夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

映像は最高なんですが、声優とかセリフのノリがアレルギー気味。
まい

まいの感想・評価

3.2
京都が舞台だから、知ってる場所とかおまつりとかが出てくるし、この街並みはどこどこかなって考えるのも楽しかった。
たまに世界観がよくわからんときはある。
saelove

saeloveの感想・評価

3.8
黒髪の乙女にずっとついていきたくなった!!不思議な世界観。2時間だけ現実世界から離れて違う世界に入り込んだみたいで凄く楽しかった!!お酒の表現が素敵!!京都が舞台なのがまた乙!!
過去に観た映画で、まだ感想を書いていないものの棚卸しです。

ん~、微妙。

お話しそのものにもついて行けなかったですし、この絵面も私にはついて行けませんでした。
この後の「夜明け告げるルーのうた」は面白かったし、泣きに泣いたんですが。

2017年に劇場で観た映画の中で72位(78本中)です。

(2017/4/28 T・ジョイリバーウォーク北九州 2D)
肉浪費

肉浪費の感想・評価

3.4
詭弁を弄して、やっぱりアニメファンって横スクロールで登場人物が練り歩いてるところって親しみが刷り込まれていて楽しいよね!

と思いつつ、人が持っている「時計」の秒針の速さはそれぞれ違うというとてもありがたみのあるふかーいメッセージ。
戯言だね!

ただ、視聴者はカオストリップ劇場に回されて"なんだか凄いものを見た!"という感覚だけで、テーマとなる核はいまいち伝わって来ないのではないかな?って話。

総じて言うと、良さもたくさん、目に付くおかしさのないバカバカしさも所々あり半々とこちらの気分もカオス状態でありますw

この映画のジャンルはファンタジーと言って相違ないんでしょうけど、現実味のある「キャンパスライフ」を舞台としてる以上、人物像にリアリティが少しもなくて、非常にちくはぐな作品だなと思いました。
もちろん森見登美彦先生のアニメ化作品『四畳半神話大系』と『有頂天家族』は見させてもらって、かなり好意的な印象を持っています。

ですが、大学生にもって"乙女"という誇大妄想MAXの薄気味悪さと、キャンパス内で繰り広げられる「ゲリラミュージカル」のとてつもない"幼稚さ"が気になりました。
ゲリラに至っては"政権打倒"という年代的大学デモの側面を持っているのでしょうが、それ以前の見ていることが恥ずかしいとまでいくくだらなさは自分にとっては"おかしみ"という心地よさには変換されませんでした。

良き所は、2つの恋路、「四畳半神話大系」と同じく劇場アニメにして、"時間"のありがたみ・重みを限られた本編時間内に「一日=四季」と凝縮することで、"駆け抜けた"疾走感をもたらす改変は、劇場体験として気に入った"アトラクションならば"相当なものだったと思います。
ただそのジェットコースター感は恋路の"人物の感情"の揺れや機微の観点で見れば、いまいち伝わってくるものがなく、「一体なんだったんだ?」という強引さが振り返れば目に付く、着地点だったかな?と感想に落ち着きました。

どこか「吊り橋効果」に騙されない説得力がこの満足感として欲しかったところです。
劇場で見た時はいまいちだなあと思ったけど再度見たら良い雰囲気でなんともお酒の飲みたくなる面白い映画だった。
KengoO

KengoOの感想・評価

3.5
長すぎる一晩の中で真に迫る不安を払拭していく主人公の勇気に励まされた。
しかし、彼女が男慣れしていて裏を読むタイプだった時のリスクが体現していた場合、ストーリーが成り立たず、ストーカー男の青春失恋物語になっていたなあなんて妄想をしたりしていた。
ポップでキュートな世界観。色指定がいちいち可愛すぎてセンスの塊だなと憧れた。そしてキャラクター原案が中村佑介さんっていうのもやっぱり重要だと思う。キャラクターのタッチが愛らしい。
作品全体を通して登場人物は多いが、端役までひとりひとりが丁寧に表されていた印象を受けた。主人公である"先輩"の扱いが少々もったいない気もしたが、そういうキャラクターだから仕方ないかぁ(笑)星野源さんがアフレコしているところ想像したら愛おしくなった。

あとは委員長がイケメンで、その顔立ちの造形美で男女問わず心を掴んでしまうのがすごいと思った。声もかっこよかった。
偏屈王のミュージカルには笑ったな。

湯浅監督作品は"夜明けを告げるルーのうた"を去年初鑑賞したが、今回観た"夜は短し歩けよ乙女"のほうが好みだった。アニメーションという表現の持つ楽しさを感じると同時に、作り手側も楽しんで作っているんだろうなぁということが伝わってきた。人生楽しまなきゃだ。
観てよかった。
MIRI

MIRIの感想・評価

-
素敵なカルテットでした。
私好みのトータルコーディネート、良きよ。
るな

るなの感想・評価

5.0
映像のデザインデザインデザイン!!!という感じが最高。どこを切り取ってもすごくよいだろう。中村佑介がすきなのでうれしい。四畳半神話大系を少しだけ見ていたから あ!こいつ!となった。
一見いろんな話をごちゃ混ぜしていて、何が何だか分からなくなりそうだな?と思ったら最後キレーーにまとまってスゴイ!と思った。
あんな一夜を過ごしたいもんだ。全然短くねー夜だった。時計の秒針がゆっくりなうちに色々やろーっと
>|