夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

おりい

おりいの感想・評価

3.5
お酒を飲んでほろ酔い気分で夜風に吹かれたくなってしまう……。

原作の小説があって、どのようにしてこの映像が作られていったのかすごく気になる……!!
ミク

ミクの感想・評価

3.6
星野源の声が個性的過ぎて、こんなにも個性的なのって逆に珍しいくらい。彼女は、追いかけたくなるというか、ぶっ飛んでて、でも言葉通りのぶっ飛びではなく、普通なように見えてという。それを必死で追っかける男もまた、現実にもよくいそうででもこの世界の中にいる、という、現実のような、気がしてしまうファンタジー。

展開は正直想像できないというか、気づいたらここにいて、視聴者をどんどん巻き込んで行く感じが魅力的で良きです。
めちゃくちゃ極彩色!
原作は小説だそうだが、この内容をどんな小説表現しているのか想像つかないな。
とりあえず飲酒したくなった。
abe

abeの感想・評価

-
行き過ぎた表現主義なような夢を見てるような面白い映画だった。そして終始くだらない!めっちゃ笑った!詭弁踊り最高!
おてつ

おてつの感想・評価

3.6
ラ・タ・タ・タム🚂
ショーマストゴーオン!

私も、風邪をひいてしまったかもしれません…。

こんなに真っ直ぐな子に言われてしまうと、キュンときてしまいますね!
他意がなく素晴らしい!


☝︎おともだちパンチ

親指をほかの4本でくるみ込むことで、拳はまるで招き猫のよう。
その愛らしさに、被害者は憎むことができる筈もなく、暴力の連鎖を未然に防ぎ、世界に調和をもたらす正拳突きのことである。
だいぶ前に原作既読。時々読み返す程度で細部までははっきり覚えてない状態で鑑賞。「四畳半神話大系」も既読。そちらのアニメ版はちょっとだけ見たことがある程度だけど、一部のキャラデザとかがリンクしてて面白い。知ってる場所がたくさん出てくるのも楽しいし、特に1杯200円で飲めるバーはまさにあの店で飲んだことがあったので笑った。

冒頭からやばい薬でも決めてるかのようなハイテンションのままノンストップで進んでいくので、観ていてかなり体力を使う。制作側も、観客がこのテンションについてこれる限界がこの辺りだろうってことで90分に収めたんじゃないかな。

乙女があの動きをするのは正直あんまり見たくなかったけど、一度見たらしばらく忘れられないインパクトがあるので、詭弁踊りをああいう感じにしたのは正解だと思った。

森見登美彦の世界観を表現するためにはこのくらい独特で突飛なノリで挑まなくてはいけないんだろうと思ったし、話の繋げ方や演出など、ものすごく考えた上でこうなってるんだろうというのがすごく伝わってきた。ハマる人はすごくハマりそう。
この話、よく分からなかった😭😭😭

とりあえず、話の展開と、使われてる言葉の巧みさに、なんだか不思議な気持ちに包まれました。(特に、どこかのシーンで女の子が言った、〜の所存です!が個人的に、おーー凄い言葉使うなって思った。)

でもやっぱり分からなかった😭😭
ゆかち

ゆかちの感想・評価

4.0
奇想天外。意味不明な表現大好きです♡♡やっぱりアニメって無限大!乙女可愛い♡林檎の雨とってもロマンチック♡偏屈王はずーっと笑ってたꉂꉂ(ᵔᗜᵔ∗)
乙女の飲みっぷりに見てるだけで酔いましたww
学園祭事務局長のキャラ大好き。声優びいきで見てるからかな(笑)

『なるべく彼女の目に止まる作戦』略してナカメ作戦を実行し偶然を装い乙女の前に現れまくる先輩!
彼女と出会えるその日までパンツを履きかえないと決めたパンツ総番長!
なかなかどっちもキツいw

この作品で1番惹かれたのは音楽です。
どのシーンも印象的で世界観にぴったりで素敵でした♡
あおい

あおいの感想・評価

3.7
アニメーションの感じが好きです。
あとは先斗町へ行きたくなる映画。
あんなたくさんの出来事がある一夜を過ごしてみたいものである。
#パンツ番長が頭に残る
yubi

yubiの感想・評価

3.1
ざっくりまとめると前半はお酒を飲み続け、途中カオス、後半は風邪の見舞い笑
>|