メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

なんか周りでの評価悪いから期待してなかったけど、そこまで悪くなかった

ジブリ感はすんごいけど、絵は本当綺麗でした
ただズシッと心に重くくるものや訴えかけてくるものなどはなく、軽いストーリーなので子供が見るなら丁度いいかもしれないです笑
宮崎駿の作品結構暗いもんね笑

絵よりもなによりも前日に銀魂で佐藤さんみてか、佐藤さんのアフレコのキャラみてたら佐藤さんしかでてこんくてもはやフェミニスのロリコンしか出てこなくてそこがしんどかったかな………
あとメアリイライラする…
フタを開けたら3.11ムービーでした。
制御しきれない者がテクノロジーを迂闊に扱うと難儀なことになるというお話。

ジブリ関係者の作品なのでついキレのある動きを期待してしまったけど、わりともっさりしててガッカリ
ストーリー展開ももっさり

ところでなんでピーター少年はあんなに輪郭がごついの?もっと普通にかわいくてええんやで…?
ジブリを続くためには、もっと遠いところを見るべきだ。
ミイ

ミイの感想・評価

5.0
記録。
映画館で見るほどでは全くない
わぁ

わぁの感想・評価

4.3
神木くんの声を聞きに言った。
猫のティブとギブが可愛すぎて悶えた。
海老

海老の感想・評価

2.5
デジャブフェス

スタジオポノックの長編第一作となるもので、期待していた人は多かったんじゃないかと思います。僕もそうですし。

随所に溢れるジブリ感。
これが良くも悪くもというところなのかもしれませんが、僕は焼き増しを感じてしまいました。オマージュというより、ツギハギ感。いったんこの感覚を覚えてしまうと、劇中の挽回はなかなか難しかったですね。笑

あと、キャラクターの掘り下げが不足しているように思えたのも、どうも引き込まれなかった要因でした。

どこでピーターとメアリの絆が深まったかがよくわからず、メアリがピーター救出に命懸けになる理由が不足している。え?そこまでする?なぜに?って思っちゃう。

マダムとドクターの悪人としての描写も、なんとなく悪い人止まりだったように思え、極端にいえば、成り行きで対立したからぶっ倒しました、くらいに見えてしまう。長編映画の敵役をはるには情報不足でカリスマ性もなかった。

何より、メアリがメアリである必然性が感じられなかったというか…
赤い髪の魔女の娘であることは誰しも予想がついたと思いますが、だからといって潜在的な力があるわけでなく、常に受け身の姿勢で物語に巻き込まれている印象。
事実が明らかになるシーンも、だからどうしたくらいのサラっとした感じで流れたような。

ジブリの傑作を引き合いに出してダメ出しとかはいたしませんが、なんだか、ワクワク感、ドキドキ感の成分が欠けているなぁ、というのが個人的な感想です。

次回作に期待。
Reina

Reinaの感想・評価

3.0
可愛かったけど、ストーリーの深さが足りなかったかなって印象
>|