メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.4
アニメ好きの娘が観たいというので家族で鑑賞。監督、プロデューサーがスタジオジブリ出身ということもあり、ジブリ映画との違いがどうかという点がポイントのひとつみたいだけれど、まともに観たことがあるジブリ映画は『となりのトトロ』くらいな自分にとって、比較のしようがない。

なので、観たまんまの感想だけれど、映像はなかなかキレイじゃないかと。娘はジブリ映画だと思っていたというくらいだから、クオリティは同じなのかな。物語も普通に楽しめた。娘も妻も、まずまず満足気だったし。

でもね、主人公のメアリが全然魅力的じゃない。彼女がピーターを助ける動機が、責任感みたいな感じ。イギリスの児童文学が原作ということだからなのか話は分かりやすく万人受けしそうな半面、教訓的というか、子ども向けの道徳のような印象を受ける。

推測だけれど、ジブリ映画があれほど人気なのは物語の深みというか、大人も考えさせる余白があるからだろうと思うから、ジブリ映画と比べると余計にガッカリ感が強いのかもしれない。

公開劇場数や声優陣のキャスティングなどから推察される大人の事情を考えると、無難なところに落ち着いてしまうのもさもありなんという気がするけれど、ジブリから出て挑戦したわりには一体何がやりたいのか良くわからん、ということかもしれない。次回はどうかな?

●物語(50%×3.0):1.50
・子供向け。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・豪華声優陣は良しだけれど、我が家の場合、本職の声優が好きだから…。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・まんまジブリのようですが、良いのではないかと。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

2.0
オープニング開始30秒が、本編で1番面白い。

あとは…うーん、たくさん材料は揃っているのに上手に美味しくできなかった感じ。

あれもこれもそれも伏線に使えるのに、伏線を回収しないまま物語が終わっちゃった!(o・ω・o)てツッコミを入れたくなること山の如し。

小学生までなら楽しめるかも!
映像はきれい!実写と思うくらい背景がキレイ!
nana

nanaの感想・評価

3.0
ジブリファンで、米林監督の作品も好きだったのに今回はガッカリ。もっとオリジナルにしてほしかった。何かあとひとつ欲しかった。
nnh

nnhの感想・評価

3.9
現実世界で、転校先での新入生挨拶をひかえたメアリ。赤毛をバカにされたり、お手伝いがうまくできなかったりと、自分の自信を無くしていた。でも、ひょんなことから連れて行かれた魔法大学では、優秀な特待生として受け入れられ、赤毛も羨ましがられる。現実世界では恐れていた新入生の立場で、自分を誇らしいと感じられたことで、次第に自分のコンプレックスはダメなわけではないと理解し、自分の良さを見つけていく。
人にはみんなコンプレックスがあって、魔法を使って良くしたいと思うけど、結局うわべを変えたところで本質は変わらないし、本来の自分の良さは適所では認められるっていう裏メッセージがあるのかなと思った。
#感想長い
ドラえもん映画ジブリ風味
すず

すずの感想・評価

3.7
やっぱり魔法使いってどうしたってあこがれる。とても綺麗な映像でした。
あやか

あやかの感想・評価

3.0
記録

終電逃し新宿で観た
1回でいい
>|