メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

ツッコミどころが多い
音楽がよかった
天海祐希はやはりうまいなあ
魔女宅を期待してはいけない
原作が読みたい
主人公のフルネームを覚えてしまう
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
完全にジブリだ!と思うシーンもあり、やっぱりジブリではないんだなぁと思うシーンもありで、全体を通してのジブリ度は8割、と感じました。
内容は、ハウルと魔女宅とアリエッテイをを足して3で割った感じでした。
原作ものなので、小難しい設定はなく、子供にも分かりやすく、何度見ても楽しめる良い作品だと思いました。
主人公の家の庭を描いた背景がとても美しかったです。
最近旭川で、その様な庭を見てきたばかりなので尚更印象に残っているのかもしれません。

ジブリの新作に飢えている人は是非。
ジブリではないけど、一定量は満たされます。
ぎゅっと詰めすぎた感が残念。
雅

雅の感想・評価

4.0
安心して観られる。
ジブリじゃないけど、ジブリ映画。
urasam

urasamの感想・評価

2.7
アリエッティ、マーニーが好きなので期待して鑑賞。絵柄もあってジブリと比べてしまう。ジブリ(というか宮崎監督)作品のメッセージ性というか説教臭さにはちょっと抵抗感を覚えるのだけれど、本作は本作でちょっとそれが弱すぎるように感じた。あと話があっちこっち行ってた気がする。メアリがエンドア大学と赤い館村を行ったり来たりするところにもあらわれていたのではないでしょうか。
>|