見てるだけでは最初は戸惑う気がする。これストーリーあるの?世界観どうなってる?と言った具合に。
だが、最後には登場人物達のストーリーが繋がっていき、気持ちよく終わる。中でもミュージカルシーンは最高だ!
星野源は声色をコロコロ変え、この人のキャラの面白さなようなものが主人公キャラへ滲み出ていて、それが面白さを引き立てたようにも思う。良かった。だが早口セリフはちょっとキレが弱い。

興味があれば見てみて、まあまあ楽しめるよ。と言った評価。
せっち

せっちの感想・評価

4.3
独特のタッチとシーンによって多色と原色の様々な顔を使い分けるアニメーション、豪華声優陣と軽快な音楽による楽しいテンポ、詩的な表現に1年の夜を一夜で表現するなど不思議な時間感覚。開始早々その不思議な世界観に引きずりこまれた。「夜」をテーマに個性的なキャラ達がストーリーを展開して行く様は次は何が来るんだ!?と思わせてくれるし、全てが絶妙に繋がって辿り着くラストは非常によかった。感情の比喩表現も見事。
BKB

BKBの感想・評価

3.7
ぶっちゃけ

好みあるだろうけど

僕は好きなんだよねーって言いたくなるタイプのオシャ映画
展開がスピードつけすぎてた
映画だし仕方が無いんだけどね
アジカンは歓喜
asm

asmの感想・評価

-
森見登美彦の世界観を上手く表現してたと思う。
星野源も良かった。
そしてやっぱり中村佑介の描く「私」「先輩」はアジカンゴッチに見える。笑
神谷事務局長最高でした。
原作を昔読んだけれど、よく覚えていなくて、アニメ「四畳半神話大系」はなんとなく面白かったことを記憶していて、観てみたけれど、何が面白いのかよく分からなかった。
aibaba

aibabaの感想・評価

3.4
勢いのある映画だったけど、この手の作品って小説が一番にならざるを得ないと思う。

想像を膨らませて不思議な世界を自分の頭の中で作り上げていく事が重要な作品だと思うので、それをアニメーションという表現で押し付けてしまうのはむしろ作品の世界に限界を与えてしまう行為。湯浅さんが監督だったから、まだよかったのかもしれないが...。

ただ、小説を読んでみたいと思わせる魅力はある映画ではあったと思う。
drinker

drinkerの感想・評価

-
どうしても比べちゃうけど四畳半の方が好き
でもこれはこれでよかった
爽やか〜って感じ
お酒が飲みたくなる映画
ただどうしても四畳半がチラつく…
>|